DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 古賀総合病院 > 後期研修

古賀総合病院の後期研修情報

内科 プログラム一覧
プログラム1:内科 後期臨床研修プログラム

コメントを見る

プログラム1

研修情報

更新日:2015年09月30日
研修プログラム名 内科 後期臨床研修プログラム
研修指導医数 18
研修医数 2

募集内容

処遇 給与(月額) 3年次:614,600円/月
4年次:638,000円/月
5年次:661,100円/月
研修医宿舎 単身者用専用宿舎完備(バストイレ付きワンルームマンションタイプ、部屋数10室、家賃:30,000円/月)
応募期間(締切日・試験日など) 【選考日時】
平成24年12月実施予定(詳しくはお問い合わせ下さい)
応募問合せ先 担当者 庶務課
TEL 0985-39-8888
URL http://www.kgh.or.jp/recruit/second_training.html
内科 後期臨床研修プログラム コメント一覧

病院長からのコメント

医療法人同心会古賀総合病院は、これまでに宮崎大学医学部付属病院の教育関連施設として、医学部6年生のクリニカルクラークシップと初期研修医の臨床研修を受け入れ、さらに2004年度から始まった新医師臨床研修制度では大学病院の協力型病院として内科、外科の研修医を受け入れてきました。
この度、管理型臨床研修病院としての認定を受け、2006年4月から自前の研修医を受け入れることになりました。研修が始まれば、院長、研修責任者、指導医と研修医がしっかりスクラムを組み、研修医の諸君の意見を聞きながら、さらに充実したプログラムにしたいと思います。
主役は君たちです!受け身にならずに積極的に有意義な研修を作り上げて欲しいと思います。
尚、2年間の研修を終えたあとの後期研修(レジデント制度)プログラムも複数科(内科・外科・産婦人科・泌尿器科)で準備しており、引き続き専門医取得を目指したトレーニングを受けることができます。
若い先生方が一緒に働いてくれると、我々も刺激を受け、病院全体も活気が出ます。
地域における中心的な役割を担っている当院で有意義な研修を受けていただけることを願っています。


病院長(研修管理委員長):栗林 忠信

後期研修修了医からのコメント

私は県立宮崎病院での初期研修の後、古賀総合病院にて後期研修をさせて頂いております。内科での後期研修を行うに当たり、より多くのcommon diseaseを経験したいということで、古賀総合病院でのレジデントを行う事としました。
さて実際の研修内容ですが、初期研修と同様に基本的には入院患者さんを指導医と一緒に診ていく事になります。但し、指導医はあくまでもスーパーバイザーとしての立場であり、治療方針や検査計画についてはレジデントが決めていく事となります。もちろん最初からすべてを行う事は無理ですので、指導医と一緒に検討を重ねながら徐々に慣れていく事になります。1年が経過する頃には多くの疾患で基本的な考え方が身に付いてくるでしょう。外来診療については、はじめは指導医の外来に同席し、内科医としての考え方がある程度身に付いた頃を見計らって、新患の担当を始める事になります。こちらも最初は戸惑う事が多いと思いますが、近くにはすぐに相談できる指導医がいる体制になっており、疑問点や必要な検査などの質問を行ったり、一緒に診療に当たってもらったりなどができるようになっています。この他、日々の診療の中で必要とされる諸検査(内視鏡、超音波検査、透視検査等)については希望に応じて勉強をする事が可能です。私は週一回の胃カメラ検査を行いながら、大腸カメラ、腹部o心臓エコーを空いた時間を使いながら行っております。
当院では研修医たちの声を現場の方々がよく聞いてくださるので、非常に柔軟性のある研修が可能かと思います。皆さんも興味を持たれたら、是非一度見学に来てもらえればと思います。


後期研修修了医:T・M先生

後期研修修了医からのコメント

私は宮崎医科大学を卒業後、2年間宮崎大学医学部附属病院に在籍し、同院を中心に2年間の初期研修を行い、3年目で古賀総合病院の内科レジデントとなりました。内科医になると決めたものの、専門分野を決定する前に一般内科を幅広く学びたいと考えたため、古賀総合病院を選択しました。内科病棟では、同時期に様々な疾患の患者さんの主治医となっています。また曜日を決めて、外来(初診・再診)や検査を行っています。その中で、ようやく専門としたい分野にも出会うことができました。一般内科を学ぶ機会があることに加え、進みたい分野を吟味する時間も十分にもてたことは、本当に良かったと思っています。研修医・レジデントは、レジデントルームに机をもらえます。
初期(ローテーターも含めて)・後期、内科・外科とも同じ部屋で、みんなで楽しくやっています。いろいろなことを相談しあえるし、とても恵まれた環境だと思っています。
もし古賀総合病院での研修に興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、みんなで話し合う機会などを作りたいと思いますので、是非御連絡下さい。


後期研修終了医:T・K先生

見学依頼/お問い合わせフォーム