経営者インタビューJA長野厚生連 佐久総合病院JA長野厚生連 佐久総合病院 Saku Central Hospital 施設WEBサイトへ 求人情報詳細 医療機関へのお問合せ ~日本の医療をリードする~ ジェネラリストからスペシャリストまで多様に活躍できるフィールドがあります 施設WEBサイトへ 求人情報詳細 医療機関へのお問合せ
経営方針・理念

基本理念

生きがいと安心のある地域づくりをめざして

佐久病院は「農民とともに」の精神で、医療及び文化活動をつうじ、住民のいのちと環境を守り、生きがいある暮らしが実現できるような地域づくりと、国際保健医療への貢献を目ざします。

基本方針

【行動目標】

  1. 第一線医療の充実と高度専門医療の向上をはかり、地域完結型医療体制の確立を目指した病院再構築を実現します。
  2. 農業と地域社会の問題を直視し、メディコ・ポリス構想の精神を継承して、地域の内発的発展に協働します。
  3. 研究と教育は病院の重要な役割であることを自覚し、佐久病院らしい医師教育、職員教育および研究活動の充実をはかります。
  4. プライマリ・ヘルス・ケアを包含する農村医学の考え方を学習し、実践するとともに、発展途上国の国際保健医療に貢献します。
  5. 患者さんを第一に考え、医療の質向上および患者安全、職員満足の向上を目的とする活動を推進します。
ページトップへ
将来のビジョン

佐久医療センター 2014年3月新規開設 ~専門分化と統合・総合~

佐久医療センター完成予想図
佐久医療センター完成予想図

現在当院では、従来の1次から3次救急まで、在宅医療からドクターヘリまでを包括的に1病院で担う「病院完結型医療体制」から、病・診連携、病・病連携などの地域医療連携による、「地域完結型医療体制」へとシフトする分割再構築に取り組んでいます。
平成23年12月に分割再構築の一環として長野県東信地域の基幹病院と位置付けられる佐久医療センターの建設工事に着工し、2014年3月に開院いたしました。
佐久総合病院佐久医療センター(450床)は、東信地域に求められる高度医療である救急医療、心血管障害・脳血管障害の診療、がん診療、周産期母子医療の4つの役割を担い、求められる最良の診断・治療提供を目指します。
佐久医療センターの開院後、臼田に残る現在の佐久総合病院(本院:300床)を再構築します。佐久総合病院(本院)は従来の佐久総合病院の"地域ニーズに深くこたえる医療"を引継ぎ、内科、小児科、眼科、皮膚科、精神科などの診療はもとより、慢性疾患の指導・教育・学習や、リハビリテーション機能を備える、保健・福祉との連携拠点として再整備します。もちろん在宅医療や、診療所医療など、地域の中に入っていく医療にも引き続き力を入れていきます。
この分割再構築を通じ、スペシャリストが担う専門医療とジェネラリストが担う総合医療を切れ目なくつなぎ、日本の地域医療のモデルを創っていきたいと考えています。

高齢者がいつまでも元気でいられるよう予防医療と地域連携をさらに発展させていきます

らせんCTによる検診
らせんCTによる検診

「予防は医療にまさる」という考えのもと、病気の1次予防、2次予防に力をいれてきました。
今後ますますお年寄りの数が増加する中、お年寄りが元気に年をとっていけるような、たとえ病を得てもご家族と安心して暮らしていけるような地域にしていきたいと思います。
そのためにも、従来のやり方をそのまま続けていくのではなく、健康管理センターを中心に、もう1歩踏み込んだ予防活動を展開し、行政や福祉施設とも密に連携をとりながら、地域の実践を展開していきます。

地域のニーズに応えるスペシャリスト養成の仕組みづくり

内視鏡的粘膜切開・剥離手術
内視鏡的粘膜切開・剥離手術

新臨床研修制度ができる前からジェネラリストの養成に適した臨床研修プログラムを実施していたため、初期臨床研修医の研修は高いクオリティで提供できています。
後期研修に関しても全国の病院と比べ遜色ないクオリティで実施しております。
今後はスペシャリストの養成にさらに力を入れ、世界に通用するスペシャリストを養成できるよう研修体制を強化していきます。そのためには、大学医学部や国立のセンター病院、等と連携し、国内留学等の医師養成プログラムを積極的に実施していきます。

求める医師像

「病気で困っている人を助け・支えること、健康を守ること」が医療者の役割。
この基本的な姿勢を持つ医師であればどなたでも大歓迎です。
若月先生が言ったように「弱い者を支えるのが人間の義務」です。そして健康を守るのが医療者の役割と考えています。
そうした基本的な姿勢を前提に、院内には色々な考え方をもった医師がいたほうがいいと思います。色々な考えをもった医師が集まれば、当然葛藤も生まれますが、それはよい医療を実践するためには必要なことだと考えています。
討論と実践を通じ、日本の医療のモデルを一緒に創り上げていきましょう。

ページトップへ
当施設で働くメリット

1次から3次まで幅広い診療を体験でき、バランスの取れた医療の感覚が身につきます

当院は1次から3次医療まで担っていますので、ジェネラリストからスペシャリストまでどのような志向の医師でも活躍できるフィールドがあり、多様なキャリアプランに対応できます。
また、幅広い診療を体験することで、自然に患者さんを総合的に診る視点が養え、バランスのよい医療を展開できる素地が身に付きます。
例えば急性期に特化した病院の外科医は、自分が手術した患者さんの年余にわたるその後の経過を、直接診ることができません。これがつぶさにわかっているのとそうでないのとでは医師としての治療選択や振る舞いに影響がでると思います。その点、当院では患者さんの生活までわかった医師、あるいは長期予後がわかる医師として育っていくことができます。
ジェネラリストを志向する医師は、佐久総合病院(本院)で、外来・病棟の一般診療から1次・2次救急医療、在宅医療、診療所医療にも関わることができます。病院に勤務しながら地域の中へ入る医療も経験することができます。

よく働くコメディカルスタッフ

看護師や検査技師などコメディカルスタッフも「よい医療を提供したい」という思いを強くもっており、医師を支える考え方が根付いているので勤務しやすい環境です。
中途で入職された医師は一様に、コメディカルスタッフがとてもよく動いてくれるので非常に助かる、と言っており、フットワークの良いチーム医療が実践できています。
看護師やコメディカルスタッフ、事務職の帰属意識も高いので、医師にとっては力強い味方となっています。

育児中の女性医師にも配慮した勤務環境、ベビーシッター斡旋の相談にものります

佐久医療センター完成予想図
院内保育所「ガーコの家」

【時間短縮勤務】
子育て中の職員には、週30時間の時間短縮勤務で正規雇用とする仕組みがあります。主に看護師が利用していますが、これまでに2名の女性医師がこの仕組みを利用しています。

【院内保育所】
院内保育にも積極的に取り組んでおり、0歳児から預けることができます。24時間保育も行っており、今後は病児保育の体制も考えていきます。
また、女性医師からはベビーシッターを希望する声がありますので、希望する女性医師にはベビーシッターを斡旋する仕組みを検討しています。これは是非実現させていきます。

ページトップへ
施設概要

病院特長

ドクターヘリ
ドクターヘリ

訪問診療
訪問診療

当院は昭和19年1月、産業組合(現在の農協の前身)の病院として発足しました。当時南佐久郡23カ町村のうち13カ村は無医村でした。以来農村地域の医療を守る活動を続ける中で一貫して「地域住民の要望」に沿った仕事をしようと心がけてきました。
当院の役割は単なる病院としてだけではなく、保健・医療・福祉が一体化した医療複合体としての役割を地域の中で果たしていくことだと考えています。
勤務する医師にとっては、1次から3次医療まで取り扱っているため、幅広い診療経験ができることと、幅広く多彩な医師が勤務していることが特長です。
現在進めている病院の分割再構築は、専門分化と統合・総合がキーワードです。佐久医療センターでは長野県東信地域の基幹病院として、東信地域に求められる高度医療を担い、佐久総合病院(本院)では地域の医療ニーズに深くこたえる病院の伝統を受け継ぎ、病院の一般診療に加え、在宅医療、診療所医療も行っていきます。
当院の在宅医療は「地域ケア科」という他の病院にはない診療科が担っており、在宅登録されている患者さんが約250名。年間3,800件程度の訪問診療を医師が行っています。訪問看護は年間34,000件にも及びます。800床規模の病院では他にはない体制ですので、地域の中に入っていく医療を総合病院でやりたいという医師のニーズにもこたえられます。
へき地医療については中山間地の診療所医療を担っており、当院から南佐久の診療所に医師を派遣しています。診療所に赴任している医師も週に1度は病院へ戻って診療や研修をしたり、気軽に他の医師に相談できる体制があります。現在、病院と診療所とをコンピューターネットワークで結ぶシステム作りを続けており、完成すると専門医へのコンサルテーションが容易になり、また病院にいても診療所でフォローされている患者さんの様子がわかるようになるため、診療所医療も病院医療もやり易くなり、患者さんにも有益と考えています。

現在常勤医師は202名いますが、その内32名が中途採用の医師です。また、40名が女性医師です。学閥はなく、診療科の垣根も非常に低いので、患者さんを中心に、診療科を越えたコンサルテーションが容易にできる環境があります。

病院概要

佐久総合病院
所在地 〒384-0393 長野県佐久市臼田197番地
施設開設者 JA長野厚生連 代表理事理事長 盛岡 正博
院長 伊澤 敏
診療時間 8:30~17:00
病床数 821床(一般:600床+ICU20床、精神:112床、感染症:4、人間ドッグ:45床、回復期リハ:40床)
診療科目 脳神経外科、神経内科、眼科、耳鼻咽喉科、心療内科、脳ドッグ、精神神経科、歯科口腔外科、禁煙外来、整形外科、皮膚科、形成外科、腎・膠原病・リウマチ・高血圧、リハビリテーション科、内科、外科、産婦人科、胃腸科、心臓血管外科、循環器内科、消化器内科、血液・化学療法、泌尿器科、代謝・内分泌・糖尿病教室、小児科、アレルギー科、麻酔科、救命救急センター、放射線科(診断部門)、放射線科(治療部門)、臨床病理部、総合診療科、セカンドオピニオン、CT/MRI検査室、核医学検査室(RI検査室)、輸血療法室
入院数 712.0人/日
病院外来数 1747.0人/日
勤務医数 202名
医療従事者数 1,767名(内 助産師・保健師・看護師880名、薬剤師36名、診療放射線技師38名、臨床検査技師76名、理学療法士41名、作業療法士30名、言語聴覚士8名)
一般病棟入院基本料 7:1
研究施設 【関連施設】
佐久総合病院看護専門学校、財団法人日本農村医学研究所、長野県医学研究所、訪問看護ステーションうすだ、訪問看護ステーションやちほ、訪問看護ステーションのざわ、訪問看護ステーションあさしな、訪問看護ステーションこうみ、宅老所「やちほの家」、のざわ居宅介護支援事業所、臼田地域包括支援センター、佐久総合病院ケアプランセンター
病院機能評価 ver.6.0 (2010年取得)
施設認定 日本内科学会、日本外科学会、日本整形外科学会、日本脳神経外科学会、日本眼科学会、日本肝臓学会、日本消化器外科学会、日本形成外科学会、日本病理学会、日本小児科学会、日本救急医学会、日本産婦人科学会、日本皮膚科学会、日本循環器学会、日本麻酔科学会、日本血液学会、日本消化器内視鏡学会、日本泌尿器科学会、日本腎臓学会、日本透析学会、日本消化器病学会、日本ペインクリニック学会、日本心臓血管外科学会、日本心臓血管麻酔学会、日本脳卒中学会、日本超音波医学会、日本リハビリテーション学会、日本緩和医療学会、日本耳鼻咽喉科学会、日本呼吸器学会、日本乳癌学会、日本精神神経学会
地域連携 【地域医療ネットワーク】
佐久医療センター、佐久老人保健施設、小海分院、小海診療所、南牧村診療所、野辺山へき地診療所、国保川上村診療所、南相木村国保診療所、北相木村へき地診療所、特別養護老人ホームのべやま、知的障がい者通所授産施設「はぁーと工房ポッポ」、訪問看護ステーションあさしな、訪問看護ステーションうすだ、佐久総合病院ケアプランセンター、訪問看護ステーションやちほ、佐久穂町地域包括支援センター、宅老所「やちほの家」、老人保健施設こうみ、訪問看護ステーションのざわ、のざわ居宅介護支援事業所、佐久老人保健施設、臼田地域包括支援センター、訪問看護ステーションこうみ

病院沿革

昭和19年 1月 病院開設
昭和20年 3月 若月俊一が外科医長として赴任
12月 出張診療活動を始める
昭和22年 5月 第1回衛生展覧会「病院祭」を開催
10月 戦後、全国初の病院給食を行う
昭和25年 カリエス手術に取り組む
昭和29年 4月 健康管理部を新設、保健予防活動にさらに力を入れる
9月 小海町診療所開設
昭和34年 6月 八千穂村全村健康管理始まる
昭和36年 8月 第1回農村医学夏季大学講座開講
昭和38年 1月 日本農村医学研究所設立
昭和43年 7月 臨床研修指定病院に指定される
昭和44年 10月 第4回国際農村医学会議開催(於臼田町)
昭和48年 10月 長野県厚生連健康管理センター併設
全県下にわたる「集団健康スクリーニング」開始
昭和52年11月 農村保健研修センター設立、教育研修事業始まる
昭和58年 3月 がん診療センター完成
10月 救命救急センター(ICU)完成
昭和62年 4月 佐久総合病院老人保健施設開所(全国7モデルの一つ)
平成 6年 4月 地域災害拠点病院に指定される
5月 県内初の日帰り手術センター設立
9月 療養型病床群(完全型)開設
10月 地域医療部を新設し、「地域ケア科」を確立
平成13年 4月 佐久総合病院美里分院、老健こうみ開設
平成15年 4月 小海赤十字病院の後医療を受け、小海分院開設
平成17年 7月 新小海分院完成
7月 信州ドクターヘリ運航開始
平成18年 4月 DPC導入
8月 外来化学療法の療養環境改善のために通院治療センターが新設
平成19年 6月 7対1看護基準を実施
平成20年 4月 働きやすい病院づくりの一環として院内保育所で「病児病後児保育」と「24時間保育」を開始。
「育児のための短時間勤務制度」も整備。
平成21年11月 (財)日本医療機能評価機構による病院機能評価ver.6を受審
平成26年3月 佐久医療センター(450床)開院
ページトップへ
経営者経歴

院長 伊澤 敏(いざわ さとし) 経歴

【経歴】

昭和29年 長野県生まれ
昭和53年 国立東京教育大学農学部卒業
昭和61年 国立岐阜大学医学部卒業
同年 5月 佐久総合病院に研修医として入局
平成元年 大分県下郷診療所医長として出向
平成 2年 九州大学心療内科にて研修
平成 3年 佐久総合病院心療内科勤務
平成 6年 1月 内科医長
平成 8年 4月 精神神経科医長
平成 9年 9月 心療内科医長
平成11年 4月 副診療部長
平成12年 4月 診療部長
平成20年 4月 副院長
平成22年 4月 院長

【専門分野】 精神医療、心身医療
【取得資格】 精神保健指定医
【所属学会】 日本農村医学会、医療の質・安全学会、日本心身医学会、総合病院精神医学会、日本ブリーフセラピー学会

伊澤 敏 院長
佐久総合病院
伊澤 敏 院長

伊澤 敏 院長からのメッセージ

当院が現在目指している「病院完結型医療体制」から「地域完結型医療体制」への分割再構築は国からも注目されており、日本の地域医療のモデルとなっていきたい、なっていかなくてはいけない、という役割使命を帯びています。この分割再構築を成功させ、世界に通用する医療の形をつくりあげていく、という責任感と使命感をもって取り組んでいます。 ただ、それを実現させるためにはマンパワーが不可欠です。
当院ではジェネラリストからスペシャリストまで多様な考え方をもつ医師を必要としていますし、それぞれのステージにあった活躍の場を提供することができます。
日本の地域医療のモデルとなるような病院を一緒につくっていってくれる先生にぜひお越しいただきたいと思います。

ページトップへ
エリア情報

大きな地図で見る

県外からのアクセス
■長野新幹線で「東京」駅から「佐久平駅」まで約80分
長野新幹線「佐久平駅」から自動車で 約20分
■上信越自動車道・佐久ICから自動車で 約25分
■池袋から高速バスで佐久平まで利用可能。
 
教育環境
進学校としては、公立では長野県野沢北高等学校、私立では佐久長聖中学・高等学校があります。
佐久は新幹線が開通しておりますので、都心部の学校へ通学することも可能です。
 
最寄り駅からのアクセス
■JR小海線「臼田駅」から徒歩で 約15分。
■臼田駅-病院間には送迎バスが運行されており、ご利用いただけます。
高速バスは「臼田~長野線」と「佐久~池袋線」がご利用いただけます。
いずれも佐久病院構内バス停が始発あるいは終着駅となっています。
近在のバス路線も構内のバス停からご利用いただけます。
 
生活・暮らし
世界的リゾート地である軽井沢が近く、佐久平駅周辺には、大型商業施設が集まっているので都市の利便性が高い街です。
反面、車を数十分走らせれば、自然豊かな田舎の風景が残る癒しの土地が広がっており風光明媚な景色を堪能できます。
歴史的な名所・史跡も多く、周囲は国定公園に囲まれたダイナミックな自然を満喫することができます。
 
ショッピング
佐久平には「イオンモール」や「ショッピングセンター佐久インターウェーブ」などがあります。
都心へのアクセスも良好なので、必要なものを都心へ買いに行くことも十分に可能です。
 
スポーツ
自然豊かな佐久市では、アウトドアスポーツが盛んです。佐久市が発祥のポールウォーキングが楽しめる、森林セラピーロードが整備された二つの森や上信越道路サービスエリア直結のスキー場もあります。
そしてなんといっても、ゴルフ好きな先生にお勧めです。
どのゴルフ場にも共通していますが、周囲の山々を望む景観美は申し分なく、ゴルフの楽しさを満喫できるシチュエーションが整っています。夏季の高原リゾートでのゴルフは、涼しく気候も最良です。
ページトップへ

このインタビューに関するお問い合わせ

  • オーダーメイド転職
  • 医師のサポートをするコンサルタント紹介
  • 産業医 求人特集
  • 製薬会社 求人特集
クローズアップ求人 一覧
特集
  • 医の道をしまねで歩む 島根の医療特集
  • 失敗しないための医師転職ガイドライン
  • 転職のいろは
  • あなたの道はどっちだ?!市中病院?医局?!
  • 海外の医療情報を集めました 海外医療トピックス
  • 全国の医師に聞きました ドクターあるあるアンケート
  • おもしろ医療関連トピックス
  • 国境を越えて医療を届ける 社会貢献ジャーナル
  • 地域医療活性化プロジェクト でくらす
  • 「DtoD」デジタルブック
  • DtoD公式Facebookページ
  • 【国内】学会カレンダー ―旅行手配可能(見積り無料)―
  • 【k海外】学会カレンダー ―旅行手配可能(見積り無料)、ツアーあり―