DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔2時限〕 「医師」という肩書きの取り扱い注意点

【第4回】医師の婚活「スマート婚活大作戦」

スマートDr.養成講座一覧はこちら

一般的に「モテる」と思われがちな医師。
結婚も簡単に出来るかと思いきや、実際は毎日忙しく、家と病院との往復だけで一日が終わるのもよくあること。普通でさえ結婚が難しい時代に、時間のない医師が幸せな結婚をするためには…?
「婚活」という言葉の生みの親、『「婚活」時代』の著者白河桃子氏を講師に迎えた、婚活だってスマートに決めたい医学生・研修医に向けた結婚活動講座。

白河 桃子

白河 桃子(しらかわ・とうこ)
東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。少子化ジャーナリスト・作家。
恋愛、結婚、少子化問題等についての本を多数執筆。婚活という単語の生みの親でもある。
著書に『「婚活」時代(共著/山田昌弘)』、『専業主婦に、なりたい!?"フツウに幸せ"な結婚をしたいだけ、のあなたへ』、『震災婚』、『妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング(共著/斉藤英和)』(講談社)等がある。TV番組のコメンテーターとしても活躍中。

スマートDr.養成講座 第4回 医師の婚活「スマート婚活大作戦」

〔2時限〕 「医師」という肩書きの取り扱い注意点

■ まずは3つの「縁」に着目
結婚したければ言葉にして口に出そう!
私が「日本人の結婚行動」について調べていくと、わかったことが3つあります。それは日本人の結婚には3種類しかないということです。
ひとつは職場や仕事を通じて相手と出会う「職縁」、もうひとつは友人を介しての「友縁」、それに同級生と結びつく「学校縁」です。最近はこれにインターネットでの出会いが加わりましたが、この3つが「婚活」の大きな場であることに変わりません。
もしあなたが結婚したいと望むなら、これら3つの場で「結婚したい」と口に出してみましょう。これこそが婚活の基本中の基本です。まわりの人にとって「医師」という肩書きは、誰かに紹介するにもしやすいもののはずです。
「誰かいい人いない?」と訊けば、きっと皆さん親身になってふさわしい相手をさがしてくれるでしょう。

■ 「モテ」にだまされないこと
もしなかなかよい縁に恵まれなかったら、結婚相談所やお見合いパーティー、インターネットを介しての結婚情報サービスなどを利用してみるのも一案です。「医師」という肩書きはここでも威力を発揮してくれるでしょう。
普通の職業の人では会ってももらえないのに、医師というだけですぐに相手を何人も紹介してもらえたりします。
でも「モテる」のはここまで。そこから先は自分自身の人間力の勝負です。自分が異性を紹介してもらえるのは医師という職業があってこそ、くらいに考えておくといいでしょう。
ここで勘違いすると後々後悔することになるかもしれません。なまじ大勢の女性と会うことで「次はもっといい人に出会うかも」という期待ばかりが膨らみ、結局誰とも進展せずにただお見合いを繰り返してばかりとなってしまったり、あるいは結婚はしたものの、実は相手は収入や肩書に惹かれただけで自分のことを愛していなかった、などということになりかねません。
「医師」という肩書きは武器であると同時にリスクをともなうもの。そう肝に命じておけば失敗も減らせることでしょう。

■ 医学生、研修医の時代から恋愛を
医師という職業はハードなものです。
私もまた父親が医師という家に生まれたので、それがどういうものかは理解しています。自分の経験で言えば、医師のパートナーにふさわしいのはやはり包容力のある人です。たとえデートがドタキャンになっても「あの人は人の命を救っているのだから」とわかってくれる人をさがす。自分を肩書や年収だけで見ない女性、そういう人と出会うにはお見合いサイトに登録するにも「医療関係に従事」といったように最初から職業を公開しないといった工夫が必要かもしれません。
異性を見る目は恋愛を経験してゆけば自然と養われるもの。まずは学生時代など若いうちから恋愛をしましょう。
それが結局は幸せな結婚への早道となってくれるはずです。