1. ユマニチュードとは? 認知症の方に有効なケアメソッド

医師のための医療情報特報便

2019.03.04

ユマニチュードとは?
認知症の方に有効なケアメソッド

高齢化社会といわれる現代。医療費高騰などが問題となっていますが、高齢者の方々に対する地域医療などのサポートは徐々に整いつつあります。そんな中、誰もが発症する可能性のある認知症に対するケアが注目を浴びるようになってきています。今回は数ある認知症への取り組みの中から「ユマニチュード」について紹介します。

ユマニチュードとは?

ユマニチュードの歴史

ユマニチュードの歴史は古く、1979年にフランス人のイブ・ジネスト氏とロゼット・マレスコッティ氏によって生み出されました。現在は10カ国以上で実用が進んでいる技法ですが、日本に導入されたのは2012年のため、まだ浸透が浅い印象があるかもしれません。

ユマニチュードの概念

ユマニチュード(Humanitude)とは、フランス語で「人間らしさ」を意味する言葉です。「ケアする人とは何か」「人とは何か」を問う問題意識を基盤として、ケアする側、される側、どちらが中心というわけではなく、両者を尊重してケアを行うのがユマニチュードの考え方です。そしてその考え方(哲学)に基づき、言語、非言語コミュニュケーション技法を用いた実践的な技術で構成されているケアの方法になります。ユマニチュードではケアする人のことを、認知症の方が対象とは限らずに「心身に問題を抱える人をケアするプロ」と定義しており、1. 心身の回復、2. 機能維持、3. 最後まで寄り添う、という3つのことを目標として提示しています。

ユマニチュードの基本

ユマニチュードを学ぶ上で大切なことは、基本となる4つの柱を理解することです。これは難しいことではなく、普段私たちが日常生活の中で行う「動作」が柱となっています。では、4つの柱(動作)についてみていきましょう。

1.見る

認知症の方のケアにおいて「見る」という動作はとても重要になってきます。人と話すときの動作として、人を見る動作から始める方が多いように、「見る」という動作は基本かつ重要なコミュニュケーション手段となります。この「見る」という動作は介護の現場においても大切であり、認知症の方と接する際には、相手を尊重して平等な関係性であると伝えることに繋がります。しっかりと相手と目線を合わせ、相手と正面から向き合い、ゆっくりと出来るだけ長く目を合わせることが、ポジティブさや誠実さを伝えることになります。

2.話す

ユマニチュードの中で使う技法は150以上に及びますが、話すことも技術を用いて実践できるとされています。一般的に、人とコミュニュケーションをとる際、言語で人に気持ちを伝えることは日常的に行われています。ですが、日常的に行われている会話が、もしも一方的だった場合はどうなるでしょうか? 話すという動作は時に人を傷つけ、時に人を笑顔にします。認知症の患者さんの場合も同様で、会話の際に放つ言葉によって人としての存在を認識出来たり、出来なかったりします。特に返事がない場合や、反応があまり見られない場合、「服を脱ぎますよ」と言うよりも、「服を脱ぎますが、先に手を抜いてその次に頭を抜きます。痛かったら遠慮なく話してくださいね」と言葉を重ねて話をするほうが、ケアの実況中継の役割となり、ケアをする側が患者さんを認識していることを伝えることができます。

3.触れる

非言語コミュニュケーションでは手を繋いだり、肩を組んだりすることがありますよね。そんな非言語コミュニュケーションも、行い方によって相手を安心させたり、誤解を招いたり、相手を傷つける場合もあります。ユマニチュードの技法では、認知症の患者さんに触れる際、いきなり触れる、掴むなどの動作は避けます。意図的でなくとも、そういった動作は相手に攻撃的な印象を与え、不安な気持ちにさせてしまうからです。ユマニチュードでは、触れる動作をする際は、できる限り接触面積を大きくして広い範囲で触れるようにします。さらに、いきなり手など敏感な部分に触れるのではなく、肩や腕などの部位から触れていくことが大切だとされています。

4.立つ

認知症の患者さんは、自身の存在の認識がおぼろげになっている場合があります。その際、福祉用具や平行棒などを使用して「立つ」動作をすることで、地に足がつき、自身の存在を把握しやすくなるとされています。立つ動作を実施することで、循環改善、骨に対する刺激などで身体面の向上も目指せます。立つ動作が難しい場合は、介助者と共に座る姿勢を保つだけでも空間把握がしやすく、認知向上につながり褥瘡などの予防にも繋がります。

この4つの柱(動作)を理解することで、その中に言語的、非言語的なメッセージが含まれることを知ることに繋がり、意識的にコミュニケーションに重点を置いたケアを実践出来るようになるとされています。

ユマニチュードの効果

ユマニチュードの概念や技法について触れてきましたが、実際に用いることによって現場では具体的にどのような効果があったのかを見ていきましょう。ユマニチュードは「人間らしさ」を追求した技法で、ケアする側やされる側、どちらにとっても良い影響を与える技法として考案されました。日本では2012年から徐々に普及が始まっていますが、実際にユマニチュードを導入することで認知症の患者さんの理解向上、介護スタッフの負担が減少したなどの調査報告があります。認知症を発症すると自己を認識しにくくなってしまい、言葉や行動が攻撃的になることや消極的になることがあります。しかし、相手のことや自身のことを尊重するユマニチュードを取り入れることによってそれらの傾向が改善され、介護職員も患者さんとのコミュニュケーションに疲れることなく仕事が出来るようになるわけです。このように、ユマニチュードを取り入れることは、ケアする側、される側の双方にメリットがあると考えられます。

まとめ:ユマニチュードを活用していく

今回はユマニチュードについて考えてみましたが、いかがでしたでしょうか。ユマニチュードは相手を思いやることを基本として、普段コミュニュケーションを行なっている言語、非言語ツールを意識的にいかす技法です。ユマニチュードの4つの柱となる「見る」「話す」「触れる」「立つ」といった日常生活動作を基盤とした技法は、認知症の患者さんのケアだけに限らず臨床現場でも沢山活用できると考えられます。

たとえば「患者さんの部屋を訪問する際にお声かけをする」、「まずは相手がいることを認識し合い、目を見て対話をする」、「目を見て話すだけではなく、患部などが痛むと相談を受ければ触れてみる」、「挨拶なしに去ることなく、挨拶を交わしてお互いを認知する」。このようなことを実践することで、良い印象を互いに残したまま次回のケアに繋げることが可能になるのではないでしょうか。

ユマニチュードを活用することで、患者さんとの信頼関係を築き、その人にとって最適なケアが提供出来ることが望ましいでしょう。

目次