1. 医師のための医療情報特報便

医師のための医療情報特報便

介護医療院について
生活施設を組み込んだ考え方

高齢化社会にともない様々な法改正がなされていく今日、施設に関連した内容も変化の時期を迎えています。平成12年の介護保険法の施行により、長期入院する患者さんの入院措置として長期療養型病床群から分かれた、介護療養病床と医療療養病床。しかし、入院する患者さんの区分けが曖昧になっている現状から、介護療養病床は廃止となり、新しい介護保険施設への転換が開始となりました。
続きを見る