DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔2時限〕【院内スタッフ編】「院内スタッフ=パートナー」との人間関係

【第9回】同じ3分でも差が出る!効率的なコミュニケーションとは!?

スマートDr.養成講座一覧はこちら

患者さんや院内スタッフとのコミュニケーションは十分にとれていますか?
「とにかく忙しくてゆっくり会話をしている時間はない…」。みなさんからは、そんな声が聞こえてきそうですが、良好な人間関係を築くために「時間」というものが、必要絶対条件ではないと私は考えています。
今回は、たとえ短い時間の中でも、相手に自分の気持ちや真意が伝わる「効率的なコミュニケーション」について、私が専門とする「営業」の視点を交えながら、一緒に考えてみましょう。

神尾 えいじ

神尾 えいじ(かみお・えいじ)
1966年東京生まれ。慶應義塾大学理工学部卒業。 平成元年東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。頭取銘柄と言われているVIPのお客様を担当した際に営業の基本と人とのお付き合いの心構えを徹底的に教育される。
銀行退職後、義兄主催の出版系ベンチャー企業の立ち上げに参画し成功。2004年株式会社インペリアル・サポートを設立し、中小企業向けの営業コンサルティング事業を開始。現在、生命保険各社、商工会議所、税理士会などで「紹介営業の達人」をテーマに講師を務める。

スマートDr.養成講座 第9回 同じ3分でも差が出る!効率的なコミュニケーションとは!?

〔2時限〕 【院内スタッフ編】「院内スタッフ=パートナー」との人間関係

■ 「院内スタッフ=パートナー」という考え方
1時限では、患者さんとの接し方についてお話しましたが、2時限目では、院内スタッフとの人間関係について考えます。病院も一般の企業と同じく、医師や看護師の他にも、受付、清掃、警備などなど多くのスタッフが働いています。もちろん病院の主役は医師ですが、その医師も、多くのスタッフにサポートされて、はじめて満足な医療が実現できているはずです。院内で働くスタッフは、ドクターにとって、なくてはならない「パートナー」だと言えます。
人間は、指示や命令より、感情が行動の質を変える生き物と言われています。だからこそ「大切にされている」と感じるとその人の「役に立ちたい」と思うのです。感謝や思いやりを持って接し、パートナーである院内スタッフに「あの先生のために」「あの先生のためなら」と思ってもらえることは、結果的に効率的な医療にもつながるのではないでしょうか。

■ パートナーと円滑な関係を築く
立場や役割の違いはありますが、同じ医療の現場で共に働くパートナーと円滑な人間関係を築くために、ぜひ、次の3つのことを実践してみてください。

  • (1) 「甘えない」と決める
    「甘える」とは、自分から何の努力もせず、プライドも遠慮もなく、相手からしてもらうことだけを期待している他力本願な状態です。スタッフのサポートを当たり前だと思わず、感謝して受け取りましょう。
  • (2) 周囲へ負担を掛けていることを恐れない
    「迷惑をかけちゃいけない」と思うと何事にも萎縮してしまって、能力を発揮することができなくなってしまいます。人は誰でも多かれ少なかれ、集団生活の中では、他人に負担をかけたり、頼ってしまっているものです。その細かなひとつひとつをなくしていこうという努力より、「その分多くの幸せを返そう」「かけた負担の10倍を恩返ししよう」という気持ちでいるほうが、結果としてチームの能力が効率的に発揮され、総合的にみたときにチームとしての負担が少なくなっているはずです。
  • (3) 欠点をさらけ出す
    私たち営業畑においても、周囲のスタッフが応援したくなるのは、バリバリの優秀な人より、人間味のあるタイプの人です。それは医療の世界でも同じではないでしょうか?
    治療とは関係のない場面では、ちょっとカッコ悪い欠点をさらけ出す先生。でも治療する時は、素晴らしい集中力を発揮する。そんな先生が「私は、抜けているところがあるからね。私にはあなたのような頼れるパートナーが必要だ」と言われたらスタッフはどう考えるでしょうか。本当のパートナーは、そのような先生の欠点をカバーするようにサポートしてくれるはずです。

■ 忙しい現場でも、日常的なやりとりの中で感謝を伝える
多忙を極める医療の現場では、スタッフへの感謝や思いやりを表すことは難しいかもしれません。しかし、ちょっとした心がけひとつで、スタッフに「ありがとう」の思いを伝えることができるのです。

  • (1) 「お疲れさまです」の一言を忘れない
    日々の現場で関わりの強いスタッフに限らず、例えば清掃や警備、設備などのスタッフとすれ違ったときにも「お疲れさまです」の一言を忘れないようにしましょう。
  • (2) 目を見て話す
    人は目を見て話されると、他の誰でもなく自分に話しかけられていることが明確になるので、「選ばれている=大切にされている」という認識を持ち、話を聞く意識も態度も変わります。1時限でお話しした「横向き1分=正面を向いての10秒」と同じように、効率的なコミュニケーションをとることができます。
  • (3) 名前で呼ぶ
    院内のスタッフの名前を全て覚えるのは難しいかもしれませんが、「名前で呼ぼう」と決心して続ける努力を行うことが大切です。

■ 効率的なコミュニケーションとは!?【院内スタッフ編】 まとめ
「やってもらう」ことは当たり前ではない! スタッフに「ありがとう」の思いを伝えることで、働きやすい現場を。