1. 各種シミュレーションソフトウェア・アプリが勢ぞろい!米国Anesoft社紹介

海外医療トピックス

2017.04.18

各種シミュレーションソフトウェア・アプリが勢ぞろい!
米国Anesoft社紹介

医師や医学生が、いつでもどこでも自分のスキルを磨くことができる……モバイル端末の普及でそんな環境がより身近なものになっています。そこで今回は、数あるヘルスケア系プログラム作成企業の中から、バラエティーに富んだ医療向けシミュレーター系ソフトウェアやアプリの開発を行っている、米国カルフォルニア州の「Anesoft社」とその製品の数々をご紹介していきましょう。

医療シミュレーターとともに成長したAnesoft

1987年に設立されたAnesoftは、医療関係者が利用できる高品質の医療シミュレーターの開発に取り組んできた企業です。2010年には40万のWindows、マック向けのアプリケーションを販売。2014年にはパソコンやタブレットで利用できるウェブベースの麻酔シミュレーターを開発し、2016年のAnesoft社アプリダウンロード数は50万回にも上ったそうです。

どんなシミュレーターがあるの?

では以下に、Anesoft社が2017年1月の時点で提供しているシミュレーターの数々を紹介していきましょう。

ACLS

(画像参照:Anesoft

12の症例がACLSの主なガイドラインをカバー。「心室細動」「心室頻拍」「心停止」などの症状に対するシミュレーションを行いながら、医療パフォーマンスを向上させることができます。自分でシナリオを作成することも可能で、AMA(The American Medical Association)PRA Category 2 CMEクレジットを6単位取得することができます。

麻酔

(画像参照:Anesoft

緊急の処置を含む34の症例をカバー。「空気塞栓症(くうきそくせんしょう)」「気管支痙攣(きかんしけいれん)」「ラテックスアレルギー」「子癇前症(しかんぜんしょう)」を含むバラエティーに富んだシミュレーションを行いながら、AMA PRA Category 2 CMEクレジットを17単位取得することができます。

クリティカルケア

(画像参照:Anesoft

ICU、ERでの緊急対応の質を向上させる目的で作られたシミュレーター。「トラウマ(外傷)」「敗血性ショック」「糖尿病性ケトアシドーシス」などの症状を含む7つの症例が含まれています。リアルタイムシミュレーションを行いながら、AMA PRA Category 2クレジットを3単位取得することが可能で、緊急事態であることを認識する力をつけたり、その治療を学んだりできます。

新生児ケア

(画像参照:Anesoft

最新の新生児蘇生法について学べるシミュレーター。「胎児の心拍数低下」「重度の胎児徐脈」「羊水混濁」「胎便吸引」などを含む12の症例が含まれています。AMA PRA Category 2 CMEクレジットを6単位取得することができます。

産科

(画像参照:Anesoft

産科における緊急対応について学ぶシミュレーターで、症例は8つ。「外傷を受けた妊婦「胎盤早期剥離」「分娩後出血」のシミュレーションや、胎児の心拍数のモニターを行うシミュレーションが含まれており、AMA PRA Category 2 CMEクレジットを4単位取得できます。

PALS

(画像参照:Anesoft

最新のPALS(小児二次救命処置法)ガイドラインを学び習得するためのシミュレーター。8つの症例がPALSの主なガイドラインをカバーし、AMA PRA Category 2 CMEクレジットを4単位取得することができます。PEARS(小児救急 評価・認識・病態安定化)のシナリオも含まれています。

小児科

(画像参照:Anesoft

小児向けICUやERでの対応シミュレーション。「敗血性ショック」「てんかん重積症」「髄膜炎」などを含む6つの症例があり、AMA PRA Category 2 CMEクレジットを3単位取得することができます。シミュレーターは小児科医の協力のもとにデザインされています。

鎮静

(画像参照:Anesoft

「熱傷」「心臓カテーテル」「心胸郭」「放射線」など、さまざまな分野における鎮静に関するシミュレーター。緊急対応を含む96の症例を含んでおり、AMA PRA Category 2 CMEクレジットを48単位取得することができます。

まとめ

教育ツールや自分のスキルアップのためのツールを利用して、こういったシミュレーションを行うと、医学書を読んだり、インターネットで情報を採取したりするのとは違う、実践に即した経験ができます。まだ使ったことがない人も、チャンスがあったら是非挑戦してみましょう。

海外医療トピックス バックナンバー

この記事を見た方はこんなコンテンツも見ています