1. 医師求人のDtoDコンシェルジュ
  2. 都道府県別 医師求人情報

都道府県別 医師求人情報 医師専門の転職・アルバイト支援のプロが転職動向をわかりやすくまとめました!

転職を成功させるために、エリアごとに異なる転職動向を知ることはとても大切です。しかし、転職動向は常に変動し、科目によって大きく差異が見られるもの。参考にできるデータを把握するためには多くの時間を割かなければなりません。ここでは厚生労働省が公開しているデータを元に、エリアごとの転職動向を、人口と必要医師数、医療機関数を指標に分析しました。ぜひお役立てください。

北海道・東北エリア

北海道

医療機関数は全国平均を上回るも都市部に集中。

青森県

東北地方の中でも充実の医療機関数で、多様な求人ニーズあり。

秋田県

医師不足解消のため、保育所整備や復職支援制度なども充実。

山形県

医師不足解消のため、手厚いサポート体制で働きやすい環境整備に注力。

岩手県

全国2番目に広い面積を持ち、医療機関の偏在が課題。

宮城県

40%が仙台市内に集中、医療機関・医師ともに不足。

福島県

原発事故の影響から医師不足の状況が続く。

関東エリア

東京都

あらゆる機能が集中する首都には多種多様な求人が集まる。

神奈川県

求人倍率は低いが、施設数が多いため欠員補充や業務拡張によるニーズが多い。

埼玉県

人口増加が続き、全国で最も医師不足が深刻なエリア。

千葉県

医療機関数・医師数ともに不足、千葉全域で求人ニーズあり。

栃木県

全国平均よりも若い先生が多く、職場環境も比較的充実。

茨城県

全国2番目の医師不足地域で、医師の高齢化も進み、ニーズ拡大。

群馬県

豊かな自然環境が魅力、県内各地で多様なニーズあり。

中部エリア

愛知県

400床超の大規模病院が50施設、診療所数も全国平均の2倍で多様な選択肢あり。

岐阜県

豊かな自然環境に囲まれて、地域に密着した医療のニーズあり。

静岡県

大・中規模病院が多く、多くの求人があり好条件も期待できる。

三重県

4つの地域区分で異なる医療ニーズ、全域的に地域密着の診療所が多い

新潟県

施設数は全国平均を下回るも、上中下越地方それぞれに大病院あり。

山梨県

施設数の人口対比は全国水準、地域密着型の求人が多い。

長野県

充実の大規模病院・診療所数で健康長寿日本一を支える

石川県

本州のほぼ中央、北陸の中心都市 金沢市には4つの大規模病院が集中。

富山県

施設数の人口対比は東日本第2位、医療スタッフ体制も充実。

福井県

施設数の対人口比は東日本第3位で、多くの選択肢あり

関西エリア

大阪府

西日本の中枢都市として、求人数・質ともに豊富な選択肢から選べる。

兵庫県

大規模病院・診療所数は多いが、神戸市や阪神地区以外では医師不足の傾向。

京都府

全国一位の医師数、大規模病院・診療所数も全国平均を大きく上回る。

滋賀県

医師の平均年齢は近畿地方で最も若く、中・小規模病院・クリニックが多い。

奈良県

全体的に中小規模病院・診療所が充実も、5つの医療圏ごとにトレンドが異なる。

和歌山県

人口対比の診療所数は全国一位、医師数も充実。

中国・四国エリア

岡山県

県人口の55%が居住する岡山市と倉敷市に医療施設と医師が集中。

広島県

病院数では広島市に30%、福山市に20%、呉市に10%が集中。

鳥取県

人口対比で見ると施設数が全国平均を上回り、地域に密着した医療のニーズがある。

島根県

東部は全国的に見ても比較的充実、西部や離島では医師不足の傾向。

山口県

人口対比の医師数・病院数・診療所数は中国地方第1位、ベテラン医師が多い。

香川県

全国で最も面積が小さく、狭いエリアに医療機関が集中、医師数も充実。

徳島県

人口対比の医師数は全国第2位、小・中規模の医療機関が多く、地域に密着。

愛媛県

四国最大の人口、東予・中予・南予の3地域ごとに特色あり。

高知県

人口10万人当たりの病院数は全国1位、中・小規模の病院が多い。

九州・沖縄エリア

福岡県

九州地方の中心地、大規模病院の数も全国トップクラス、求人募集も多数。

佐賀県

医師数は佐賀市を中心に充実も、県の西側では不足の傾向。

長崎県

離島の数は日本一、ベテラン医師、地域密着のクリニックが多い。

熊本県

県北・県央・県南の3つの地域で風土、住民構成、医療環境が大きく異なる。

大分県

大規模な病院は大分市に集中、それ以外の地域では中小規模病院、クリニックが多い。

宮崎県

医療機関数は充実も、医師数は不足の傾向、アルバイトニーズもあり。

鹿児島県

人口対比の医療機関数は九州一番の充実度、九州新幹線開通でアクセスも便利に。

沖縄県

県外からの転職も多く、医師の平均年齢は全国で2番目の若さ。