科目別/医院開業動向情報

皮膚科の医院開業・医師開業・クリニック開業動向情報

まず、保険診療と自由診療のバランスの決定を。

皮膚科

皮膚科は医師数・施設数も比較的多く、ほとんどの地域で競合相手がいます。開業に際しての大切なポイントとして挙げられるのは、なるべく周辺に競合相手がおらず、かつ人通りの多い地域を選ぶことと、クリニックの方向性をしっかり決めることです。
一般的な皮膚科クリニックにするのと、近年増えている美容皮膚診療に特化したクリニックにするのとでは、開業の際に立てる戦略が変わってきます。そうした方向性によってそろえる設備も異なるため、皮膚科の設備費の目安は、約500万円~4,000万円程度と幅広くなります。美容皮膚診療を行おうとすれば、どうしても美容系機器などを導入することになるので、じっくり考えて検討しましょう。その上で、一般的な保険診療を行う皮膚科にするのか、保険診療をメインにしながら美容皮膚診療も行うのか、それとも美容皮膚診療に特化した皮膚科にするのかなどを決めた後は、地域でのターゲティングを行う必要があります。どういった診療内容にするかでターゲットとなる患者さんの層も、開業するエリアや立地条件も変わってくるからです。
また美容系の診療を取り入れる場合には、開業の際の設備費も高くなるので注意が必要です。地域性にもよりますが、高額な医療機器に関しては経営が軌道に乗り、希望する収益が見込めるようになってから購入しても遅くはありません。

クリニックの方向性が決まったら開業地を探すことになりますが、その際にはなるべく人通りが多い立地を選びましょう。都市部や商業地域など周囲に競合相手がいる場合には、差別化をはかるために診療内容やサービスに特色を持たせることも重要です。自費診療となる美容系の診療をメインに行う場合には、お化粧直しにゆったり使えるパウダールームを設置するなど、女性の患者さん視点できめ細かいサービスを行うことが大切となります。幼児診療が多くなる場合には、保護者の方がクリニックの評判を口コミで広めてくれることも期待できるため、強みとなる診療内容や独自のサービスなどを考えておくといいでしょう。

一覧ページへ戻る

会員登録(登録無料)
DtoDの開業支援
医院開業事例
医院開業コンサルタント紹介
開業支援協力企業
オススメ開業コンテンツ
DtoDの医療モール
失敗しない医院開業手順
科目別/医院開業動向情報
エリア別/医院開業動向情報
オススメ継承開業コンテンツ
失敗しない医院開業手順
医業継承とは?
初の第三者継承 医療をつなぐ物語