DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔2時限〕「最も大きな負担」教育資金

【第8回】医師の未来設計書

スマートDr.養成講座一覧はこちら

夢はお医者さん!でもその後は何を目標にしたらいい…?
一人前の医師になるのは一般的に30歳前後。それでも、結婚資金に子どもに家に保険…、日常ではなかなか意識できない「将来の出費」は、医師にも当然降りかかってきます。医師ならではの人生設計やコスト管理についてのポイントを、フィナンシャルプランナーとして活躍する講師に教えていただきます。

赤根 琢哉

赤根 琢哉(あかね・たくや)
1955年神戸市生まれ。15年間出版社に在籍した後、アリコジャパンへ転職。
その後、保険会社の社員としてではなく、金融機関に属さず、さらにお客様の立場に近づき、中立的立場で取扱会社を選択できる独立系の代理店になりたいと思い、2001年1月にアリコジャパンから独立し、タックブレインFPオフィスを立ち上げ、現在に至る。

スマートDr.養成講座 第8回 医師の未来設計書

〔2時限〕 「最も大きな負担」教育資金

■ ライフプラン上の最大の負担、教育資金
保険FPS研究所の統計によりますと、私立医科歯科系・下宿の場合、大学在学中の教育費総額の平均は3、213万円、自宅通学の場合でも2、801万円となっています。莫大な金額ですが、ここにいたるまでにも相当な費用を費やすことが多いのです。
医師になるためには私学で勉強するほうが有利なようですが、私学に行った場合の塾なども含めた教育費は、中学で平均385万円、高校で平均280万円かかっています。
私立医科歯科系・下宿に進学した場合は、中学からの合計で一人当たり3、878万円にのぼります。この費用を勤務医の給与から、あるいは開業黎明期からの収入で蓄えていく必要があります。

■ 保険を上手に活用しよう
末子が成人するまでは、家長である医師には大きな責任がのしかかってきます。開業医の場合、通常ヒアリングから導き出される必要死亡保障額は大体2~3億円になります。
この多くは保険で補填することになるのですが、その一部を終身保険のような貯蓄性のある保険(お子様の大学進学時期までに支払いを終えるタイプ)でまかない、お子様が大学に進学し、必要補償額が減ってくるときに取り崩して学資に当てる方法があります。
この場合は、支払保険料以上の解約返戻金を受け取れることがほとんどですので、死亡保険そのものには費用がかからなかったともいえます。場合によっては、解約せずに5年の確定年金に切り替え、毎年の学資に当てていくのもよいでしょう。

■ 塾のためなら引越しも辞さない?
お子様に自分の職業を継いで欲しいと思うのは、親としてごく普通の感情でしょう。しかし、今の時代、お子様を医師にするということは大変なことなのです。それはこれまで見てきた費用の面だけではありません。
忙しい仕事の合間を縫って、勉強の相手をしてあげたり、お子様の塾の送り迎えをしたりしなければなりません。医師コースの場合、塾というのは必須であり、このことが医師の生活にかなり影響を与えます。
住まいが都会にあれば、近くに有名進学塾があるのでしょうが、地方ではそうもいきません。どう電車やバスを乗り継いでも無理で、送り迎えもかなわないという場合は、次の選択として引越しということになります。こうなると当然お父様の通勤時間は増えることになる場合が多いのです。
繰り返しになりますが、今の時代、お子様を医師にするということは、親は相当な負担を強いられるのです。