参加医師プロフィール(スペシャル座談会企画)

市中病院?医局?!どこが違うの?どっちがいいの?現役ドクターの本音を徹底検証!

参加医師プロフィール

  • 市中 Aさん
  • 市中 Bさん
  • 医師 Cさん
  • 市中→医局 Dさん
市中病院医師Aさん
37歳 男性 整形外科 医師歴11年
大学卒業後、都内の市中病院にて研修を受け、そのまま同病院に勤務。
年収1500万円 30歳で結婚。奥様、2歳の娘さんと23区内に在住。
医師として働くうえで大切にしていることは何ですか?
考えられる最高の医療を提供することだと思っています。学術的にも技術的にも常に変化している医療現場に対応して、そのときの最高の医療を採り入れ、または応用し、患者さんに提供していかなければならないと思っています。
進路を市中病院に決めたのはいつですか?
大学6年のとき、たまたま夏休みの実習で見学に行ったときに決めました。決めた理由は、大学に比べると教育のシステムがしっかりしていると思ったからです。ただ、大学に残ってないので実際はわからないですけど。
専門科を決めたのはいつですか?
研修医2年目です。手術内容がとても興味深かったので決めました。その後、スキルアップを求めて海外に留学経験もあります。今では、自分の専門について、医局の同年代の医師には「負ける気がしない」と思っています。
現在お勤めの病院のよいところはどこですか?
人間関係や科と科の間にある壁、あるいは臨床や研究の方針など、医局に比べて"しばり"が少ないと思います。今の所属先では自分の好きなようにやらせてもらっています。ただ市中でも"しばり"が多いところもあ るようなので、その点では自分はたまたまラッキーなのかもしれません。
現在お勤めの病院への不満はありますか?
給料が安いです。自分たちの研修医時代は、最初は市中病院の方が給料はいいけれど、あるところで大学の方に抜かされてしまうと一般的に言われていました。ところが最近では事情が変わって、市中、医局どちら も勤務先での収入アップはほとんど見込めず、収入増は、アルバイトに依存するところが大きいですね。
医局に対して、どんなイメージがありますか?
医局員は研究しているというイメージですね。あと、一般的な話でいうと安定という意味では多分医局の方が安定はしていると思います。市中では失業して、大学に戻るしかないという人もたくさんいます。
転職を考えたことはありますか?
ないです。もちろん、医局にいることでよい面もあると思いますが、自分の場合は、市中のよい面を実感していますから。
なかでも自分は待遇面など、市中に勤める医師の中では幸せな部類だと思っていますし。運もよかったと思います。
趣味は何ですか?
バスケットボールです。忙しいので、多くの時間を費やすことはできませんが。

プロフィールINDEXへ↑

市中病院医師Bさん
31歳 男性 消化器・一般外科 医師歴7年
大学卒業後、都内の市中病院にて研修を受け、そのまま同病院に勤務。
年収800万円 現在独身で23区内に在住。
医師として働くうえで大切にしていることは何ですか?
患者にとって最善の医療を! それがモットーです。私の場合は、振り返ってみるとそのモットーを胸に、最前線の現場で一人前の医師として信頼を得られるよう、とにかく臨床をがむしゃらにやってきたという感じですね。
進路を市中病院に決めたのはいつですか?
研修医2年目の夏です。研修先には「患者を救うんだ」といった、モチベーションの高い医師がたくさんいて、その熱意に自分も影響を受けて、だんだんモチベーションが上がっていきました。
専門科を決めたのはいつですか?
研修医2年目の夏です。素直に「この仕事が楽しい」と感じられたのが大きかったと思います。
現在お勤めの病院のよいところはどこですか?
まず、手術経験が多いことがひとつ。あと、アカデミックで勉強になると思います。第一線で手術も緊急も関わりたいと思っているので、自分の希望にも沿っていると思います。
現在お勤めの病院への不満はありますか?
不満とは少し違いますが…。専門性を高めるには専門疾患に精通した病院に勤める必要があるので勉強や国内留学も検討したいです。
医局に対して、どんなイメージがありますか?
医局は、人間関係や勤務状況、待遇など、不自由な面もあるように感じられますが、一方で、生活の保障がしっかりしていて、さらに面倒見もよく、好条件のアルバイトが多いというイメージがあります。
転職を考えたことはありますか?
あります。将来的には、もっと自分の専門性を高めたいと思っているので、「そのために最善な道は?」と考えると、その解決策の一つとして医局に帰ろうかと考えたことはあります。
趣味は何ですか?
サーフィン、格闘技、酒。サーフィンが好きなので、ハワイにコンドミニアムを持ってみたいですね。

プロフィールINDEXへ↑

医局医師Cさん
41歳 男性 整形外科 医師歴11年
大学卒業後、同大学にて研修を受け、そのまま医局に勤務。
年収非公開 33歳で結婚。奥様、4歳のお子さんと23区内に在住。
医師として働くうえで大切にしていることは何ですか?
医師である前に私も1人の人間ですから、家族との時間が大切ですね。父として夫として、真っ先に家族のことを考えます。
ただ、もちろん自分が求める医の道を追求する結果、家族を犠牲にするという医師としての生き方はアリだと思います。そういう意味ではもしかしたら自分は医者に向いてないんじゃないかって思っています。
進路を医局に決めたのはいつですか?
大学6年の頃ですね。医師として、ジェネラリストか? スペシャリストか?と問われれば、スペシャリストがあるべき姿だと思っていますし、その道を目指すなら医局だと思いました。
専門科を決めたのはいつですか?
入ったときには決めていました。人が死ぬことに直面する機会が多い科が嫌だったということもあって整形外科医になりました。
現在お勤めの病院のよいところはどこですか?
医局は人間関係が大変だと言われることが多いと思いますが、自分の場合は出身大学なので知り合いが多くいこともあって、何かと他科に頼みやすいです。人間関係での利点が多いですね。
現在お勤めの病院への不満はありますか?
白い巨塔的なところがある。
市中病院に対して、どんなイメージがありますか?
特にないです。ただ、大学病院は人数が多いから、分担がしっかりしていて、それぞれの科が終われば帰れるけど、市中病院は仕事が集中しちゃうから、QOL的には低いんじゃないかな。
転職を考えたことはありますか?
あります。そのときは、転職先でやりたいことがやれると感じたから。
趣味は何ですか?
旅行です。医局の勤務と空いた時間はアルバイトしているので、なかなか行けないですけど。

プロフィールINDEXへ↑

医局医師Dさん
36歳 男性 糖尿病・代謝内科 医師歴11年
大学卒業後、都内の市中病院にて研修を受け、そのまま同病院に勤務。
数年後、医局に転職。年収700万円 妊娠中の奥様と二人で23区内に在住。
医師として働くうえで大切にしていることは何ですか?
平常心です。どんなときでも冷静に最善策を探すことが大切だと感じています。
進路を市中病院に決めたのはいつですか?
大学6年です。給料と経験が決め手でした。当時の僕はコモンディジーズが診たかったので、市中の方がより診られると思っていました。また、当時は研修医では生活がなりたたないから市中病院へ行った方がい いって考えていましたね。そのころは研究をしたいとは思ってなかったですし。
専門科を決めたのはいつですか?
医師4年目です。やりがいを感じたのと同時に、矛盾しているようですが、さまざまな角度で考えて消去法によって決まったという面もあります。
現在お勤めの病院のよいところはどこですか?
基礎研究ができることです。市中病院ではいろんな症例も診ましたし、専門も決めました。その段階で考えたのは、「大学で基礎研究がしたい」でした。基礎研究は市中病院じゃ、まず無理です。そこで市中から医 局に転職しました。
現在お勤めの病院への不満はありますか?
他科との壁が高いことですね。僕の場合、母校の医局ではありません。いわゆる外様なので他の医局の医師より、壁をより高く感じるのかもしれません。
市中病院・医局それぞれに対して、どんなイメージがありますか?
内科の立場としての印象ですが、コモンディジーズは医局ではあまり診られないように思います。働いている人間も多く、上下関係がより厳しい。教授とは気軽に話すこともできません(笑)。市中は比較的自由にで きて、仕事にメリハリがあるように感じます。ただ、基礎研究は市中ではほとんどできませんね。
転職を考えたことはありますか?
経済的なことで、このままでいいのかと考えることはあります。大学からもらえる給料はほとんどありません。
アルバイトで生計を立てています。好きな研究を続けられることは幸せですが、家族のことを考えると複雑です。なかなか解決できない悩みです。
趣味は何ですか?
演劇鑑賞とゴルフが趣味です。日頃、深夜まで勤務していることが多いので、リラックスできる貴重な時間です。