DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔9時限〕東西融合医療を習得するには?

【第16回】東西融合医療で、最善の医療を目指す!

スマートDr.養成講座一覧はこちら

近年、「なんとなくだるい」「体が重い」というような、西洋医学では病名のつけられない身体的な不調を訴える患者さんが増加し、医師の間でも東洋医学に対する関心が高まっています。しかし、「東洋医学に興味はあっても何から学んでいいか分からない」という研修医の方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、日本東洋医学会から漢方専門医育成の指導施設として委託を受けている「つるかめ漢方センター」の所長を務めている私が、東洋医学と西洋医学を融合させた診療についてお話しいたします。

頼 建守

頼 建守(らい・けんしゅ)
婦人科医師・漢方科医師。
つるかめ漢方センター所長。新宿海上ビル診療所副院長。
東京医科歯科大学老年病内科非常勤講師・臨床准教授。2013年3月末まで北里大学東洋医学総合研究所漢方科客員医師。台湾生まれ。平成元年慶應義塾大学医学部卒業。
慶應義塾大学付属病院産婦人科、東京歯科大学市川総合病院産婦人科、国立埼玉病院産婦人科、北里大学東洋医学総合研究所漢方科を経て、現在に至る。
慶應大学病院およびその関連病院で勤めていたとき、婦人科医としてずっとガンの手術に取り組んでいたが、椎間板ヘルニアを患い、腰痛と足のしびれに悩まされた。整形外科で1年以上の治療を受けても好転せず、辛さのあまり台湾に一時帰国。現地で漢方と鍼灸の治療によりわずか2ヵ月で完治した経験から東洋医学に魅了され研鑚を始める。

〔9時限〕 東西融合医療を習得するには?

■ 『内科学』を習得して診断力をアップ
研修医のみなさんは、いずれどんな専門分野の道に進まれようと考えていても、西洋医学においてまずは『内科』の臨床実地をひととおりマスターしておく必要があると思います。
なぜなら内科学は細分化された専門分野の入口となる基礎的な学問であり、人の身体のあらゆる臓器や部位を対象とする総合的な学問だからです。

東洋医学をマスターするためには広い視野でものをみることが大切です。内科学を理解すると「このような症状のときには、どのような病気が考えられるか」「患者さんの状態は何に問題があり、まずどう対応をしなければいけないのか」というように診断力がつき、プライマリーケア(身近にあって、何でも相談にのってくれる総合的な医療)の質も高まります。

■ 実地臨床で東洋医学の知識の実践を
『敬業楽業(respect your job, also enjoy your job. )』
これは私の大好きな言葉で、「自分の仕事に敬意を持ち、楽しく喜んで取り組む」という意味です。
私たちが従事する医職に自らが敬意を払えば、絶対にいい加減な医療をすることなく、一所懸命に患者さんを治そうと努めるはずです。
よく、自分の体験していない学問を真っ先に否定する、食わず嫌いな人がいますが、それはかえって自分の潜在能力を妨げます。常に謙虚な態度、かつ前向きな姿勢で、日常の実地臨床に新しい知識を取り入れるよう精進することは自分のため、また患者さんのためにもなります。

研修医時代から少しずつでも東洋医学を取り入れるよう努力すれば、一つの疾病に対し、きっと複数の見方ができるようになります。「塵も積れば山となる」でコツコツ勉強すればそのうち医療の幅も広がります。
漢方の勉強の仕方として、できれば積極的に身近な漢方専門医の診療に陪席したり、漢方薬のメーカーなどが主催する勉強会に参加したりして、書物で学んだ知識を日々の診療に取り入れていく工夫をしましょう。
たとえば、『腹診』をマスターしようと思ったら、まず講習会や漢方専門医からその基本を学び、各々の圧痛点(押すと痛みを感じるところ)に用いた用語の病態をしっかり理解しておきます。
家族・友達のお腹を借りて練習を重ね、その上で、自分の受け持った入院患者さんのお腹を拝借して『腹診』を行うことはおすすめです。それによって患者さんに「しっかりと自分のことを診てくれている医師だ」という信頼感を与えることにもつながります。

2時限でお話ししたように日本の医師免許は『スーパーライセンス』です。もうこの特権を得た研修医のみなさんは、やる気さえあれば何でもやれます。ぜひ東洋医学と西洋医学の融合を志し、自分のため、また患者さんのために最善の医療を提供できるよう精進していただきたいと思います。