1. 医師求人のDtoDコンシェルジュ
  2. 常勤(転職)の求人一覧

求人サーチ

すべての条件をクリア
選択されていません
選択されていません

東京都 常勤の医師求人一覧

東京都の人口10万人あたりの医療施設数は病院4.9、一般診療所は95.9です。小規模な診療所やクリニックが多く、他地域に比べて大病院・中核病院への一極依存度が低いという地域性が見受けられます。現員医師数は20,161人、必要求人医師数は976人で、倍率は全国平均の1.11を下回る1.05です。近年は多摩地区や島しょ部で医療体制を整備する動きが活発で、常勤・非常勤ともに転職者の受け入れ体制が拡充されています。

並び替え
新着順
給与順
標準
オススメ
438件の求人が見つかりました(1件から20件までを表示)
表示件数
2016年11月25日更新
300139447

訪問診療・緩和ケア・回復期リハで急募!週4日勤務も可

勤務地 東京都江戸川区 医療機関区分 一般+療養
交通アクセス 都営新宿線篠崎駅徒歩20分
バス:京成バス「瑞江駅行き」「江戸川スポーツランド行き」「一之江駅行き」内沼バス停下車徒歩4分
勤務内容 病棟、在宅
募集科目 内科系、一般外科、脳神経外科、整形外科 給与(年収) 1500万円 ~ 応相談
こだわり条件
  • 当直なし
  • 週4日以下
  • 連続休暇
  • 育児支援
2016年11月24日更新
300155112

【東京都 精神科 クリニック】院長募集

勤務地 東京都町田市原町田3−2−2 第2タストンビル3F 医療機関区分 クリニック
交通アクセス JR町田駅ターミナル口より徒歩3分 勤務内容 外来
募集科目 精神科 給与(年収) 1900万円 ~ 応相談
こだわり条件
  • 資格取得
  • 開業支援
  • 外来のみ
  • 当直なし
  • 高額給与
  • 院長クラス
2016年09月30日更新
300164873

開業前準備としての勤務も可能 桐和会グループの各クリニックからの求人依頼です♪

勤務地 東京都江戸川区ほか葛飾区、江東区、中央区、府中市に所在 医療機関区分 クリニック
交通アクセス 都営新宿線「篠崎」駅下車 徒歩1分(篠崎駅前クリニック) ※他のクリニックの所在地は下記PRポイント欄「医療機関先」参照 勤務内容 外来、検査、在宅
募集科目 内科系、一般外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、脳神経外科、整形外科、小児科、精神科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、皮膚科、放射線科、救命救急科 給与(年収) 1500万円 ~ 2400万円
こだわり条件
  • 外来のみ
  • 当直なし
  • 院長クラス
2016年09月21日更新
300135758

【東京都新宿区】一般内科・リハビリ・透析管理 新宿駅より1駅 中野駅徒歩7分 女医支援制度あり

勤務地 東京都  医療機関区分 一般+療養
交通アクセス JR中央線中野駅徒歩5分 勤務内容 外来、病棟、在宅、透析
募集科目 一般内科、腎臓内科、泌尿器科、リハビリテーション科 給与(年収) 1000万円 ~ 1500万円 応相談
こだわり条件
  • 育児支援
2016年09月21日更新
300146340

【23区 内科 クリニック】新規立ち上げ予定の内科クリニックでの内科外来医を募集。

勤務地 東京都23区内 医療機関区分 一般
交通アクセス   勤務内容 外来
募集科目 一般内科 給与(年収) 1500万円 ~
こだわり条件
  • 外来のみ
  • 当直なし
2016年09月21日更新
300154361

【東京都豊島区】内科系

勤務地 東京都豊島区 医療機関区分 一般
交通アクセス 最寄駅より徒歩3分 勤務内容 外来、病棟、在宅
募集科目 一般内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、総合診療科 給与(年収) 1500万円 ~ 応相談
2016年07月29日更新
300157964

【東京都23区/クリニック(在宅)/内科系】患者視点と医療者視点の両立へむけて首都圏7ヶ所でクリニックを展開。先生方の目指す医療をサポートします!

勤務地 東京都世田谷区 医療機関区分 クリニック
交通アクセス 東急田園都市線用賀下車から徒歩1分
勤務内容 在宅
募集科目 内科系 給与(年収) 1400万円 ~ 1700万円 応相談
2016年05月13日更新
300150242

23区 精神科・心療内科   2000万・当直なしの勤務も可 週4日から勤務可能

勤務地 東京都江東区 医療機関区分 一般
交通アクセス 最寄駅徒歩圏 勤務内容 外来、病棟、救急
募集科目 心療内科、精神科 給与(年収) 1200万円 ~ 2000万円 応相談
こだわり条件
  • 当直なし
  • 週4日以下
  • 高額給与
  • 後期研修
2016年12月09日更新
300172724
【東京都 クリニック】
勤務地 東京都中央区 医療機関区分 クリニック
交通アクセス 地下鉄都営大江戸線 最寄駅より徒歩圏内 勤務内容 外来
募集科目 小児科 給与(年収) 1280万円 ~ 1600万円
こだわり条件
  • 開業支援
  • 週4日以下
  • インセンティブ
  • 院長クラス
2016年12月09日更新
300172722
【東京都 クリニック】
勤務地 東京都新宿区 医療機関区分 クリニック
交通アクセス 東京メトロ丸ノ内線 最寄駅より徒歩約7分 勤務内容 外来
募集科目 小児科 給与(年収) 1280万円 ~ 1600万円
こだわり条件
  • 開業支援
  • 週4日以下
  • インセンティブ
2016年12月09日更新
300169771
【東京都 北区】一般+療養
勤務地 東京都北区 医療機関区分 一般+療養
交通アクセス JR線最寄駅よりバス7分 勤務内容 外来、病棟
募集科目 一般内科、神経内科 給与(年収) 1500万円 ~ 応相談
こだわり条件
  • 当直なし
  • 育児支援
2016年12月09日更新
300161461
東京都 一般+療養 病院
勤務地 東京都北区 医療機関区分 一般+療養
交通アクセス JR線最寄駅よりバス7分 勤務内容 外来、病棟
募集科目 整形外科 給与(年収) 1500万円 ~ 応相談
こだわり条件
  • 当直なし
2016年12月09日更新
300148728
【東京都 一般】
勤務地 東京都世田谷区 医療機関区分 一般
交通アクセス 京王線最寄駅より徒歩10分 勤務内容 外来、病棟、検査
募集科目 泌尿器科 給与(年収) 1000万円 ~ 応相談
こだわり条件
  • 育児支援
2016年12月09日更新
300168701
【東京都 一般】
勤務地 東京都世田谷区 医療機関区分 一般
交通アクセス 京王線最寄駅より徒歩10分 勤務内容 外来、病棟、救急、手術
募集科目 一般外科、脳神経外科、整形外科、救命救急科 給与(年収) 1000万円 ~ 応相談
こだわり条件
  • 育児支援
2016年12月09日更新
300172655
【東京都】都心から30分/整形外科Dr募集
勤務地 東京都小平市 医療機関区分 一般
交通アクセス 西武多摩湖線最寄駅より徒歩7分 勤務内容 外来、病棟、手術
募集科目 整形外科 給与(年収) 1200万円 ~ 1700万円 応相談
こだわり条件
  • 当直なし
2016年12月09日更新
300170548
【東京都 クリニック】
勤務地 東京都東京都日野市 医療機関区分 クリニック
交通アクセス JR中央線最寄駅徒歩圏 勤務内容 外来
募集科目 小児科 給与(年収) 1600万円 ~ 1800万円 応相談
こだわり条件
  • 外来のみ
  • 当直なし
2016年12月09日更新
300167521
東京都/ご経験により1800万以上も可能
勤務地 東京都西東京市 医療機関区分 一般
交通アクセス 西武新宿線最寄駅より徒歩5分 勤務内容 外来、病棟、救急
募集科目 一般内科 給与(年収) 1500万円 ~ 応相談
こだわり条件
  • 育児支援
2016年12月09日更新
300154648
東京都/都心から30分/ご経験により2000万以上も可能
勤務地 東京都西東京市 医療機関区分 一般
交通アクセス 最寄駅徒歩5分 勤務内容 麻酔
募集科目 麻酔科 給与(年収) 1300万円 ~ 1800万円 応相談
こだわり条件
  • 当直なし
  • 週4日以下
  • 高額給与
2016年12月08日更新
300163355
【東京都 療養】
勤務地 東京都板橋区 医療機関区分 療養
交通アクセス 都営三田線最寄駅徒歩圏 勤務内容 外来、病棟
募集科目 一般内科、神経内科、脳神経外科、リハビリテーション科 給与(年収) 1300万円 ~ 2200万円 応相談
こだわり条件
  • 当直なし
  • 週4日以下
  • 高額給与
2016年12月08日更新
300172534
【東京都 クリニック】
勤務地 東京都小金井市 医療機関区分 クリニック
交通アクセス JR中央線最寄駅徒歩圏
勤務内容 外来、検査、健診、在宅
募集科目 一般内科、消化器内科 給与(年収) 1600万円 ~ 2000万円 応相談
こだわり条件
  • 週4日以下
  • 高額給与
並び替え
新着順
給与順
標準
オススメ
438件の求人が見つかりました(1件から20件までを表示)
表示件数
あらゆる機能が集中する首都には多種多様な求人が集まる
関東地方に属する東京都は、交通網が発達していて各方面へのアクセスに便利です。
東京都の病院/診療所数は、厚生労働省の「都道府県-指定都市-中核市別にみた医療施設数-病床数」によれば、病院が648、一般診療所が12,572となっています。人口10万人当たりの医療施設数に換算すると、病院が5.0という数値で、全国平均である6.9を下回っています。ただし、一般診療所は人口10万人当たり97.9で全国平均の77.6を大きく上回っています。
東京都では、医療機関が多く医師求人も豊富にあるので、それぞれの働き方に合った職場を探すことができるでしょう。東京都には、日本の首都としてのあらゆる機能が集中しています。都内には約650の病院があり、23区内で大学病院が28施設、市郡部内で5施設あります。それらの大学病院には、病床数が1,000を超える東京大学病院、東京慈恵会医科大学病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院などがあり、他にも、病床数が500を超える大規模な病院から中小規模の病院まで、幅広くあります。

大学病院や国立病院などの大規模な病院では、医療環境・水準ともに高く、待遇も良いため、働きやすい環境だといえます。経験を活かして医療の最前線で活躍したい方や、キャリアアップ・スキルアップを目指したい方におすすめです。

一方、東京都の一般診療所数は約12,600施設と、こちらも豊富です。幅広い診療科目の求人の中から、自分に合った職場を選ぶことが可能です。常勤だけでなく、アルバイト募集も多いため、ライフスタイルに合わせた働き方ができるのも魅力です。

なお、平成22年の厚生労働省「病院等における必要医師数実態調査」によれば、東京都の現員医師数は20,161.1人、必要求人医師数は976.1人となっており、倍率は全国平均である1.11を下回る1.05です。
医師が不足している多摩地区や島しょ部などでも、医療体制を整備する動きが活発になっているので、地域医療に貢献したい方にはチャンスです。
東京23区別 エリア情報
江戸川区
東京都の最も東に位置する江戸川区。千葉県に接しており、東に江戸川、西に荒川と中川が流れています。区は南北に細長い地形をしていますが、北部と南部に分けると街の異なった表情が見えてきます。北部は住宅が密集しているエリアです。南部は大観覧車で人気の葛西臨海公園がある他、すぐ東側の浦安市には東京ディズニーリゾートがあるなど、行楽スポットがそろいます。また、江戸川区は若い活気にあふれていることも特徴。区民の平均年齢は23区一の若さです。平均年齢を押し下げているのは、子供が多いことが関係しています。0~12歳の人口比率は約9%と非常に高水準(2位の練馬区で7.8%)です。公園が多く(公園の面積も23区第一位)、緑にも恵まれているので、子育て世代からの評価も高まっています。下町情緒を感じられる場所も多く、江戸風鈴、江戸扇子などの伝統工芸品は区の名産品です。

葛飾区
東京都の東部に位置し、北は埼玉県、東は千葉県に接している葛飾区。「川の流れる街」として有名で、区内には中川、江戸川、荒川が流れています。また、葛飾区といえば、松竹映画の『男はつらいよ』シリーズや、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の舞台としても有名です。柴又にはフーテンの寅さん、亀有には両津勘吉の銅像が建っており、国内外から観光客を集めています。2つの作品は下町情緒を感じさせることが共通点ですが、葛飾区は近代的なビルや商業施設もありながら、街のそこかしこに古くからのスポットが残るエリアです。商店街に行けば元気のよい声が飛び交い、食料品だけでなく、おもちゃや文具など生活に密着した名産品が売られています。人々のあたたかな温もりを感じられる下町として多くの人に親しまれています。

足立区
東京23区の最北端に位置する足立区。北は埼玉県に接しており、公園が多く、四方を川に囲まれている自然豊かなエリアです。その地形を生かした農業が盛んで、キクやチューリップ、コマツナやホウレンソウといった農作物は区の名産品になっています。近年、足立区にはつくばエクスプレスや日暮里・舎人ライナーなど新しい交通システムが整備されたことで、生活の利便性が向上しています。これにより、区の中心駅である北千住駅では5路線が利用できるようになり、ルミネやマルイなどの大型商業施設もあるなど、さらに人気を集めています。また、足立区は現在「ビューティフル・ウィンドウズ運動」という環境整備施策を進めており、大学の誘致、繁華街・商店街の美化など、活気と快適さが両立する優れた住環境の提供に努めています。

荒川区
東京都の北東部に位置する荒川区。荒川区の面積は23区中21位と小さく、人口も決して多いわけではありませんが、暮らしに便利な施設や観光スポットがコンパクトに集積した暮らしやすいエリアです。区内には地下鉄の東京メトロ千代田線・日比谷線が通っている他、成田スカイアクセス、日暮里・舎人ライナーなどが縦横に走っています。また、路面電車の都電荒川線も走っており、街並みをゆっくりと眺めながら移動することもできます。かつて工業地帯だったことから、住・商・工が混在する街並みであることも魅力。人気エリアは再開発の進む日暮里や西日暮里、南千住などですが、下町情緒を感じられるスポットも多いです。ちなみに、人口1万人あたりの病院や薬局数では23区中上位にランクインし、ライフラインも整備されています。幅広い世代が暮らしやすいエリアと言えるでしょう。

墨田区
東京都の北東部に位置する墨田区。区内を隅田川、北十間川、堅川、荒川など多くの川が流れています。古くから両国国技館の大相撲や隅田川の花火大会など観光資源が多いエリアでしたが、2012年5月に開業した東京スカイツリーによって、東京で最もホットな国際的観光エリアとなりました。中でも「東京ソラマチ」は24時間営業のスーパーに加えて有名ブランドショップや飲食店が充実し、生活に便利で大人から子どもまで楽しめるスポットです。また、墨田区は「下町」という顔もあり、古くからの街並みが残ります。錦糸町、押上、曳舟、両国などの人気エリアには歴史のある商店街などが点在しており、色濃く残る江戸情緒も楽しめるでしょう。なお、墨田区には「モノづくりの街」という側面もあり、製造業の事業所数は大田区に次ぐ第2位。東京の製造業を支えています。

江東区
東京23区の東部に位置する江東区。江東区の「江」は川を意味し、区内に水辺が多いことが特徴です。東は荒川、西は隅田川があり、南には東京湾が広がります。豊かな自然を利用した公園や児童遊園、河川沿いの散歩道などもあり、区民の癒しのスポットとなっています。区の代表的な産業も河川や海を利用した運輸業です。水運業に加えて、道路貨物運送業も多く、東京の物流の拠点として機能しています。江東区は1998年以降、人口増加が続いているエリアでもあり、2008年は23区中第2位の増加率を記録しました。高層マンションが立ち並ぶようになり、大型商業施設も次々と立地されています。人気エリアは豊洲や住吉などで、観光スポットは学問の神様が鎮座する亀戸天神や、「江戸最大の八幡さま」「深川の八幡さま」として親しまれる富岡八幡宮などがあります。

台東区
東京23区の中央部よりやや東部に位置する台東区。面積は10.08平方kmと23区中最小ですが、区内には隅田川と神田川が流れており、水辺に恵まれた街です。台東区の平均年齢は比較的高く、「大人の街」という雰囲気が漂います。上野には東京国立博物館、国立西洋美術館、国立科学博物館など文化施設が集中しており、東京芸術大学もあるなど文化資源に恵まれている知的なエリアです。一方、浅草は下町情緒を感じられる庶民的な街として知られており、大衆芸能のメッカでもあります。隅田川花火大会、三社祭、浅草サンバカーニバルなど、イベントも目白押しで国内外から観光客が集まります。また、台東区は「コンパクトシティ」の模範となるような都市です。歩ける範囲に小売店や公共施設、医療機関などが高密度に充実しており、高齢になっても安心して暮らせるでしょう。

千代田区
東京23区のほぼ中央に位置する千代田区。区の中央部には皇居があり、南部には国会議事堂をはじめ、衆参両院会館、各省庁のビル、各国の大使館、最高裁判所など行政・司法・立法を担う施設が集中することから「日本のへそ」とも呼ばれています。加えて、丸の内・大手町エリアにはビジネス街が広がり、秋葉原は電気・オタク文化のメッカとなっているなど、個性の強いエリアがそろいます。千代田区は日本中から人が集まりますが、人口は23区でも最小です。昼間人口と夜間人口の差は20倍以上もあり、人が住んでいる場所もかなり偏在しています。もっとも世帯数が多いのは外神田です。次いで、富士見や神田神保町、一番町などが続きます。中でも神田神保町は、「本の街」として知られていますが、飲食店も集中しているので、外食には困らないでしょう。

中央区
東京23区のほぼ中央に位置する中央区。台東区に次いで2番目に小さな区ですが、経済・商業の一大中心地です。「日本のウォール街」と言われる兜町、日本有数の問屋街である日本橋、世界最大の卸売市場である築地、東京屈指の高級商店街に数えられる銀座などを有しています。また、もんじゃストリートのある月島や下町情緒あふれる人形町など、個性の異なる街をそろえることも魅力。日本の道路の始点となった日本橋をはじめ、電車やバスなど交通インフラも大変充実しており、行政機関や公共施設といった生活利便施設もコンパクトに集積しています。若者から高齢者に至るまで人気の街で、2005年から2010年にかけての人口増加率は23区中トップになりました。高層マンションをはじめとする住宅施設も次々と立地されており、現在約13万人が中央区に暮らしています。

港区
東京23区の西部に位置する港区。西北部は高台のある地形で、東部は東京湾に面しており、起伏に富んでいるエリアです。「セレブな街」としても知られています。もともと江戸時代の頃から大名屋敷や旗本屋敷が立ち並ぶ屋敷地でしたが、現在は高級住宅街が集積する街に変貌を遂げ、お金持ちが日本でもっとも集まる街だといえます。区民の平均所得は1,000万円を超えており、1人当たりの課税対象所得額は全国で第一位です。有名なエリアは「シロガネーゼ」と呼ばれる白金をはじめ、麻布、青山、赤坂、六本木など。大型のショッピングセンターや商店街はもちろんのこと、テレビ局も集まり、街は常に活気にみちています。港区には78カ国の大使館があることから、国際色豊かであることも特徴。日本人だけでなく、海外のセレブリティとの交流も大きな魅力となっています。

品川区
東京23区の南部に位置している品川区。区の東部は東京湾に面しています。品川区は江戸時代「品川宿」として東海道一の宿場町でした。現在の品川区も東京の交通の要衝として機能しています。区内にはJR山手線の他、東急目黒線や東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線などが利用できる目黒駅がありますし、隣の港区には東海道新幹線の停車駅である品川駅もあります。近年国際線発着便も増えた羽田空港へのアクセスもよく、学会や研修など海外・遠方への出張の多い方には交通の利便性という大きなメリットがあります。また、品川区はエリアによって街の個性が大きく異なることも特徴。御殿山や池田山周辺は高級住宅街ですし、東京湾周辺には大工場が立地しています。大崎駅周辺は再開発によって、オフィスやホテル、マンションが立ち並ぶようになり街の景観も美しく生まれ変わりました。

大田区
東京23区の南東部に位置し、東は東京湾に接している大田区。23区中最大の面積を誇り、人口も第3位と規模の大きな区です。そんな大田区は「高級住宅街」と「工場の街」という2つの顔を持っていることが特徴。高級住宅街としての大田区を代表するのは田園調布です。田園調布は東京有数の高級住宅地であり、政治家や芸能人、経営者など、著名人や財界人が住んでいます。一方、蒲田は町工場が多いエリアです。とくに、金属および機械関連産業の工場が多く、東京のモノづくりを支えています。ただし、近年は再開発によって近代的な建物も多く立地され、街の雰囲気も少しずつ変わってきました。この2つの街の他にも大森貝塚遺跡で有名な大森、東京工業大学がある大岡山、「馬込文士村」と呼ばれ文化人に愛された西馬込など個性豊かなエリアがそろっています。

目黒区
東京23区の南西部に位置する目黒区。区内には5つの河川(目黒川、蛇崩川、立会川、呑川、九品仏川)が流れています。とくに目黒川は散歩道が整備されており、区民の憩いのスポットです。春は川沿いに咲く800本の桜が楽しめます。区内にはアフリカ系の大使館が多く国際色豊かなエリアですが、都会的で洗練されたエリアが多いことも特徴。代表的な街は自由が丘です。オシャレなカフェやレストランがそろい、ファッションをはじめとする流行の発信地として、女性の憧れの的となっています。さらに、目黒区周辺は東京大学や東京工業大学(大田区)という2つの国立大学がある文教地区でもあります。住宅地として人気なのは駒場や青葉台、八雲など。いずれも閑静な住宅街が広がるエリアで、衛生・安全・交通インフラなどが充実しており、生活利便施設も多いので暮らしやすいでしょう。

渋谷区
東京23区のほぼ中央部に位置する渋谷区。「都心5区(渋谷、千代田区、中央区、港区、新宿区)」の一つに数えられる東京の中心地です。渋谷区の中心地にあるビッグターミナルの渋谷駅は、乗降客数で世界第2位を誇り、区民や都民だけでなく様々な人の生活を支えています。存在感の大きい渋谷区ですが、面積はそこまで大きいわけではなく23区中第15位です。しかし、区内には全国的に有名なスポットが密集しており、文化・商業・エンターテイメントの中心地でもあります。オシャレの発信地である渋谷や原宿をはじめ、高級感のある落ち着いた雰囲気が漂う代官山、代々木公園のある代々木、緑が多く閑静な住宅街が広がる広尾など、多彩な観光スポットがそろいます。渋谷は「若者の街」でもありますから、単独世帯(一人暮らし)が多いですが、ファミリー世帯や高齢者からも人気の高いエリアです。

新宿区
東京23区のほぼ中央部に位置する新宿区。渋谷や池袋と共に「3大副都心」を形成しています。中心地の新宿駅は10以上の路線が乗り入れ、世界第1位の乗降客数を誇るビッグターミナルです。1日当たり350万人以上が新宿駅を利用していると言われ、まさに首都圏の交通の要衝となっています。また、新宿駅周辺には東京都庁舎や大企業の本社があることから、政治・経済の中心地でもあります。さらに、新宿駅から歩いていける距離には歌舞伎町や新宿御苑などもあり、魅力的な観光スポットが非常に多いエリアです。他の地域に目を向けると、文豪ゆかりの地が多くある若松河田がありますし、教育施設が多く学生が集まることで有名な早稲田はアカデミックな雰囲気が漂います。グルメが好きな方は割烹や郷土料理屋、バーなど飲食店が軒を連ねる四谷三丁目などを訪ねてみるのも面白いかもしれません。

文京区
東京23区のほぼ中央部に位置し、6つの区(千代田区、荒川区、台東区、新宿区、豊島区、北区)に面している文京区。武蔵野台地の東部にあたり、起伏に富んだ地形をしていることが特徴です。自然がとても豊かで、季節ごとに開催される「文京区花の五大まつり」は、アジサイ・キク・ウメ・サクラ・つつじなどが楽しめ、多くの観光客で賑わっています。ちなみに、文京区は「文教地区」としての側面を持ち、江戸時代の頃より「学問の府」として東京の学問を担ってきました。現在も、東京大学のキャンパスが本郷にある他、様々な教育施設がそろっています。とくに私立学校が充実しており、私立の中学校と高等学校数は23区中第2位です。大学進学率(男子)はトップに立ちます。また、「メディカルタウン」として大学病院をはじめとする医療機関もこの一帯に集中しています。

豊島区
東京23区の西北部に位置する豊島区。中心地といえば、やはり池袋が有名です。合計8路線が乗り入れるビッグターミナルの池袋駅を有しており、一日の乗降客数は世界第3位を誇ります。駅周辺はショッピングモールや百貨店、各種ショップ、飲食店などが集積した一大繁華街となっています。他のエリアに目を向けると、「おばあちゃんの原宿」として親しまれる巣鴨がある一方で、セレブに愛される高級住宅街の目白があるなど、豊島区はエリアによって様々な表情を見せることも特徴。また椎名町には、手塚治虫や赤塚不二夫、石ノ森章太郎など漫画界の巨匠を多数輩出した「トキワ荘」があり、ここは今でも漫画ファンが訪れる聖地となっています。さらに文教地区としての一面もあり、立教大学をはじめ、学習院大学、東京音楽大学など著名な大学も多く、若者のエネルギーを感じられる街です。

北区
その名の通り、東京23区の北部に位置している北区。北は埼玉県に、東は足立区に接しており、南から北にかけてなだらかに低くなっていく地形をしています。区内には山手線、京浜東北線、埼京線など、JR線が縦横に走っており、交通の利便性が感じられるエリアです。北区は江戸時代から行楽地として有名でしたが、飛鳥山の桜や荒川の水辺は今も残されており、観光スポットとなっています。人気エリアは赤羽や東十条、王子など。赤羽はJR5路線が利用できるアクセスの良さが魅力で、商業施設や飲食店も集結しています。東十条は下町情緒を感じられる街。200店舗が集結した大きな商店街もあります。王子は荒川、隅田川、新河岸川など川に囲まれた街です。緑も豊かで飛鳥山公園もここにあります。他にも名主の滝公園や北区中央公園など魅力的なスポットが多く、空気がおいしいと評判です。

板橋区
東京23区の北西部に位置する板橋区。特別区では豊島区や練馬区に接しており、埼玉県では戸田市と和光市に接しています。板橋区は大田区と並んで東京有数の工業集積地です。とくに印刷業のメッカとして知られています。また、区のほぼ全域が市街地となっており、都心のベッドタウンとして機能していることもポイント。中心地といえるのは板橋ですが、成増、大山、東武練馬、高島平など主要な都市がバランスよく発展しています。近辺の主要ターミナル駅としては、1日に約270万人が利用する池袋駅があり、成増から池袋駅へは電車で10分程度でアクセスが可能。その他の区域からも池袋駅へのアクセスはスムーズです。このような交通の便に加え、埼玉県と東京都心の中間に位置するエリアとして、生活環境の良さと都市の利便性がバランスよく共存している点も板橋区の大きな魅力でしょう。

練馬区
東京23区の北西部に位置する練馬区。もともとは板橋区の一部でしたが、1947年に分離して誕生しました。23区の中では、最も新しく誕生した区としても知られています。練馬区といえば「練馬大根」が有名ですが、自然豊かでのどかなエリアです。区内では比較的大きな面積を有し、なだらかな地形をしています。閑静な住宅街も多く、農業も盛んです。練馬大根も生産していますが、キャベツは都内でもトップクラスの生産を誇り、区の名産の一つになっています。ちなみに、練馬区は日本アニメの発祥の地でもあります。東映動画(現在の東映アニメーション)が存在し、ここで『鉄腕アトム』などが制作されました。今でもアニメ制作関連の集積地となっています。人気エリアは区政の中心地である練馬をはじめ、小竹向原、石神井公園、江古田、光が丘など。とくに光が丘は大きなショッピングセンターがあり、住み心地のよいエリアです。

中野区
東京23区の西部に位置する中野区。区内を5つの川が流れており、比較的庶民的な街として知られています。中野区は東京23区内では比較的早い時期に都市開発が進んだため、現在は住宅街や都市インフラの再開発が盛んです。歴史のある落ち着いた外観の建物や施設と、最先端の都市の光景が融和した魅力的な街並みが楽しめます。地域住民も長く中野区に定住している人の比率が高く、このため「街を愛する気風」が非常に高いという特徴もあります。また、中野区のセールスポイントといえばサブカルチャーの聖地であること。中野駅北口にある中野ブロードウェイからは、漫画、アニメ、ゲームなど様々なカルチャーが発信されています。都心に近いこともポイントです。中野区は新宿区に接している他、杉並区、練馬区、渋谷区とも隣接しています。区北部は西武新宿線、南部はJR中央線が走っているので、主要都市にストレスフリーでアクセスできるでしょう。

杉並区
東京23区の西端、武蔵野台地の上方に位置する杉並区。「城西地区」とも呼ばれます。都心のベッドタウンとして住宅都市の機能も持ちながら、自然豊かな区としても知られる暮らしやすいエリアです。区の面積の約2割が緑に覆われていますが、杉並区は農地や公園だけでなく、街の中にも緑が見られることが特徴。正妙寺川、善福寺川、神田川と河川にも恵まれています。人気エリアは荻窪。大正時代から「西の鎌倉、東の荻窪」と評されて人気の住宅地でした。新宿や渋谷にアクセスしやすく、個性的なショップも多いので、現在も人気のエリアとなっています。また、杉並区にはデザイナーやイラストレーター、カメラマン、ミュージシャンなどクリエイティブ系の人材が好んで居住する街としてでも有名です。その証明ともいえるのがアニメ産業の隆盛。区内にあるアニメスタジオは70を数え、杉並区としても重要な産業と位置づけています。

世田谷区
東京23区の南西部に位置する世田谷区。東は渋谷区や目黒区、北は杉並区や三鷹市、西は狛江市や調布市、南は大田区に接しています。区の面積は58.08平方kmと広く、これは大田区に次いで23区中第2位です。区南部は多摩川が流れ、川沿いには芝生広場や公園も見られるのどかなスポット。散歩やスポーツをしている区民を見かけることができるでしょう。一方で、世田谷区は成城に代表されるように高級住宅街が多い高級感あふれるエリアでもあります。区内には90万人が暮らしていますが、富裕層が多いことから、ハイセンスなショップや大型商業施設が多く点在しています。教育施設も充実しており、私立幼稚園・私立小中学校、公・私立高等学校の数で23区中トップ。有名私立も多いので、教育熱の高さでも知られているエリアです。「あこがれの街」に相応しい環境が整えられています。

東京都は23区を7圏域、多摩地方を5圏域、島しょ部を1圏域に分け、計13の二次医療圏を有しています。人口10万人に対する医療施設従事医師数は全国平均を大きく上回る304.5(平成26年 東京都福祉保健局『医師・歯科医師・薬剤師調査 東京都集計結果報告』)です。東京都の特徴は、特に23区内において近県からの患者の流入や昼間人口が多いという点です。医師の総数は緩やかに増加が続いていますが、従来、小児科医・産科/産婦人科医が減少傾向にあるという問題がみられました。近年は減少傾向に歯止めがかかっていますが、まだまだ盛んに求人募集が行われています。
また、東京都が抱える保健医療上の問題は、合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子供の平均数)が全国でもっとも低く、高齢者人口および単独世帯が増加しており、全国レベルでみても少子高齢化の進行が早いという点です。東京都では小児科、産科・産婦人科、高齢者医療関連を中心に常勤医の需要は高く、近県からの転職も盛んです。

DtoD会員登録(無料)でこんなことができる!

会員登録メリットの詳細はこちら
  • 医師のサポートをするコンサルタント紹介
クローズアップ求人 一覧
  • 失敗しないための医師転職ガイドライン
オーダーメイド転職支援