DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔2時限〕先輩医師に質問されると、つい口ごもってしまいます

【第2回】劇的コミュニケーション before after

スマートDr.養成講座一覧はこちら

患者さんとのコミュニケーションはもちろん、病院も組織の一部である以上、指導医や先輩医師、同僚との人間関係など、多種多様な場面でコミュニケーション能力が必要とされます。心理学的アプローチで数々の企業の研修・講演を手掛ける講師から、院内で使える実践的コミュニケーション術を学びましょう。

前田京子(まえだ・きょうこ)
1966年埼玉県生まれ。Leap Creation 前田京子カウンセリング事務所代表。
「人・自分活き活き~命の発揮~」と「コミュニケーションをシフトして22世紀に命をつなぐ」を理念にその人の可能性を引き出す実践的スキルの提供と最新のコミュニケーションの観点、実践を個人・企業・組織に向けて提供。多くの講演、企業研修を手がける。著書に『15才から始まる人生設計ノート』『ビジネス女子力』ほか、TV出演も。

スマートDr.養成講座 第2回 劇的コミュニケーション before after

〔2時限〕 先輩医師に質問されると、つい口ごもってしまいます

コミュニケーションは「聴く」「伝える」で構成されていますので、「伝える」ことも大切です。
研修医のみなさんは、自分の気持ちや考えを上手に伝えることができていますか?
例えばこういった悩みを抱えたことはありませんか?

「カンファレンスや学会の席で、先輩医師から「○○についてどう思う?」と質問されたとき、どう答えていいかわからず、「あ、あの、特にありません…」などと答えると、「お前、特にありませんって、なにも考えていないのか」と呆れられてしまいます…。」

■ 意見を伝えられない理由とは?
自分の見解や意見を伝えられない理由は大きくわけて二つあります。一つ目は、見解、意見がない場合です。何事にも興味や関心を持ち、TVや新聞を読んで「私はこの件についてはこう思う」「この事件に対してはこう考える」など、自分の見解や意見を持つ練習をしてみましょう。さらに、日頃から自分の興味や関心がある分野について「私は○○が好きです。なぜならば…」と自らの思いや考えを伝える練習をしましょう。口に出して練習する方が、より効果的に伝えることができるようになります。

■ 自分を出して見解を磨いていく覚悟を
二つ目は、見解や意見があるのに「伝える」ことが何らかの理由で躊躇される場合です。この場合は、「見解を磨いていく」という観点を持ちましょう。自分の見解や意見を言うことで、周りから「それは違う!」と否定されたことは誰にもあることでしょう。しかしながら、医療の現場では、問題に対して意見や考えを出し合い、合意によって方向性を導き出さなければいけない場面も多いはずです。否定されることを恐れず、意見や考えを出して自分の見解を磨いていく覚悟を持ちましょう。伝えたうえで生じた誤解やズレは学び、修正すればいいのです。100%自分のことをわかってもらおうと欲張らず、「一番自分が伝えたい思いや考えは何か」ということを大事にしたコミュニケーションを心がけましょう。もちろん、相手にも同様に思いや考えがありますので、そこを汲み取りながら会話をしましょう。固定観念にとらわれないことが大事です。自分の見解を磨く、創造するという観点で関わるようにしましょう。

■ とにかく話し出してみましょう!
いずれにしても質問されたら、「○○について、私の考えは…。」と、とにかく話し出してみましょう。その前置きを話している間に考えるのです。質問した方はそのことについて自らが話をしたい場合もありますので、「先輩はどう思われますか?」と訊くのもひとつの手です。コミュニケーションをとることであなたの人生や仕事の未来を創造するのです。「聴く」「伝える」、双方の見解を受けて新しい考えを「創造する」がコミュニケーションの基本です。