医師と医療機関の懸け橋となり、
双方が満足できる転職支援を
心がけております。

コンサルタントとして心がけていること

医師と医療機関の懸け橋となり、双方が満足できる転職支援を心がけております。そのためには日頃の情報収集、医療機関担当者との面談を繰り返し、医療機関から信頼してもらえる関係づくりを行い十分な情報が引き出せることが重要と考えております。

医師へのメッセージ

いろいろな転職支援会社があります、その中でもやはり医療機関の情報を多く持っているコンサルタントが一番安心できるかと思います。
医療機関だけではなく、その地域の事情などもあり、先生だけではなくそのご家族のことも踏まえて提案できるか。また独身の先生でも先生の将来像をしっかり把握して、10年後の先生の姿を見据え医療機関を提案しているか、など確認が必要です。

このエリアの転職事例

  • CASE1

    勤務先の待遇に不満、転職で年俸は1.75倍に女性/30代後半/救急科

    ご相談いただいた女性医師は公的病院の救命救急医として勤務中。
    その公的病院が女性医師の卒業大学からの派遣を受け入れていないため、自分よりスキルのない医局派遣医師の方がポスト・給与とも厚遇を受けていたため、その女性医師はいつまで経っても昇格できない状況でした。さすがにそのような状況に耐えかね、退職を決意。
    現勤務先より通勤時間は10分程遠方にはなりましたが院内保育や育児支援の体制が整っている民間病院をご紹介し、勤務条件の緩和など交渉も行いスムーズに入職となりました。
    ご勤務開始して5年以上経過しますが、いまも同じ民間病院でご勤務いただいてます。

  • CASE2

    医局を退局し、民間病院へ男性/40代中ごろ/消化器内科

    大学医局の派遣で、ご自宅から1時間30分かけて毎日通勤。
    年齢的に今の派遣先病院でこのまま終わりたくないという思いと、習得した手技を活用できる場所を求めて相談に来られました。内視鏡検査・治療についての件数を多く積まれており、いまの派遣先では満足いく実績件数がなく、民間病院を1つ1つあたることで先生の希望に近い病院を見つけることができました。先生と二人三脚で1件1件の内容を精査、先生が知人から聞いた評判や、実際に私が訪問して受けた印象など何回も打合せを行い、入職されました。その後その病院で件数は着実に重ねて、内視鏡センターを立ち上げるまでに至りました。

転職コンサルタント

  • 転職と開業、幅広く先生方のキャリア支援を行います。

  • 求人の紹介だけでなく、キャリア形成のサポートをします。

  • 医師と医療機関の懸け橋となり、双方が満足できる転職支援を心がけております。

会員登録してコンサルタントに相談(無料)

会員登録(登録無料)
DtoDの転職支援サービス
医師転職コンサルタント紹介
オススメ転職コンテンツ一覧
失敗しない医師転職手順
ご希望の求人が見つからない方は…オーダーメイド転職
転職のいろは