1. 医師求人のDtoDコンシェルジュ
  2. 医師のための「セルフサポート・コーチング」

日常の「モヤモヤ」を「スッキリ」に変えるワザ 医師のための「セルフサポート・コーチング」奥田 弘美医師 監修

過酷な環境で働くドクターこそ、悩みや葛藤が生じたり、スランプになったりしやすいもの。
しかし、ドクターであっても、自分の心身とつきあうのがうまい人ばかりではありません。
1人で手軽にできる心身の「セルフケア」「セルフサポート」法のひとつに、奥田弘美医師の提唱した「セルフサポート・コーチング」があります。
この連載では、ドクターの暮らしとココロに役立つツール、「セルフサポート・コーチング」の考え方を事例に沿って解説していきます。

取材協力

奥田 弘美(おくだ・ひろみ)医師 奥田 弘美(おくだ・ひろみ)医師

精神科、精神保健指定医、日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント、作家。
日本マインドフルネス普及協会代表理事、メディカル&ライフサポートコーチ研究会代表。

平成4年山口大学医学部卒。精神科医・産業医として都内20か所の企業で産業医として働く人の心身のストレスケアに携わるほか、東都クリニックにて診療およびコーチングやマインドフルネスを活用したカウンセリングを行っている。
作家活動も精力的に行い、ストレスケアやマインドフルネス、コーチング、ダイエットなどをテーマに著作は20冊以上。

・「メディカルサポートコーチング―医療スタッフのコミュニケーション力+セルフケア力+マネジメント力を伸ばす」(中央法規出版)
・「医者になったらすぐ読む本~医療コミュニケーションの常識とセルフケア」(日本医事新報社)
・「一流の人はなぜ眠りが深いのか」(三笠書房) ほか