DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

飯塚病院の後期研修情報

麻酔科 プログラム一覧
プログラム1:麻酔科ローテートコース
プログラム2:麻酔科 専門医プログラム

コメントを見る

プログラム2

研修情報

更新日:2017年01月16日
研修プログラム名 麻酔科 専門医プログラム
所属員数 9

募集内容

処遇 給与(月額) 卒後3年次:月額310,000円
卒後4年次:月額322,000円
卒後5年次:月額335,000円

※超過労働手当、住宅手当、家族手当、待機手当、賞与は別途支給
賞与(年) 卒後3年次:550,000円
卒後4年次:900,000円
卒後5年次:1,000,000円
研修医宿舎 無(住宅手当もしくは通勤費支給)
応募期間(締切日・試験日など) 【応募締切】
9月末頃

【面接日】
詳しい日程は当院ホームページでご確認ください。
応募問合せ先 担当者 研修医教育室
TEL 0948-29-8904 (直通)
URL http://aih-net.com/resident/senior/index.html
麻酔科 専門医プログラム コメント一覧

後期研修統括担当者からのコメント

私自身の研修医時代を振り返ると、やはりきつかった思い出が多いですが、今になって感謝する部分も少なくありません。“麻酔科をもっとローテーションしたかった”とか、“手術にもっと入りたかった”とか、後悔がない訳ではありませんし、若い時にもっとがんばっていれば良かったと思う事もあります。当院の後期研修医の皆さんには、私のような後悔がないことを願っています。

現在の後期研修は、初期研修での医師としての基礎作りを終え、いよいよ自分の専門を決めてスタートする大切な時期だと思います。私は、この時期にどれだけ苦労して臨床経験を積んだかが、その後の医師としての成長を大きく左右すると思います。古いようですが、「鉄は熱いうちに打て」です。

当院の後期研修の特徴と魅力を一言で言えば、「その症例数の多さとバリエーションの豊富さ」です。当院は、病床数1116、診療41を擁する西日本屈指の巨大病院であり、43万人の医療圏より非常に多くの患者さんが各科を受診されます。医師としては、多くの患者さんを、またバリエーションに富んだ疾患を経験させていただきます。これは都心部の病院でもなかなかないことです。なぜなら都心部では、患者さんが分散するからです。筑豊地域に大学病院はなく、そういう点では、当院は「筑豊の大学病院」的な存在でもあります。でも大学病院とは違い、科の垣根が低く、自由でスピーディーな診療連携ができます。また、高齢化の進む筑豊の特性から、ここは「10年先の日本の医療現場」とも言えます。このような環境の中、後期研修医が、主体的に、実際に数多くのまたバリエーションに富んだ症例を上級医の指導の下で経験することは、その後の医師人生のゆるぎない礎になると思います。「飯塚病院を経験していたら、どこの病院に行っても大丈夫よ!」との先輩のお話も聞きます。

皆さんが、後期研修病院を選ばれる際には色々な要素があると思います。当院のような環境に身を置き、後期臨床研修に青春を賭けるのも、後々皆さんが必ず良かったと思える日が来ると確信しています。明るく熱意ある後期研修医の方の多数のご応募をお待ちしています。


後期研修統括担当(外科部長):梶山 潔(平成2年卒)

指導医からのコメント

当院では早くからスーパーローテート方式を導入し、教育プログラムが充実しております。初期研修の頃は、治療法は言うまでもなく、鑑別診断とその診断根拠について徹底的に指導されました。また、他の医師が担当している患者についても、全体カンファレンスを行うことで知識を共有できました。その時の知識は、10年たった今でも役に立つことがたくさんあります。特に、診断に至る考え方をしっかりと指導されたのは私の一生の財産だと思っています。

後期研修においては、私の所属する麻酔科では、新生児から100歳を超える高齢者の麻酔を担当しますので、生理学を徹底的に勉強する必要があります。麻酔科学会の指導医3名と専門医3名が常勤しているため、麻酔の基本から応用までしっかりと指導していきますし、困ったことがあれば気兼ねなく相談できます。研修医の先生方の力量に合わせて少しずつ確実にステップアップできるように担当症例を検討し、指導しています。

心臓血管外科麻酔においては、経食道心エコー認定試験(JB-POT)の合格者が4名いますので、術中は経食道心エコーも用いて麻酔管理しています。経食道心エコー認定試験合格に必要なサポートも行っています。

研修中、時には体調不良の時もありますので、その時は気兼ねせず休めるように配慮していますし、1週間の夏休みもあります。研修は大変ですが、当院で1年間後期研修を終えられた先生方は、驚くほど麻酔や手技が上達して、考え方もしっかりしてきて、本当に頼りになる医師になっています。我々も常に「飯塚病院で研修したなら、大丈夫よね!!」と言われるように心がけて指導しています。

また学会発表にも力を入れており、内容によっては、国内での学会発表はもちろんのこと、海外での学会発表もできるようにサポートしています。

私は現在、当院常勤医師として働く傍ら、二人の子育てをしています。当院で標榜医を取得した後、妊娠・出産を経験しました。復職する時は、麻酔科研修医時代に培った知識や手技が大いに役に立ちました。妊娠・出産を考えている女性の方、復職を考えている方、当院は働く女性のための環境も整備されており、スタッフになれば自分のライフスタイルに合わせて勤務形態を選ぶことも可能です。みなさん、素敵な研修生活、医師人生を送るために、是非一緒に働きましょう!


麻酔科:小西彩(平成13年卒)