1. 医師求人のDtoDコンシェルジュ
  2. 転職(常勤)
  3. クローズアップ求人
  4. 社会医療法人財団白十字会 白十字病院
 
経営者インタビュー社会医療法人財団 白十字会社会医療法人財団 白十字会 Hakujuji Hospital 次の時代に頼られる病院をつくるために、チーム医療を実践します 施設WEBサイトへ 求人情報詳細 医療機関へのお問合せ 都心からのアクセスも至便!様々な症例を扱うことができる地域密着総合病院です。 施設WEBサイトへ 求人情報詳細 医療機関へのお問合せ
経営方針・理念

基本理念

患者さんが一日も早く社会に復帰されることを願います

基本方針

キャンドルサービス
  • 一、患者さんの権利を尊重し、患者さん中心の快適な療養環境を提供いたします。
  • 一、地域医療機関との連携に努め、市民のニーズにあった診療活動を展開することにより、社会に貢献できる病院を作ります。
  • 一、職員の総和をもって、納得の医療を推進し、患者さんから信頼され愛される病院を作ります。
  • 一、最新の医学情報と医療設備を導入し、日進月歩の医学に正面から取り組みます。
  • 一、病院人として、社会人として、信頼される人格を持った責任ある人間を育成いたします。
  • 一、全ての職員にとって、かけがえのない価値ある職場であるよう努力いたします。
ページトップへ
将来のビジョン

地域に密着した二次救急病院として救急患者の受け入れを推進

チーム医療の実践で効率の良い医療を実現

医師不足、医師偏在がいわれて久しくなりますが、これからの急性期医療は多職種協働による「チーム医療」が必須となります。
2040年代には、例えば外科手術など一つの医療行為への対価は大幅に減るものと思われます。少子高齢化が益々進行し、病人が増加する一方で生産者人口が減少することにより国力が減退するからです。

そのような時代背景の中、大学病院に代表される、医師のみで行う高コストな医療を続けていくことは不可能と言えるでしょう。ここで意識改革ができるかどうかが今、問われています。当院では、医療秘書や説明支援ナースを積極的に活用し、チーム医療を推進しています。

チームの仲間になったスタッフは、医師の想像が及ばない程、患者さんにとって"安心"できる存在です。一人ひとりにチームの一員としての役割を与えれば、期待に応えようと努力されます。チームワークが発揮できるようになると、仕事の効率は素晴らしく良くなります。医師の管理の下でカルテの記載や患者さんへの説明などのサポートがあれば、医師個人の精神的・肉体的負担は仕事の増加に比べはるかに軽減されています。チームをリードするための配慮ができれば、たとえ体力が衰えても勤務医を続けることが可能となります。医師には医師にしかできない仕事に注力していただき、効率の良い医療を実現する、そのような時代に先駆けた病院を目指しています。

慢性期専門医の創出

「"急性期ばりばりの医師"がいるなら、"慢性期ばりばりの医師"がいてもいい」。
急性期と慢性期医療の違いは、時の流れのスピードにあると思います。慢性期医療の現場では、急性期のようにすぐに手を差し伸べなくても患者さんはほぼ同じ状態で待っていてくれます。しかし、病態は多彩であり、高齢者ならではの変化も加わって、その把握に戸惑っておられる先生も多いのではないかと思われます。

60代、70代になっても医師として働きたいとお考えになるのであれば、40代で次の20年の働き方を考えて決意されてはいかがでしょうか。慢性期医療に携わるにあたっては、患者さんにいかに良くなって在宅復帰していただくかに加えて、診療点数や薬剤単価のほか、医療制度の知識も必要となります。急性期医療から慢性期医療へ転身される先生には、国内短期留学制度や研修制度など、一流の医療を学んでいただく制度があります。そうして学ばれた先生が当院で活躍してくださることで、慢性期専門医を育成することができ、当院にとっても好循環が生まれると考えています。

ページトップへ
当施設で働くメリット

民間病院だからこそ、できること

働きやすい職場

2002年に開設した佐世保中央病院健康増進センターでは、糖尿病療養指導士がセンター機能の一環として、HbA1c測定の待ち時間を利用して合併症のチェック、教育指導を行って、患者さんに理解してもらうというように、皆で臓器を壊さない予防医療を展開しています。また佐世保市との共同事業で医療費削減の調査を行っています。ある若い女性医師は、「自分の病気を理解し、悪化させない指導ができる病院を、九州内に自分は知らない。だからこの病院を選んで来ました」と語っています。今や、医師が集まるのは、公的病院であることや、病院の規模、給与の高さではなく、医師をひきつける病院の機能ではないでしょうか。

次のステージを見据えた医療

当法人は急性期、亜急性期、回復期、慢性期、訪問看護ステーション、老人保健施設、特別養護老人ホーム、と様々な施設がありますが、自己完結型の性格が強く、次のステージを考えた連携ができていませんでした。定額制の施設に多種の高額な薬剤は不向きですし、医療スタッフの手薄な慢性期病院に煩雑な医療行為の継続を求めることは無理があります。スムースな連携のためには、患者さんが次に進むステージについて、現場の医師にも理解いただく必要があります。この医師の教育をどこもやろうとしなかったことが連携を困難にしてきました。多種の医療・介護施設を持つ法人の責任として、白十字会はこの教育・育成に取り組んでいきたいと思います。

チーム医療で様々な働き方を可能に

当院では、『次の時代に頼られる病院をつくるために』常に時代に合った新しいやり方を取り入れ、改革を進めています。チーム医療こそが、これからの病院の生きる道だと考えています。例えば子育て中の医師にとって、5:30で帰ることができるとしたら、復職の可能性が高まります。このように、チーム医療は様々な働き方を可能にします。限りあるお金で"無駄のない医療"を提供するために、お金のかからない、臓器の壊れない医療を目指しています。

ページトップへ
当施設で働くメリット

医療秘書の活躍で効率の良い医療ができる(脳血管内科 熊井Dr. / 医療秘書 加治木氏)

白十字病院では、診療科毎に専任の医療秘書がいる。その役割については各科の裁量に任せられており、徐々にその活躍の範囲が広がっているという。今回お話をうかがった脳神経内科では、一人の医師に一人の医療秘書という体制をとっている。

脳血管内科 熊井Dr. / 医療秘書 加治木氏

■ 熊井Dr.
脳血管内科はもともと、医師、看護師、ソーシャルワーカーなど多職種による連携が重要な科ですが、医療秘書の存在は大きいですね。主に検査の仕分けや診断書作成、返書や紹介状の管理などの補助をしてもらっていて、私たち医師はより多くの患者さんを診ることができるようになりました。

■ 医療秘書 加治木氏
現在、当院には常勤4名、非常勤25名の医療秘書がいます。私は今年で7年目になりました。働き始めたときは全くの素人でしたが、先生方が時間を取って一つ一つ教えてくださるので、今後も少しでも先生の業務負担を減らすために、お手伝いできればと考えています。診断書作成については、医事課⇒医療秘書⇒医師という流れで行っています。

■ 熊井Dr.
脳血管内科で私が医療秘書にお願いしているのは、リハビリの診療データの集積です。当院は、急性期・亜急性期・回復期とそろっていますので、脳血管障害などで入院された患者さんは転院することなくリハビリを行うことができます。セラピストの体制が整っているので急性期の早期からリハビリを行えるのも当院の特徴ですが、その効果検証のためにデータを集めていただいています。
他科では、外来の電子カルテの入力補助や、消化器検査の前の説明補助などを行っています。医療秘書はまだまだ新しい職種ですから、互いに育て合っていくことができればと思います。

説明支援ナースとともにもっと患者さんに寄り添いたい(乳腺外科 松尾Dr. / 説明支援ナース 千葉氏)

白十字病院では、医師よりも近い立場で患者さんに接して不安を和らげる、説明支援ナースという役割がある。乳腺外科の説明支援ナースについてお話をうかがった。

乳腺外科 松尾Dr.

■ 松尾Dr.
当院の乳腺外科のスタッフは全て女性です。説明支援ナースや医療秘書をはじめとしたスタッフには大いに助けられています。医師一人に負担や責任が集中するのではなく、チーム力で患者さんを診て、関わることができていると思います。
説明支援ナースには、がんの告知後や手術後のフォロー、外来の際の看護記録をお願いしています。
また、学科などで使いたい診療データをすぐにまとめて出してもらえるのはとてもありがたいですね。

説明支援ナース 千葉氏

■ 説明支援ナース 千葉氏
患者さんは、不安な中で説明を聞くことになるので、できるだけ分かりやすいように工夫しています。お話しする内容は、事前に先生に了解いただくようにしています。
他科の説明支援ナースとも連携してます。例えば患者さんへ化学療法の説明が必要な際には、患者さんの様子や注意点を伝えるようにしています。月1回の化学療法カンファレンスは共同で行っていますよ。

待合室

■ 松尾Dr.
院内カンファレンスが活発で、私も積極的に参加しています。
患者さんにより身近に感じていただけるよう、セミナーや地域での活動を行っています。ホームページもさらに充実させていきたいと考えています。

■ 説明支援ナース 千葉氏
今は、ホームページを見て来られる患者さんも多いので、スタッフ発信で企画をしています。全て女性スタッフのところを探して来ました、という方もいらっしゃいますね。
乳がんの治療は目まぐるしく変化します。更なるステップアップのため、認定看護師(法人内認定看護師制度による)資格取得を目指しています。

■ 松尾Dr. 他にも薬剤師からの薬剤の提案があったり、病院全体が科目や職種の垣根を越えて、「患者さんのために」という一つの目標のために力を合わせています。

ページトップへ
施設概要

病院特徴

2008年には佐世保中央病院が、2012年には白十字病院がそれぞれ地域医療支援病院の認定を受けています。さらに、病院での寝かせきり医療からの脱却を目指して、2000年に燿光リハビリテーション病院を開設、2002年には佐世保中央病院健康増進センターを開設するなど、保健や急性期以降の支援にも力を入れています。

病院沿革

昭和 4年 富永内科医院開設
昭和22年 富永内科医院から佐世保中央病院と名称変更(24床)
昭和25年 医療法人白十字会設立
昭和48年 弓張病院開設
昭和57年 白十字病院開設
平成 7年 佐世保中央病院新築移転
平成12年 燿光病院開設
平成14年 佐世保中央病院健康増進センター開設
平成19年 燿光病院から燿光リハビリテーション病院へ名称変更
平成20年 佐世保中央病院「地域医療支援病院」認可
平成23年 佐世保中央病院「がん診療連携推進病院」認定、社会医療法人に移行
平成24年 白十字病院「地域医療支援病院」認可
ページトップへ
経営者経歴

社会医療法人財団 白十字会理事長 富永 雅也(とみなが まさや)経歴

昭和55年 日本医科大学卒
昭和56年 九州大学医学部第二内科入局
昭和60年 松山赤十字病院胃腸センター勤務
平成"4年 九州大学医学部第二内科助手
平成"5年 医療法人白十字会白十字病院勤務
平成11年 理事長就任 現在に至る
白十字会理事長 富永 雅也
白十字会理事長
富永 雅也

富永理事長からのメッセージ

未来に求められる医療を考えたときに、今の医療のあり方に疑問を感じていて、ここに書かせていただいたような白十字会が目指す方向性に賛同してくださる方にぜひ来ていただきたいと思います。 チーム医療を学びたい方、40代からの次の20年、30年を見据えて、慢性期医療、在宅医療の分野で新たな挑戦をされたい方、ぜひ一緒に実現させましょう。

ページトップへ
病院紹介
白十字病院
所在地 福岡県福岡市西区石丸3-2-1
院長 城崎 洋
病床数 急性期病棟(265床)・回復期リハビリテーション病棟(111床)・亜急性期病棟(35床)・療養病棟(55床)
診療科目 内科、脳血管内科、がん外科、消化器内科、循環器内科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科口腔外科、神経内科、血液内科、腫瘍内科、腎臓内科、人工透析内科、糖尿病内科、肝臓内科、化学療法内科、がん内科、老年内科、内分泌内科、内視鏡内科、消化器外科、肛門外科、乳腺外科、内視鏡外科、臨床検査科、病理診断科、救急科、放射線診断科、神経放射線科、神経精神科、歯科
入院数 1日平均426.3人(平成23年度)

白十字病院写真

県外からのアクセス
【福岡都市高速をご利用の方】
・天神方面からは姪浜出口で下りて直進900m、つきあたり下山門交差点を左折500m
・今宿・糸島方面からは拾六町出口から直進1600m、青果市場入口交差点を左折600m
【西鉄バスをご利用の方】
・博多駅交通センター1F・天神(ソラリア前)方面から506番(都市高速経由「野方行」で約35分、「白十字病院前」下車
 
教育環境
福岡市内には修猷館・西南学院・大濠高校・筑紫女学園・福岡高校・城南高校・筑紫丘等の教育機関があり、環境も整っています。
 
最寄り駅からのアクセス
・福岡市営地下鉄姪浜駅南口から1~4番(野方行)で約10分、「白十字病院前」下車
・福岡市営地下鉄姪浜駅北口から無料送迎バスを運行しております。
・JR筑肥線下山門駅からは徒歩で約20分です。
 
ショッピング
同区にはマリノアシティ福岡やウエストコート姪浜等の大型商業施設が存在します。博多や天神へのアクセスも良好です。
 
スポーツ
福岡ソフトバンクホークス・アビスパ福岡の本拠地でスポーツは活発。
最寄の福岡市営地下鉄姪浜駅より球場の最寄駅までいけます。

白十字病院へのお問い合わせはこちらから

燿光リハビリテーション病院
所在地 長崎県佐世保市山手町855-1
院長 大財 茂
病床数 回復期リハビリテーション病棟(167床)・療養病棟(53床)・介護療養型医療施設(110床)

燿光リハビリテーション病院写真

県外からのアクセス
■佐世保市営バス
・花園経由 東山手町バス停(1) 下車徒歩1分
・勝富経由 東山手町バス停(2) 下車徒歩1分
※大野方面から来られる方は松浦町中央公園入口より   松浦町又は、京町より本局前で乗り換えて下さい。
■タクシー
・佐世保駅より8分
・島の瀬公園前より6分
■車
・松浦町交差点より2.3Km
・本島町交差点より2.6Km

燿光リハビリテーション病院へのお問い合わせはこちらから

佐世保中央病院
所在地 長崎県佐世保市大和町15
院長 碇 秀樹
病床数 急性期病床(292床)・亜急性期病床(10床)、集中治療管理室(10床)
診療科目 内科、神経内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、呼吸器内科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リウマチ科 、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、循環器内科、消化器内科 、消化器外科、糖尿病内科、内分泌内科、内分泌外科、腎臓内科、人工透析内科、内視鏡内科、内視鏡外科、乳腺外科、大腸・肛門外科、胸部外科、病理診断科、臨床検査科、救急科、放射線治療科

佐世保中央病院病院写真

県外からのアクセス
■佐世保市営バス(尼潟経由大岳台、沖新経由東浜、技術専門校行き)
・大和町中央病院前バス停下車 徒歩1分
・大宮町経由 大和町バス停(西龍橋) 下車 徒歩4分
・藤原橋経由 大和町バス停(国道筋) 下車 徒歩7分
■西肥バス
・大和町中央病院前バス停下車 徒歩1分
・大和町バス停(国道筋)下車 徒歩7分
■タクシー
・佐世保駅より 8分
・日宇駅より 4分
■自動車
・西九州自動車道 大塔ICより国道35号線を佐世保駅方面に車で10分 大和町交差点を左折高架下を通り、1つ目の交差点を右折
・西九州自動車道の佐世保みなとICより車で10分
 
教育環境
佐世保市内には県立佐世保北高校、県立佐世保南高校、県立佐世保西高校、県立佐世保東翔高校、県立佐世保中央高校、県立佐世保商業高校、県立佐世保工業高校、聖和女子学院高校、佐世保実業高校、久田学園佐世保女子高校、九州文化学園高校、西海学園高校などの教育機関があります。佐世保市内からは外れますが、県北地区には県立波佐見高校、県立清峰高校、県立松浦高校等スポーツに秀でた学校も多数あります。
 
ショッピング
・病院から徒歩圏内に大手スーパーが2店舗あります。
・また、佐世保駅周辺には大型商業施設が2013年12月に新たにオープンしております。
・車で10分の範囲内で佐世保駅及び高速道路入口へのアクセスが可能です。
 
スポーツ
高校では全国大会優勝経験高校が多数あり、野球、サッカー、ラグビー等スポーツは盛んな地域です。Vファーレン長崎の本拠地。また、郊外に少し足を伸ばせば、趣向を凝らしたゴルフコースがあります。
ページトップへ

このインタビューに関するお問い合わせ

  • オーダーメイド転職
  • 医師のサポートをするコンサルタント紹介
  • 産業医 求人特集
  • 製薬会社 求人特集
クローズアップ求人 一覧
特集
  • 医の道をしまねで歩む 島根の医療特集
  • 失敗しないための医師転職ガイドライン
  • 転職のいろは
  • あなたの道はどっちだ?!市中病院?医局?!
  • 海外の医療情報を集めました 海外医療トピックス
  • 全国の医師に聞きました ドクターあるあるアンケート
  • おもしろ医療関連トピックス
  • 国境を越えて医療を届ける 社会貢献ジャーナル
  • 地域医療活性化プロジェクト でくらす
  • 「DtoD」デジタルブック
  • DtoD公式Facebookページ
  • 【国内】学会カレンダー ―旅行手配可能(見積り無料)―
  • 【k海外】学会カレンダー ―旅行手配可能(見積り無料)、ツアーあり―