1. 医師求人・医師募集・医師転職のDtoDコンシェルジュ
  2. 地域医療活性化プロジェクト「でくらす」アンケート 

地域医療活性化プロジェクト「でくらす」アンケート 

回答期限:2013年06月17日~2020年06月19日

この度、弊社では新たに地域医療医師招聘支援サービスを開始いたします。

昨今、地方の医師不足が問題化していますが、貴県においても「医師の定着率が悪い」「救急対応できる施設に医師が不足している」といった医師確保のお悩みをお持ちではないでしょうか。
総合メディカルは10年に渡って医師人材紹介サービスを行う中で、多くの都道府県から「地方での医師不足について」のご相談をいただいております。
弊社では医療業界全体で対処すべき急務と受け止め、地域医療活性化プロジェクトを立ち上げました。
「地域でくらす」「医療でくらす」「笑顔でくらす」をテーマとする地域医療医師招聘支援サイト『でくらす』をスタートする運びとなりました。

本サイトの充実を図り、医師と自治体を繋ぐ、双方向のサービスを実現する為にアンケートをお願いしています。
ご回答いただいたアンケートは貴県の医師招聘情報として、『でくらす』の各コンテンツで活用させていただきます。
予めご了承ください。

アンケート

※は必須項目です。

【質問1】 勤務環境、医療設備は充実していますか?


【質問1の回答例】 厳しい医療情勢に対応するため、県内医療機関をつなぐITネットワークを整備し、医療機関連携を促進する等、先端設備の導入に努めています。また、県民の暮らしを保証する救急医療機能、周産期医療機能の確保に資する医療設備の整備を支援することを目的に県が指定する病院に補助金を提供しています。
【質問2】 貴県に転職した場合など、県としての特別な医師へのサポートなどがあれば教えてください。


【質問2の回答例】 比較的早期から医師確保対策に取り組んできたこともあり、医師を「育てる、助ける」サポートが充実しています。医療クラークの配置、院内保育所の設置、短時間正規雇用支援、地域医療を守る普及啓発支援、県から代診医の派遣など、医師の負担軽減施策を実施しています。
【質問3】 県や場所によっては、排他性の高い地域があると聞きますが、貴県はいかがでしょうか?(よそ者扱いされませんか?)


【質問3の回答例】 地域的な気質の違いはあるものの、全県的には温かな人情やふれあいにあふれる。そして、穏やかで賢く、つましく暮らすという純朴な気風が県民性といえます。地域や出会う方への印象によると思いますが、決して全県民が閉鎖的・排他的なわけではありません。
【質問4】 貴県の住宅事情(家賃・地価・治安など)について教えてください。


【質問4の回答例】 マイホーム価格は東京の12分の1とお買い得です。犯罪の発生数が一番少ない県(総務省データ)、生活保護世帯数も47県中44位と少なく(厚生労働省データ)、法政大学が「生活・家族」「労働・企業」「安全・安心」「医療・健康」を基準に総合評価した「幸せな県ランキング」では8位という高評価
【質問5】 買い物など不便しませんか?(生活用品の買い物環境。24時間営業のお店、飲食店等はどの程度ありますか?)


【質問5の回答例】 ○○市に集中していますが、百貨店もあります。コンビニやスーパーもまんべんなく分布しています。外食は早い時間でしまる店が多いので、都市部のように深夜に自由にどこでもいけるわけではありませんが、当地の新鮮食材を提供してくれる味自慢のお店ばかりです。
【質問6】 貴県から最も近い、またはアクセスしやすい都市部はどこになりますか?またそこへのアクセス方法とかかる時間などを教えてください。


【質問6の回答例】 電車でも車でも、○○市から○○市に2時間30分、○○市に3時間30分の距離です。○○市から車で30分の距離にある○○空港や○○空港を利用すれば、同様の時間で、東京や福岡へのアクセスが可能です
【質問7】 医療の勉強が続けられるか?(最新医療の情報や研修などに参加ができる体制や、スキルアップのためのサポート体制はありますか?)


【質問7の回答例】 将来、各学会と専門医認定が切り離される可能性も視野に入れ、「地域医療支援センター」が中心となって、初期研修から後期研修、専門医資格、医学博士の学位取得、その後の臨床研究あるいは高度医療の実践まで病院を挙げて支援しています。
【質問8】 教育環境は整っていますか?(子供の住みやすさ、保育所、自然環境。子供の教育、学校レベル、学習塾、習い事施設)


【質問8の回答例】 自然豊かなこと、犯罪数が全国一少ないこと、人間味のある温厚な地域ですので、お子さんともは安心してお暮らしいただけると思います。教育では人口1万人に対する小・中・高校数が全国一位です。また、都市部へのアクセスも可能な距離ですので、○○県の学校へ進学・登校する学生もいらっしゃいます。
【質問9】 地方は車社会と聞いていますが家内が運転免許を持っておらず、自動車の運転ができないのですが、貴県での日常生活に支障はありますか?


【質問9の回答例】 バス、電車での移動は可能です。ただし、基本的に県内は車社会ですので本数が少ない地域など、不便な状況が無いわけではありません。医師確保対策室では、先生の事情も伺いながら勤務地を提案しますので、ご希望はお気軽にご相談ください。
【質問10】 長期的な勤務を視野に都市圏外への転職を考えているのですが、人口減少にともない、閉院となる地方の病院もあると聞きます。貴県の人口推移などについてお聞かせください。


【質問10の回答例】 人口の推移は、ここ50年では10万人減ですが、直近20年では横ばいです。人口10万人当たりの医師数は、大学附属病院、県立中央病院がある○○圏と県庁所在地であり病院を多く抱える○○圏では全国平均を上回っていますが、その他の5圏域では、全国平均を下回っております。
【質問11】 貴県の食文化について教えてください。


【質問11の回答例】 沿岸では変化に富んだ漁場で獲れる新鮮な生鮮魚介類、岩のりとあわびの養殖、いわしの丸干しなど、鮮魚、養殖、加工食のどれをとっても各地に特産品があります。
【質問12】 娯楽施設などはありますか?貴県での休日の過ごし方などに特徴などあれば教えてください。


【質問12の回答例】 自然豊かなため、夏は海山、冬はゲレンデスポーツ、などレジャー施設が豊富です。アウトドアの趣味がある方が多いようです。景色の楽しめるところや、温泉も多いため、ドライブも楽しめます。また、畑を借りて自家栽培を楽しむ方は多くいらっしゃいます。
【質問13】 現在、共働きをしています。配偶者(夫/妻)も経済的な意味だけでなく、社会参加の意味からも就労を希望していますが、貴県の雇用・求人状況はどんな感じなのでしょうか?


【質問13の回答例】 ご家族の方も安心して転入いただけるよう、ご家族のサポートもさせていただきます。奥さんの就職の斡旋はもちろん、お子さんの転校先のサポートも行っております。求人状況は全国の平均ですが、地元のネットワークの中で、必要な人に仕事がいきわたるよう、サポートし合う県民性をもっています。
【質問14】 将来は開業を考えています。開業のし易さはどうですか?


【質問14の回答例】地域医療ネットワークが全国でも先進的に構築されています。離島・中山間地域等の病院・診療所においては、総合医・家庭医の必要性が高まっています。大学、基幹病院のみならず地域の中小規模病院、診療所、医師会、地方自治体等が地域に根ざした診療体制の充実を目指して開業サポートを行っています。
【質問15】 都市部から貴県へ転職されるかたのタイプや傾向などについてお聞かせください。


【質問15の回答例】 研修医の方と10年以上勤務経験のあるベテランの先生が多いです。研修医や若手の方に関しては、もともと地域での医療をイメージしている方が多いようです。一方、ベテランの先生にかんしては、都会ではできなかった、「理想とする医療」の実現にチャレンジしたいという方が多くいらしています。
【質問16】 また現在独身なのですが、貴県に転職後ご結婚されたドクターはいますか?


【質問16の回答例】残念ながらこれまでに転職されてきたドクターの中でこちらで配偶者を得られたという事例はありません。しかし、こちらに転職されたドクターたちは皆さん地域や病院で良好な人間関係をご構築なされているというケースが多いのでご縁があればご家庭を持たれるドクターも増えてくると思います。
お名前 姓  名 
(例:総合 太郎)
メールアドレス
(例:DtoD@DtoD.com)

~総合メディカルの個人情報について~

当社では、転職・継承・開業について、先生の「理想の医療」を実現するお手伝いをするために、先生の個人情報をお預かりすることがあります。お預かりした個人情報は利用目的の達成に必要な範囲で利用し、当該利用目的以外には利用せず、個人情報保護の取り扱いに関する法令、国が定める指針及びその他の規範に準じ、厳重に管理します。
詳細につきましては、当社ホームページをご確認ください。

お客様の個人情報の取り扱いについて

アンケートのご協力、ありがとうございました。
ご回答いただいたアンケートは貴県の医師招聘情報として、『でくらす』の各コンテンツで活用させていただきます。
予めご了承ください。