若手医師向け 先輩医師からのアドバイス

出産・育児と仕事の両立について

ライター医師プロフィール
年齢 : 40代前半 性別 : 女性 科目 : 内科 女性医師にとって「出産・育児と仕事の両立」は難しいことですが、とても重要なことです。
そこで、私の経験を基に出産・育児時にどのような困難が訪れ、どのような対処法があるのかをご紹介します。

女性医師を取り巻く現状

産前休業、産後休業、育児休業の取得は、法律で認められています。しかし、医療現場によっては、規定通りに休むことが困難な場合もあり、退職を余儀なくされる女性医師も多いと聞きます。私も産後休業をとりましたが、勤務先の要望により早々に復帰をしました。
また、女性医師が離職することによって、医療現場は多くの即戦力を失うことになります。女性医師は、男性医師ほど体力はないかもしれませんが、臨床能力は男性医師と引けを取りません。その数が減るということは、地域医療もしくは社会的医療にとって大打撃と言えるでしょう。

環境が整った医療現場もある

その様な現状でも女性医師のための職場作りに取り組む病院もあります。

例えば、
・24時間利用できる保育所の併設
・女性医師バンクを立ち上げ、女性医師が働きやすい勤務形態による就労作り
・当直やオンコールの夜勤負担の軽減
などです。

私の場合は、育児休暇を取ることができませんでしたが、通勤途中に保育所があったので利用させていただき、非常に助かった記憶があります。おかげで仕事も続けられましたし、以前は母に子供を預けていたのですが、母への負担も軽くなり、心置きなく働くことができました。

まとめ

女性医師が働き続けるためには、出産と育児を支援してもらえる環境が重要だと思います。そのためには、家族からの理解(支援)を得ることも必要ですが、育児支援制度の整った勤務先へ転職するのも手段のひとつです。求人サイトなどでその様な病院を検索することができますので、情報収集を行い、女性医師が働き続けることができる環境を探してみてください。