1. 常勤(転職)
  2. クローズアップ求人
  3. 社会福祉法人 聖隷福祉事業団 聖隷淡路病院
 
経営者インタビュー 社会福祉法人 聖隷福祉事業団 聖隷淡路病院社会福祉法人 聖隷福祉事業団 聖隷淡路病院  聖隷精神(隣人愛)を大切にし、地域に根ざした信頼される病院づくり 施設WEBサイトへ 求人情報詳細 医療機関へのお問合せ
経営方針・理念

基本理念

聖隷精神(隣人愛)を継承し、地域に根ざした医療・福祉に貢献する。

基本方針

病院外観

1.保健・医療・福祉の連携により地域のニーズに対応し、住民の健康と生命を守る
2.職員の資質と組織力の向上に努め、安全で質の高い医療サービスを提供する
3.地域と共に共存・共栄する為の運営を推進する
4.継続的に運営し続ける健全な経営基盤を確立する
5.自然環境、防災対策に配慮した運営を進める

ページトップへ
当施設で働くメリット

経営母体

当院の経営母体は社会福祉法人聖隷福祉事業団です。
聖隷福祉事業団は保健・医療・福祉・介護の幅広いサービスを提供しており、静岡県を中心に1都7県で事業を行っています。聖隷三方原病院、聖隷浜松病院など法人内の病院間での人事交流や専門職種の人材育成が行われています。

福利厚生とワークライフバランス

互助会制度による医療費補助や扶養家族も利用できる会員制の福利厚生サービスなど職員数が1万人を超える大規模法人ならではの福利厚生制度があります。仕事のオン・オフを分けた勤務が可能で、オフは淡路島ならではの釣りやロードバイク、ジョギングなどの趣味の時間を楽しむことができます。

診療体制の充実と目指したい医療の実践

診療科間のコミュニケーションが良く、連携して診療を行っています。CTやMRIなど最新の医療機器が配備されており、手術室や内視鏡室といった機能も充実しています。専門職種によるチーム医療体制も整っており、特にリハビリはPT・OT・STが多数在籍し、質の高いリハビリテーションを提供しています。緩和ケアや訪問診療など、急性期から回復期・在宅医療まで、幅広い診療の中で個々の医師が目指したい医療を実践することができます。

ページトップへ
勤務中ドクターのコメント

特別顧問 長谷川 徹

長谷川 徹

整形外科とは、運動器官を構成するすべての組織を対象とし診療を行う専門領域です。
その対象は脊椎・脊髄、骨盤、上下肢など、外傷を含めて広範囲に及びます。
当院では、これらの患者さんに対して、エビデンスに基づく幅広い治療方針のもと、水準の高い治療で早期の社会復帰をサポートします。
特に質の高いリハビリテーション部を擁し、高齢者のQOLを支える医療の提供を行い、淡路島北部の基幹病院として診療しています。
この恵まれた環境の中で一緒に働きましょう。

副院長 佐藤 倫明

佐藤 倫明

当院は、規模としては中小に分類される病院ですが、MRIを始め基本的な検査設備は整っており、 スタッフのモチベーションも高いため、必要に応じて迅速な検査対応が可能です。
地域に根付いた病院になってきています。
淡路島で勤務というのは、何か特別なことのように思われる方もいるかもしれませんが、神戸や明石からでも車で20~40分程度と十分な通勤圏内ですので、特に内科の先生方の応募をお待ちしております。

外科部長 中村 洋一郎

中村 洋一郎

淡路市は、最近は観光客の増加に伴いサービス業を中心とした産業が発展する可能性を秘めた地域です。
淡路市の北端に位置する当院は、地域の救急~慢性期のリハビリまで、広い範囲の医療の一翼を担ってきました。
6年前、現在の位置に移転し、地域の医療は地域で完結させることを目標に頑張っておりますが、まだまだ十分な診療が行えているとは言えません。
これから変化を遂げようとしているこの淡路において、地域医療を充実させるべく、一緒になって汗を流していただける医師の方々の来島を期待しております。

ページトップへ
施設概要

病院概要

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 聖隷淡路病院
所在地 兵庫県淡路市夢舞台1-1
施設開設者 理事長 山本 敏博
施設管理者 病院長 黒田 勝哉
院長 黒田 勝哉
診療時間 午前 9:00~12:00   午後 14:00~17:00
病床数 152床 (一般病床105床・地域包括ケア病床47床)
診療科目 内科・外科・整形外科・産婦人科・皮膚科・リハビリテーション科 ・脳神経外科・呼吸器内科・循環器内科・心療内科
入院数 125.4人/日
病院外来数 130.8人/日
勤務医数 常勤医師12名
医療従事者数 看護師79名、PT15名、OT4名、ST4名、薬剤師5名、
診療放射線技師5名、臨床検査技師4名、臨床工学技士3名
一般病棟入院基本料 10:1

病院沿革

1999年(平成11年)12月 国立明石病院から経営移譲を受け病院開設
2000年(平成12年)4月 人間ドック開始
2000年(平成12年)4月 救急室完成
2001年(平成13年)3月 新病棟完成
2001年(平成13年)7月 院外処方開始
2004年(平成16年)6月 外来オーダリングシステム導入
2005年(平成17年)8月 作業療法室開設
2006年(平成18年)11月 入院オーダリングシステム開始
2009年(平成21年)8月 画像診断システム導入
2014年(平成26年)4月 淡路市夢舞台に新病院移転・開院
2015年(平成27年)10月 地域包括ケア病床(40床)稼働
2016年(平成28年)9月 循環器内科開設
2016年(平成28年)11月 呼吸器内科開設
2019年(平成31年)1月 心療内科診療開始
2020年(平成32年)1月 電子カルテシステム稼働
ページトップへ
経営者経歴 黒田 勝哉 院長からのメッセージ
聖隷淡路病院は淡路市北部にある急性期機能をもった地域密着型病院です。
淡路市は明石海峡大橋で本土と結ばれている、風光明媚な場所です。
2014年4月1日に現在の淡路市夢舞台に新築移転し、地域包括ケア病床47床と一般病床105床で地域医療に貢献しています。
淡路市は高齢化率36%を超える超高齢社会です。高齢の患者さんは様々な疾患を持っておられ、それらが安定していると思っても急に悪化し、体調を崩して緊急に当院を受診されることがよくあります。
当院では高齢者の方々の急性増悪に対するフットワークの軽い対応を心がけていますが、今後、内科医師の不足によって十分対応できない状態が考えられます。
さらに消化器内科の症例も多いのですが、消化器内科医師の不足も非常に大きな問題となっております。
特に高齢者に多い脳血管疾患後の嚥下障害に対し嚥下造影などの検査を行い、セラピストとともに適切なリハビリを提供して、口から食べることの喜びを実感していただき、少しでも改善がみられるよう訓練しています。
当院の地域医療診療の充実のため一般内科医、消化器内科医、リハビリテーション医を大至急募集いたします。
淡路島での地域医療に貢献したいと考えておられる方は是非見学にお越しください。
有田市立病院 院長 黒田 勝哉
聖隷淡路病院
院長 黒田 勝哉
 
ページトップへ
エリア情報
県外からのアクセス
バス・お車でのご通勤が便利です。
JR山陽本線 舞子駅から、病院前まで運行するバスがございます。
淡路ICより車で3分、三宮へのアクセスも車で30分と大変便利です。
 
教育環境
神戸市内からアクセスも良く、神戸市内には進学校も多く、お子様の教育環境は十分に整っております。
 
生活・暮らし
職員の多くは神戸市内から通勤しております。
神戸市内は住みよい街ランキングで常に上位をしめており、特に当院からも近い神戸市垂水区は、ほとんどが住宅地で大変生活のしやすい環境です。
 
ショッピング
明石海峡大橋を渡ったすぐ近くには大型商業施設があり、オシャレなカフェやレストランなどが続々と出店しています。
ショッピングとあわせて、近くのヨットハーバーでゆったり過ごすことが出来るなど、都会の近くでありながらリフレッシュもできます。
 
スポーツ
海に囲まれた淡路島ならではのアクテビティがたくさんあります。
本格的なマリンスポーツ、フィッシング、サイクリングだけでなく、広大な公園や海水浴場など、レジャースポットが数多くありますので、大人から小さなお子様まで楽しめます。
週末には関西、四国からの観光客も多いです。
 
ページトップへ

このインタビューに関するお問い合わせ

会員登録(登録無料)
クローズアップ求人 一覧
島根県の地域医療特集
人気の求人特集
産業医 求人特集
製薬会社 求人特集
DtoDの転職支援サービス
医師転職コンサルタント紹介
オススメ転職コンテンツ一覧
失敗しない医師転職手順
ご希望の求人が見つからない方は…オーダーメイド転職
転職のいろは