経営者インタビュー財団法人 操風会 岡山旭東病院財団法人 操風会 岡山旭東病院 Okayama Kyokuto Hospital 施設WEBサイトへ 求人情報詳細 医療機関へのお問合せ 脳・神経・運動器疾患の総合的専門病院 ~先端医療とアートの融合~ 施設WEBサイトへ 求人情報詳細 医療機関へのお問合せ
経営方針・理念

基本理念

一.安心して、生命をゆだねられる病院 一.快適な、人間味のある温かい医療と療養環境を備えた病院 一.他の医療機関・福祉施設と共に良い医療を支える病院 一. 職員ひとりひとりが幸せで、やりがいのある病院

「理念というものは坂の上の雲。
近づこうとしてもいつも先にあるもの。
だからこそ、常に目指していかなければならない。」
を職員全員で共有し、理念型経営を実践している病院です。

基本方針

  1. 経営理念の実践
  2. 人間尊重の経営
  3. 情報の公開
  4. 共育の実践
  5. 癒しの環境整備
  6. 地球環境への貢献
  7. チーム医療
  8. 個人情報の保護
ページトップへ
将来のビジョン

1.脳卒中センター、サイバーナイフセンター

サイバーナイフ

【脳卒中センターの実績】
脳梗塞495人(ラクナ梗塞193人、アテローム血栓性梗塞189人、心原性脳梗塞栓症74人など)、TIA30人、脳内出血91人、クモ膜下出血34人でした。治療実績はtPA施行患者23例、血管内治療14例、血管外科が4例となっております。
今後、高齢患者、多数回再発例、身体疾患重複合併症例が増加する中、リハビリテーション科、内科、ケースワーカー、NST、RST放射線部、薬剤部と、あらゆる科との連携を大切にしております。

【サイバーナイフセンターの実績】
CyberknifeⅡの稼働が2年経過し、治療件数は2009年243件、2010年262件を実施しております。
脊椎近傍の病巣に関しては、金属マーカーを使用せずに腫瘍の動きを自動追跡するXsight(Spine Tracking System)を有しています。Xsightによる脊椎近傍の病巣に対して1㎜未満の精度を有する治療を行っており"ます。昨年はXsightを使用し5件の治療を行っております。

2.総合画像センター

CT

3.0T MRI、64列CT、PET-CT等を配備しており、随時更新しております。
2011年には画像システム・オーダリングシステムを導入し、次期病院増改築など様々な計画が進行しており、質の高い取り組みを進めていきます。
【2010年度実績報告】
MR検査件数:18,970件
CT検査件数:7,125件
PET検査件数:1,223件
RI検査件数:343件
一般撮影件数:16,429件
DSA検査件数:45件(IVR 17件)
BMD検査件数:294件

3.予防医学

CT

健康センターでは、年々増加している幅広い層の検診受診者へ確実な検査報告を行うために、高度医療機器を活用した、脳ドッグ、PETがんドッグだけでなく、特定検診、保健指導へも力を入れてまいります。 また先生方へお願いしている煩雑な事務処理の軽減を行うために、健康管理課と連携し業務支援等にも力を入れております。
【2010年度実績】
脳ドック:711件
PETがんドック:376件
人間ドック:368件
政管検診:368件
労安検診:39件
肺癌検診:5件
特定健康診査:240件
特定保健指導:11件

求める医師像

専門病院として、質の高い医療サービスを提供するためには専門医師や、研修医の参加が、是非とも必要です。
勿論、脳神経外科・神経内科・整形外科の専門医師だけでなく、放射線科、循環器科、内科の医師の充実も重要です。
今年は、5名以上の医師の採用を計画しています。

・当院の理念にご賛同いただける方
・チーム医療に興味のある方
・今よりももっと学びたい方
・後期研修対象(脳・整形・神経)の方

大歓迎です。

ページトップへ
当施設で働くメリット

学習型病院

当院では学会、研修会への出席を積極的に支援しております。
国内外を問わず、発表者へは全額旅費交通費を支給しております。
当院の先生方は年間10回程度の国内外学会へ参加しており、報告会、広報誌等で成果の共有も行っております。
看護師についても認定看護師取得支援を実施しており、質の高いケアーの実践につながっております。
「学びたい人」への支援は惜しみません。学会、研修参加希望はすべて受け付けます。

ワークライフバランス

財団法人操風会は、ワークライフバランス(仕事と家庭の両立)に積極的に取組んでおります。
2010年に次世代育成支援対策推進法に基づく認定マーク(愛称「くるみん」)を取得いたしました。
子育て支援制度に基づく、「短時間勤務制度」や「週3日勤務」など先生方の環境に合わせた勤務環境の実現に力を入れております。

ページトップへ

勤務中ドクターのコメント

岡山旭東病院 診療統括部長 吉岡 純二 先生

脳神経外科医を目指すものにとっては初期の研修の内容が大変重要であると思います。
診断法は勿論、患者管理の仕方、そして手術手技、知識の習得は若い時に身につきやすく、何よりも症例を経験し、そこから経験、知識、技術を得ることが重要でもあります。

現在、わが国の脳神経外科専門医の数は約6,400人と多く、一般的に一人当たりの手術件数は欧米の脳神経外科医のそれに比べ、極端に少ないといわざるを得ません。特に、専門医となった若い脳神経外科医が手術をする機会は十分ではありません。
当院は地方の中小病院ですが、脳・神経、運動器の専門病院であり、日本脳神経外科専門医訓練A項で、症例数、画像診断装置(MR・PET・SPECT・DSA・CT)などはともに充実していると考えます。
2010年の年間手術症例は307例でした。その内訳は開頭による脳腫瘍摘出術・38例、動脈瘤クリッピング・69例、穿頭洗浄術・92例等です。
また、神経内科、診療放射線科、リハビリテーション科の専門医とともに急性期医療を行い、2010年の脳卒中患者退院数は621例で脳梗塞・495例、脳出血・91例、クモ膜下出血・34例、一過性脳虚血発作(TIA)・30例でした。
さらに、脳腫瘍に対しては手術の他に、サイバーナイフによる放射線治療も行っているのが、当院の特徴でもあります。
若い研修医・脳神経外科専門医で当院の研修、診療体制に興味のおありになる方は、是非ご連絡下さい。

岡山旭東病院 神経内科部長 柏原 健一 先生

2010年度の神経内科退院患者数は1,199人、外来新患数は8,444人でした。
入院患者の内訳ですが、脳血管障害が580例、めまい・てんかん・けいれん発作など機能性疾患が215例、パーキンソン病を中心とする変性疾患158例、髄膜炎、脳炎が34例で、平均在院期間は19.1日でした。

入院は他科と、外来は地域の先生方と密な連携の下に診療しており、退院、再来患者様の多くは地域でフォローをお願いしています。
2010年度の対外的活動については、講演18件、学会・研究会発表19件(うち海外4件)、論文・著書は和文が11編、英文3編でした。

年2回の健康教室開催、保健所活動への協力、J-STAR、パーキンソン病多施設共同研究への参加など全国規模の学術・研究活動にも積極的に参画しています。

やる気さえあれば症例、テーマには事欠きません。共にレベルの高い医療を支えていける仲間を募っています。
関心あれば一度遊びにおいで下さい。お問い合わせをお待ちしています。

ページトップへ
施設概要

岡山旭東病院は、病床数162床の脳・神経・運動器疾患の総合的専門病院として地域に貢献したいと願っています。
現在(平成23年04月01日)常勤医師31名、看護師174名、全職員401名で、7:1の看護体制をとっています。
高額医療検査機器(PET-CT、1.5T MRI、3T MRI、64列CTを導入)を設置しています。
また、医師の専門教育の教育病院(後期研修)としても評価されるように充実していきます。
サイバーナイフセンター、8床のICU、脳卒中センター、健康センター、急性期リハビリテーションなどの諸施設を所持し、他の医療機関・福祉施設とコラボレートしていきたいと思います。
当院は、脳神経外科専門医師訓練施設(岡山大学大学院脳神経外科の訓練施設)・整形外科専門医師訓練施設・神経内科専門医師訓練施設・リハビリテーション専門医師訓練施設です。

病院概要

財団法人 操風会 岡山旭東病院
住所 岡山県岡山市中区倉田567-1
施設開設者 土井 章弘
施設管理者 土井 章弘
院長 土井 章弘
診療時間 午前9:00~12:00 午後14:30~16:00
病床数 162床(ICU 8床、亜急性期病床 16床)
診療科目 脳神経外科、整形外科、神経内科、リハビリテーション科、内科、循環器科、形成外科、リウマチ科、放射線科、麻酔科
症例割合 脳神経外科 手術症例 307例(2010年)
整形外科 手術症例 888例(2010年)
入院数 145.2人/日 平均在院日数:14.7日
病院外来数 261.2人/日
勤務医数 常勤医師:32名
医療従事者数 薬剤師:10名、コメディカル:58名、看護師:162名、准看護師:4名
一般病棟入院基本料 7:1 入院基本料
病院機能評価 1998年11月16日に認定
2010年10月20日~22日にバージョン6.0で更新
施設認定 脳神経外科専門医師訓練施設
整形外科専門医師訓練施設
神経内科専門医師訓練施設
リハビリテーション専門医師訓練施設
地域連携 地域医療支援病院、地域連携室あり

病院沿革

昭和58年 9月 開設許可
昭和58年11月 土井基之(現副院長)を院長に旭東整形外科医院(19床)がスタート
昭和59年12月 病床を19床から40床に増床
昭和63年 3月 土井章弘を院長に迎え、102床に増床し、名称を岡山旭東病院に変更してスタート
MRI装置(レゾナ)稼働開始
平成 3年 8月 新MRI棟が完成 2台目のMRI装置(シグナ)稼働開始
平成 9年 4月 西館が完成し、病床が124床となる
平成 9年 6月 新看護料(2対1看護、看護A加算)取得
平成10年 5月 病床を162床に増床
平成10年 6月 脳死からの臓器提供病院に認定
平成10年10月 開放型病院(開放病床5床)認可
平成10年11月 日本医療機能評価機構・一般病院(B)認定
平成11年12月 特定集中治療室管理(ICU・8床)認可
平成12年 4月 開放型病院(開放病床10床)認可
平成12年 6月 サイバーナイフセンター完成
平成12年 7月 脳卒中センター完成 治療開始
平成13年 7月 検査棟改修 MRI(1.5T)2台更新
平成15年 5月 回復期リハビリテーション病棟設置
平成16年 1月 新館、PET・RIセンター完成
平成16年 7月 DPC導入
サイバーナイフ稼動再開
平成16年 8月 本館、西館リニューアルオープン
平成17年 7月 回復期リハビリテーション病棟廃止
亜急性期病床設置
平成18年 2月 日本医療機能評価機構(Ver5.0)認定
平成19年 4月 3.0TMR、64列MDCT 導入
平成19年 5月 カフェ赤い鼻 完成
平成20年 7月 サイバーナイフ2000症例達成
平成22年10月 次世代育成支援対策推進法に基づく認定(くるみんマーク)取得
平成23年 1月 日本医療機能評価機構(Ver6.0)認定
ページトップへ
経営者経歴

岡山旭東病院 院長 土井 章弘(どい あきひろ)経歴

昭和41年 4月 岡山大学医学部脳神経外科入局
昭和45年 9月 ベンシルバニア大学・ブロードストリート病院勤務
昭和48年 1月 国立岡山病院 脳神経外科勤務
昭和50年 3月 香川県立中央病院 脳神経外科主任部長
岡山大学脳神経外科・香川医科大学脳神経外科か講師併任
昭和63年 3月 財団法人操風会 岡山旭東病院長就任
平成 3年 4月 岡山県中小企業家同友会代表理事
平成11年~平成21年3月 岡山県病院協会会長
平成11年~平成21年3月 全国公私立病院連盟副会長
平成16年 4月 日本病院会常任理事
平成19年 3月 NPO法人DPC協議会理事
平成21年 1月 岡山市日中友好協会理事
出身大学・医局 鳥取大学医学部卒・岡山大学脳神経外科
資格・免許 医学博士、ECFMG、日本脳神経外科専門医、
日本脳卒中学会専門医
中村昌樹 院長
岡山旭東病院
土井 章弘 院長

土井院長からのメッセージ

病院を取り巻く環境は、少子高齢化、疾病の変化、医師不足、看護師不足、日本の低迷する経済環境と激動の時代にあって、岡山県南東部医療圏域で貢献できることは何かを問い続けてまいりました。
今年度は地域医療支援病院の承認を取得するすることができ、開業医の皆様との連携もより一層深まっております。
当院のすべての活動は理念に沿って行われてまいりました。
理念の一つに「職員ひとりひとりが幸せで、やりがいのある病院」を掲げています。私が一番大切にしている理念です。
「職場は貴方の晴れ舞台」その舞台を提供していくのが経営者の役割と考えております。
当院の理念に共感いただける先生方に是非一度お会いしたく思っております。先生方の「晴れ舞台」を間違いなくご提供いたします。あわせて病院見学等も随時受け付けております。「先端医療とアートの融合」を実際に感じていただければ幸いです。
スタッフ一同お待ち申し上げております。

ページトップへ
エリア情報

大きな地図で見る

県外からのアクセス
■東京→岡山 飛行機 約1時間20分
新幹線 約3時間20分
■大阪→岡山 新幹線 約50分
■岡山空港→当院 車    約40分
■岡山駅 車    約20分
 
教育環境
岡山県は教育に力を入れており、学力レベルの高い公立(岡山朝日高校、岡山操山高校など)、私立学校(岡山白陵高校など)が岡山市内に多数ございます。
幼稚園から中等部一貫校もございます。
当院への通勤圏内に文教地区もございますので、ご転居される際はご案内申し上げます。
 
最寄り駅からのアクセス
JR山陽本線岡山駅より、両備バス新岡山港行きで20分 「倉田」下車,徒歩1分
JE山陽本線岡山駅より、両備バスふれあいセンター行きで20分 「倉田」下車,徒歩1分
 
生活・暮らし
岡山市は全国でも珍しく、駅前周辺に高層マンションが多く立ち並ぶ立地を有しており、非常に便利な立地に居を構えることが可能です。
また文教地区も岡山駅より車で5分圏内であり非常に便利です。
 
ショッピング
当院近隣にも多数のショッピングセンターがございますが、2011年12月1日に「三井アウトレットパーク倉敷」が岡山市内より車で約40分のJR倉敷駅前にオープン致します。
また岡山駅前も再開発が進み、「イオンモール」の出店が確定しております。
 
ページトップへ

このインタビューに関するお問い合わせ

  • オーダーメイド転職
  • 医師のサポートをするコンサルタント紹介
  • 産業医 求人特集
  • 製薬会社 求人特集
クローズアップ求人 一覧
特集
  • 24時間無料で遠隔コンサルト「ヒポクラ」アプリ
  • 失敗しないための医師転職ガイドライン
  • 転職のいろは
  • あなたの道はどっちだ?!市中病院?医局?!
  • 海外の医療情報を集めました 海外医療トピックス
  • 全国の医師に聞きました ドクターあるあるアンケート
  • おもしろ医療関連トピックス
  • 国境を越えて医療を届ける 社会貢献ジャーナル
  • 地域医療活性化プロジェクト でくらす
  • 「DtoD」デジタルブック
  • DtoD公式Facebookページ
  • 【国内】学会カレンダー ―旅行手配可能(見積り無料)―
  • 【海外】学会カレンダー ―旅行手配可能(見積り無料)、ツアーあり―