DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔4時限〕「争続」しないための相続対策

【第8回】医師の未来設計書

スマートDr.養成講座一覧はこちら

夢はお医者さん!でもその後は何を目標にしたらいい…?
一人前の医師になるのは一般的に30歳前後。それでも、結婚資金に子どもに家に保険…、日常ではなかなか意識できない「将来の出費」は、医師にも当然降りかかってきます。医師ならではの人生設計やコスト管理についてのポイントを、フィナンシャルプランナーとして活躍する講師に教えていただきます。

赤根 琢哉

赤根 琢哉(あかね・たくや)
1955年神戸市生まれ。15年間出版社に在籍した後、アリコジャパンへ転職。
その後、保険会社の社員としてではなく、金融機関に属さず、さらにお客様の立場に近づき、中立的立場で取扱会社を選択できる独立系の代理店になりたいと思い、2001年1月にアリコジャパンから独立し、タックブレインFPオフィスを立ち上げ、現在に至る。

スマートDr.養成講座 第8回 医師の未来設計書

〔4時限〕 「争続」しないための相続対策

■ 残す者に責任あり
私は多くの相続のケースを見てきましたが、多額の資産をお子様に残そうとすると、悲しい気持ちを味わうことが多いものだなという感想をもっています。例えば、自分がまだ生きている間に、取り分をめぐってお子様が言い争っているのを目の当たりにする、などのことです。
ひどい場合では、親のお通夜の席で方々から集まってきた兄弟たちが「いい機会だからここではっきりと結論を出そう」と言ったという笑い話のような話も聞こえてきます。
相続に関しては、もめごとが非常に多いものです。「うちは大丈夫」とおっしゃっているご家庭でも、ほぼ100%もめ事が起こります。お子様が結婚すると、配偶者という利害関係者が増え、孫ができると孫のためにという考えも働き、さらに複雑になってくるのです。
もめ事を起こさないためには、残すものの責任として、もめごとの種を事前に注意深く取り去ってあげることが大事だと思います。

■ 「争族」にしないために
昨今の相続対策は、相続税が発生する家庭でも、発生しない家庭でも、共通してもめないための対策が中心なのです。このことを、相続をもじって「争族」対策といいます。
相続に際するまで、親が子にかけた費用に大きな差が有るケースがあります。また、職業によっては収入に大きな差が有る場合も多いでしょう。医師になったお子様は教育課程で大きな費用を投入してもらったケースが多く、収入額もほかの兄弟よりも高いケースが多いでしょう。
子供達は意外とこの差に敏感です。たとえ兄弟全員が自由に進路を決めてきたとしても、この格差には納得がいかないことが多いのです。

■ 上手な事業承継を
親としては、営々と築きあげてきた医療機関を継いでもらうことはうれしいことでしょう。しかし、兄弟のうちの一人にだけ医療機関の土地建物を相続させると、兄弟間で極端に相族の差が出てしまいます。テナントで開業していたり、他にも多額の資産を所有していたりすれば別なのですが、そうではない場合も多いのです。
事業承継のために診療所の土地建物だけを相続したお子様は、換金することのできないものを相続したにもかかわらず、相続税は支払わなければなりません。これでは借金して相続税を支払うことにもなりかねません。
相続で一番もめにくい方法は、代償分割といって、事業承継をするものが事業用資産とキャッシュや保険を受け継ぎ、ほかの兄弟に均分評価に見合ったキャッシュを与えるという方法です。このような相続時の贈与には税金が発生しません。お子様への事業承継を望む場合は、充分な保険や、キャッシュを準備すべきでしょう。

4時限にわたって医師のライフプランについてお話してきましたが、ビジネス・不動産のオーナーや投資家など、自身の労働量と収入が比例しない人々とは違い、ご自身の診療行為で高額収入を実現できる医師という職業は、常に働けなくなるリスクと隣り合わせています。
医師といえども、これからの不確実・不透明な時代には、いつ安定収入が失われるかわかりません。高収入を維持するためには、消費を抑えて効率よく財力を高め、オーナー収入の道筋を作っておくことも大事なのではないかと思います。

関連リンク: 医院開業なら「DtoDコンシェルジュ」