DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔1時限〕英語の医学論文を読むために知っておきたいこと

【第5回】目指せ!国境なきドクター!

スマートDr.養成講座一覧はこちら

インターネット、論文、国際学会…、英語が一般共通語となっている今、最先端の情報を得るためには英語の能力が求められています。
スマートDr.たるもの、問診に来た外国人ともペラペラとしゃべりたい!
今回は医療英語のプロであり、医療通訳の普及にも努めている日本大学医学部の押味貴之先生に医療英語学習のワザとコツを伝授していただきます。

押味 貴之

押味 貴之(おしみ・たかゆき)
1972年生まれ。
日本大学医学部 医学教育企画・推進室 助教(医学英語担当)、日本医学英語教育学会評議員、日本英語医療通訳協会(J.E.)理事、米国Cross Cultural Health Care Program 公認医療通訳トレーナー。
「医療英語」、「医療通訳」、「外国人医療」をキーワードに執筆・教育・啓蒙活動に携わる医師。
日本医学英語教育学会評議員として、医師や医学生などの医学英語教育に幅広く携わる一方、海外の医療通訳を中心に調査・研究活動を進め、全国各地で英語医療通訳者の養成に携わる。

〔1時限〕 英語の医学論文を読むために知っておきたいこと

■ 「明確さ」が医療英語の極意
英語の論文を読んだり、書いたり、国際学会に出席したり、はたまた診療現場で外国人の患者さんと向き合うなど、医師は英語に接する機会が少なくありません。
では、医師に必要な英語とはどんなものでしょうか。
使われる場面によって求められる英語は異なりますが、共通するのは「明確な英語」であるということです。医療での英語には、凝った言い回しや長い修飾を使った文章は必要ありません。主語、動詞、目的語などを明確に示した、誰が聞いても、誰が読んでも同じように理解してもらえる英語を用いることが重要です。
書き言葉でも、話し言葉でも、「明確な英語」が医療では好まれるということを覚えておいてください。

■ 英語の医学論文を読むコツ
最新の医学情報を得たいのであれば、英語で目的の医学情報を検索する必要があります。そして日本語の情報量に比べ、英語の情報量は莫大です。そして数ある情報源の中でも英語圏で出版される医学雑誌の論文は最良の情報源です。
ここに書かれている情報を効率良く自分のものにしていくために、英語で記述されている医学論文の「読み方のコツ」を簡単にご紹介いたしましょう。

■ 論文の種類を区別する
新しい知見を報告する original article (原著論文)、様々な原著論文をまとめた review article (総説)、珍しい症例を報告する case report (症例報告)、投稿された原著論文を編集者が批評する editorial (編集後記)、そして投稿された論文を読者が批評する correspondence (読者からの手紙)など、医学雑誌には異なる種類の論文が載っています。
そのなかで最も価値が高いのは様々なエビデンスの根本となる original articleです。
時間のない私たちは手軽に読める review articleやeditorial などに頼りがちですが、そういった論文をきちんと批評できるようになるためにも、まずはoriginal articleをしっかり読みこなせるように訓練しておきましょう。

■ original articleの読み方
英語でのoriginal articleは、形式がしっかりと決まっています。
最初に書かれているのはもちろん title (題名)です。その次には著者名及び authors' affiliations (著者の所属機関)、そしてabstract(抄録)、本文と続きます。抄録はbackground(背景)、methods(方法)、results(結果)、conclusions(考察)、そして本文は backgroundの代わりに introduction (導入)、conclusions の代わりに discussion (考察) という順に構成されています。
ではここで、最短時間で必要な情報を取得するための手順をご紹介しましょう。
まず目を通すのはtitleです。titleは、それを読めば中身がわかるように書かれています。その次にauthors' affiliations を見て、その研究が複数の研究機関で行われたものなのか、単体の医療施設で行われたものかを判断しましょう。
その次が conclusions(結論)です。これで内容に満足してしまえばそこで読み終えても構いません。ただ批判的に読むためには methods(方法)を見て、さらにPICO(後述)を確認する習慣を身につけましょう。
最後にbackground(背景)を見ます。ここではその研究に関する既知のことと、未知のことが書かれているので、何がその研究では目新しいことなのかを確認しておきます。
このようにtitleとaffiliation、そしてabstractのmethodsとbackgroundを手順よく読んでいくことで、最低限必要な情報が手に入るのです。

■ PICOを確認する習慣を身につけよう
どんな研究でもconclusionsを読んだ後に「ホントかよ?」と批判する精神を持つことが大切です。
そのためにはmethods (方法)でPICOを確認する習慣を身につけるといいでしょう。これはそれぞれ patient(患者)、intervention (介入)、comparison (比較対照)、そして outcome (臨床結果) を意味しています。つまりどのようにして「患者さん」を選定したのかを見れば、その研究が randomized clinical trial (無作為比較対照研究)なのか、prospective/retrospective cohort study (前向き/後ろ向きコホート研究)なのか、それとも case-control study (症例対象研究)なのかがわかります。またどんな治療で「介入」したのか、そしてプラセボと「比較対照」したのか、また血液検査の結果といった surrogate endpoint (代用エンドポイント)ではなく、患者さんのQOLに直結した clinical outcome (患者さんにとって重要な結果) を検討したのかを評価しましょう。
批評的に論文を読めるようになるために、少なくともこれだけは必ず確認する習慣を身につけましょう。

■ まとめ

  • ・ 医療英語は「明確さ」が大切。
  • ・ 小さな日本語の世界を出て、大きな英語の世界の情報に触れよう。
  • ・ 医学雑誌には様々な種類の論文があるが、original article を読めるようになろう。
  • ・ original articleは (1) title (2) author's affiliation (3) conclusion (abstract) (4) methods (abstract) (5) background (abstract) の順に読もう。
  • ・ methodsでPICOを確認して批判的に読む習慣を身につけよう。