DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

【第16回】東西融合医療で、最善の医療を目指す!

スマートDr.養成講座一覧はこちら

近年、「なんとなくだるい」「体が重い」というような、西洋医学では病名のつけられない身体的な不調を訴える患者さんが増加し、医師の間でも東洋医学に対する関心が高まっています。しかし、「東洋医学に興味はあっても何から学んでいいか分からない」という研修医の方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、日本東洋医学会から漢方専門医育成の指導施設として委託を受けている「つるかめ漢方センター」の所長を務めている私が、東洋医学と西洋医学を融合させた診療についてお話しいたします。

頼 建守

頼 建守(らい・けんしゅ)
婦人科医師・漢方科医師。
つるかめ漢方センター所長。新宿海上ビル診療所副院長。
東京医科歯科大学老年病内科非常勤講師・臨床准教授。2013年3月末まで北里大学東洋医学総合研究所漢方科客員医師。台湾生まれ。平成元年慶應義塾大学医学部卒業。
慶應義塾大学付属病院産婦人科、東京歯科大学市川総合病院産婦人科、国立埼玉病院産婦人科、北里大学東洋医学総合研究所漢方科を経て、現在に至る。
慶應大学病院およびその関連病院で勤めていたとき、婦人科医としてずっとガンの手術に取り組んでいたが、椎間板ヘルニアを患い、腰痛と足のしびれに悩まされた。整形外科で1年以上の治療を受けても好転せず、辛さのあまり台湾に一時帰国。現地で漢方と鍼灸の治療によりわずか2ヵ月で完治した経験から東洋医学に魅了され研鑚を始める。

〔8時限〕 東西融合医療の実例

■ 診療事例(2)インフルエンザ

  • 処方 : 麻黄湯、タミフルの併用
  • 効果 : インフルエンザ解熱時間の短縮、また合併症の緩解

小児患者に抗インフルエンザ薬『タミフル』と漢方薬『麻黄湯(まおうとう)』を一緒に処方したところ、それぞれ単独処方を行ったときよりも発熱持続時間が短くなり、また、副作用のうち興奮やめまいが減ったという報告があります。(せんぽ東京高輪病院小児科 辻祐一郎先生)
また、20歳以上の患者さんを対象とした比較でも、インフルエンザ感染後の解熱作用と、頭痛、筋肉痛、咳、倦怠感の自覚症状において、抗ウイルス薬と同等の効果が得られており、関節痛に関しては、『タミフル』よりも優位な改善効果が認められています。

これらの結果から、小児だけでなく成人においても、『麻黄湯』によるインフルエンザ治療の効果があると示唆されます。
『麻黄湯』は「麻黄、桂皮、杏仁、甘草」4種の生薬からなる健康保険適用の漢方薬で、感冒、インフルエンザへの効能又は効果が認められています。

【注意】
『麻黄湯』の発汗作用は強く、無汗・関節痛のある、寒けが強くて熱が上がり始めた時期のインフルエンザに適します。
従って症状や時期によっては『麻黄湯』の適さない症例もあります。
またエキス剤の飲み方としては、冷服では効果が悪く、必ず熱湯を用いて溶かして、発汗させるまで小刻みに服用します。

■ 診療事例(3)膀胱炎の患者

  • 処方 : 抗生物質、猪苓湯あるいは竜胆瀉肝湯
  • 効果 : 膀胱炎の改善

検尿により細菌性膀胱炎と診断された場合では、通常まず抗生物質を処方します。ときに病原菌を取り除いても残尿感がとれないときがあります。
そのとき、『猪苓湯(ちょうれいとう)』あるいは『竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)』を併用させると、抗生物質の投与期間を短縮できます。

■ 診療事例(4)関節痛の患者

  • 処方 : 漢方治療、養生
  • 効果 : ステロイド・抗不安薬の減量、症状の緩和

左肩痛および朝起床後2時間続く手指のこわばりを訴える膠原病内科を受診している54歳の既婚女性。
ステロイド抗炎症薬『プレドニゾロン』5mgで症状をコントロールしていましたが、雨の日に痛みが増強するので、症状が一進一退でなかなかステロイドの減量はうまくいきません。その後、頭痛が現れ、また睡眠時のホットフラッシュと寝汗に悩まされ、更年期障害と思い込んで漢方治療を求め、来院しました。
腹候の特徴から病態のベースにストレスと「湿熱」が絡んでいると考え、午前に『抑肝散(よくかんさん)』、午後に『ツムラ竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)』を2週間分処方し、兼用させました。また、多飲・果物の摂取をなるべく控えるように生活指導を行ないました。

二診時、消化器の不快症状はなくなり、またホットフラッシュや寝汗、左肩痛、手指の腫れとしびれ、頭痛はすべて軽減しました。
さらに3週間後の三診時、寝汗はかかなくなり、ホットフラッシュも消失しました。『プレドニゾロン』を1mgに減量しても以前のような痛みは出なくなりました。翌月より、隔日の服薬としても早朝の手指のこわばりは1時間以内に治まるまでに改善しました。その後、夕食の量を減らし、冷たいもの、果物の摂取をさらに控えたところ、手指のこわばりは10分程度に治まるようになり、『プレドニゾロン』の服用も3日に1度となりました。3ヵ月後にはステロイドを中止しても痛みは全くなく、スポーツクラブにも通い始めています。

『ツムラ竜胆瀉肝湯』は「当帰、地黄、黄?、梔子、木通、沢瀉、車前子、竜胆、甘草」9種の生薬からなる健康保険適用の漢方薬で、排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけへの効能又は効果が認められています。

■ 結語
ステロイド抗炎症薬でとれない慢性疼痛は、漢方治療と養生により、体質の改善につなぎ、長年にわたり悩んできた症状が寛解できました。これは『東西融合医療』から『漢方医療』へうまくスイッチできた一例です。