1. DtoDコンシェルジュ
  2. 編集にあたって

編集にあたって

創立35周年に向けた企画を検討、
そのなかで出会った
「ある継承の物語」

2012(平成24)年10月、翌年6月の創立35周年に向けた企画検討を広報グループで開始。会議を重ねるなか、当社の歩みを知る資料だった「総合メディカル30周年記念誌」に、あるエピソードを見つけました。

総合メディカル30周年記念誌

それは現在、当社の中核事業と位置づけられる「DtoD」の発端となる「第三者医業継承」に初めて取り組んだという数行の文章。この初の第三者医業継承がなされたあと、引き継いだ医師も急逝されたため、先代の医師のご子息があらためて継承し、地域医療を継続させたというもの。 このエピソードの背景に、医師三代にわたって地域医療を支えたドラマ性を感じました。 さっそくDtoD営業サポート本部長の渡部(わたべ)に相談し、継承がおこなわれた医療機関の現状を調査。そのなかでこの初の第三者医業継承の担当が原口であることが判明。加えて、福岡支店の塚本・安東が2回目の継承に関わったことを確認。さっそくこの3名にヒアリングをおこない、当時を振り返りながら当社の支援内容や経緯などについて事前取材を進めました。 企画検討が進行するうちに、この貴重な地域医療の物語を当社の記録として残したい、そしてお客さまや社員へ伝えたい、という思いがめばえてきました。 『医療をつなぐ物語』制作はこうしてスタートしました。

澁江義朗先生の奥さま
めぐみさま宅へ

澁江めぐみさま

澁江家の記念写真

継承に関わる方々への取材が始まりました。 まずは、福岡県久留米市の澁江めぐみさまのお宅へ。 終始にこやかに取材に対応されるめぐみさまのお話から、夫である澁江義朗先生への優しい思いが伝わってきました。 頑固だが、強いリーダーシップがある。医師としての使命やビジョンを大切にする。代診は頼まず自分が診療するという方針や、新築移転の決断も、すべては患者さん第一の思いが根底にあったからだと感じました。 そして義朗先生が亡くなったあと、めぐみさまの強い思いがきっかけとなり、篠﨑俊郎先生の気持ちが動いたこと。「澁江整形外科」で篠﨑俊郎先生が故・義朗先生の医療への思いに出会うことで二人の志がつながる、運命的な継承が実現したエピソードに感動。 「診療所をお譲りした気がしない。お預かりしていたものを、お返ししただけ」という言葉がとても印象的でした。 そして、先代の院長夫人・篠﨑順子さまのお人柄を語るさまざまなエピソードから、めぐみさまと順子さまとの素敵な関係を知ることができました。 二つの家族がつながることで、地域医療を今も支えていることを実感しました。

そして現在の
「しのざき整形外科クリニック」へ

次に、吉井町にある「しのざき整形外科クリニック」へ。

しのざき整形外科クリニック院長
篠﨑俊郎さま

篠﨑夏子さま

篠﨑順子さま

泉典子(いずみのりこ)さま
(スタッフ)

現在もこのクリニックには、俊郎院長の父・正俊先生や澁江先生の頃からの患者さんも多くお見えになり、その時代の話に花が咲くとのこと。また、お父さまの代から継続して働くスタッフの方もいらっしゃるなど、この地域になくてはならない医療機関だと感じました。 順子さまから語られた先代の正俊先生は、患者さんとすぐ打ち解けて、診療の合間にもいろいろな相談に乗っていらした様子。そして何より一途で、徹底して患者さん第一だったお人柄が、地域の人びとに愛された理由であったことがわかりました。 正俊先生が最初に開業した「篠﨑整形外科」の場所には、現在デイサービスの施設が建ち、今も地域の人びとを支えているとのこと。 そして俊郎院長が継承を決意されたときの確固たる意志、「そのとき、人生の岐路を感じた。ふるさとであるこの場所で、二人の医師の志を継ぐべき者は、私をおいて他にはいない」という言葉がとても印象的でした。 「父の代からの歩みを整理して物語としてまとめていただくことは、家族の歴史として貴重な財産となり、とてもありがたい」との言葉をいただき、広報グループメンバー全員が感激。 取材終了後は、元気なお子さんたちと一緒に待合ロビーで記念撮影。

社内取材をとおして、医療をつなぐ
総合メディカルの本質を知る

澁江めぐみさま、「しのざき整形外科クリニック」の皆さまの取材後、次は当社の考え方や取り組みについての社内取材をスタート。当時の継承に携わった者はもちろん、地域医療貢献への思いをカタチにした「DtoD」に関わりのある者へ、その思いを語ってもらいました。 この取材をとおして、当社の経営理念である「社是・社訓」「わたしたちの誓い」が、すべての事業や取り組みの原点となっていることを改めて確認。これまで歩んできた道は確かに未来へと続いていました。 わたしたちは、医師ではありません。しかし、医師や医療機関の志を支えることはできます。それは、地域医療を次の時代へつなぐことであり、それが「DtoD」に込められた思いと誇り。 創業以来かわることのない、総合メディカルの存在意義であり、「よい医療を支え、よりよい社会づくりに貢献する」という使命そのものなのです。

最後に、この『医療をつなぐ物語』をとおして、当社の経営理念や企業姿勢をご理解いただき、お客さまと当社をつなぐかけ橋になればと願っています。 この物語が、地域医療のために日々貢献されている、皆さまにとって、明日への活力になれば幸いです。

2013年12月
総合メディカル株式会社
経営戦略本部 経営戦略部
広報グループ

DtoDコンシェルジュへ戻る