DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

【第16回】東西融合医療で、最善の医療を目指す!

スマートDr.養成講座一覧はこちら

近年、「なんとなくだるい」「体が重い」というような、西洋医学では病名のつけられない身体的な不調を訴える患者さんが増加し、医師の間でも東洋医学に対する関心が高まっています。しかし、「東洋医学に興味はあっても何から学んでいいか分からない」という研修医の方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、日本東洋医学会から漢方専門医育成の指導施設として委託を受けている「つるかめ漢方センター」の所長を務めている私が、東洋医学と西洋医学を融合させた診療についてお話しいたします。

頼 建守

頼 建守(らい・けんしゅ)
婦人科医師・漢方科医師。
つるかめ漢方センター所長。新宿海上ビル診療所副院長。
東京医科歯科大学老年病内科非常勤講師・臨床准教授。2013年3月末まで北里大学東洋医学総合研究所漢方科客員医師。台湾生まれ。平成元年慶應義塾大学医学部卒業。
慶應義塾大学付属病院産婦人科、東京歯科大学市川総合病院産婦人科、国立埼玉病院産婦人科、北里大学東洋医学総合研究所漢方科を経て、現在に至る。
慶應大学病院およびその関連病院で勤めていたとき、婦人科医としてずっとガンの手術に取り組んでいたが、椎間板ヘルニアを患い、腰痛と足のしびれに悩まされた。整形外科で1年以上の治療を受けても好転せず、辛さのあまり台湾に一時帰国。現地で漢方と鍼灸の治療によりわずか2ヵ月で完治した経験から東洋医学に魅了され研鑚を始める。

〔7時限〕 私流の東西融合医療

■ 私流の東西融合医療
私は20数年間に渡り、東洋医学と西洋医学のお互いの強みを最大限に引き出そうと努力しながら、各々の患者さんの適合性やニーズに合わせた医療を行うことを心がけてきました。
臨床実地経験から生み出した現在私の診療スタイルは、『四診』のなかでも慢性疾患ならとくに『腹診』を重視し、「既往生活の積み重ね」は必ず表現形としてお腹に出るので、腹診によって患者さんの体質と現在身体不調の原因を知り、それを取り除くために役立つ『漢方養生』に重点を置いた生活指導を行います。

その際、生活習慣の是正だけでは治りにくい、あるいは治るまでに時間のかかるものには漢方投薬を加え、場合によっては鍼の施術も併用して病気の治癒や免疫力を高めていきます。また、西洋医学的なアプローチが必要と判断したものには、西洋医学的な検査と西洋薬の併用も必ず行います。もちろん患者さんのなかにより西洋医学の治療が適切なものや、手術を必要とするものは、必ず専門の先生に紹介し、委ねるか、併診するか、最善な対処をします。

このように西洋と東洋医学という2つの視点を持ち、それぞれの長所を生かした診察や治療法を習得、実践することができれば、患者さんの病を治すことができる確率は、一方の視点からのものより高まると私は考えています。
つまり、より高いレベルの治療を行うため、西洋医学と東洋医学の両者の足りないところを補い合い「病を診て人を診る」というトータルケアを行う治療スタイル=『東西融合医療』を目指しています。

■ 東西融合医療の実例
西洋医学と東洋医学の両者のよいところを用い、また欠点を補うことで最適な医療の提供を目指す『東西融合医療』は、実際にさまざまな病気の改善に効果を発揮しています。
ここではその一例をご紹介します。

■ 診療事例(1)二次性無月経の患者

【症例】
31歳 OL
【主訴】
無月経 多飲過食 便秘 心下の痞え お腹の張り・痛み 手足の冷え
【既往歴】
過食症
【月経歴】
初経10歳
【妊娠歴】
0妊0産
【家族歴】
母 乳がんにて手術、更年期障害
父 56歳 心筋梗塞で死亡
  • 処方 : 漢方治療、クロミッド
  • 効果 : 無月経から自然妊娠に成功

西洋医学で二次性無月経の治療に用いるカウフマン療法で使われる、黄体ホルモン薬『プロベラ』は副作用として強い腹満痛と便秘を起こす可能性があります。漢方では、『プロベラ』は「湿熱」の病態を助長する薬と考えられていて、過食によってすでに「裏熱」を形成した患者さんには慎重に用いるべきとされています。
22歳で就職後、月経不順となり、後に無月経になったためカウフマン療法を受けたあるOLは、治療してからひどい冷え、便秘と腹満痛を起こしました。それまでの生活習慣を聞くと、冷たいもの、乳製品、果物、お菓子が大好きで、毎日間食を数回、また三食とも満腹になるまで食べないと気がすまないという傾向がありました。

婦人科のホルモン治療を受け続け、29歳のときにまた漢方専門医の治療を受けるようになり、処方として冷えに効く『大建中湯(だいけんちゅうとう)』、下剤の入った『桃核承気湯(とうかくじょうきとう)』、体を温める『加工ブシ末』、西洋薬の下剤『アローゼン』、『ラキソベロン』を兼用されました。
しかし、漢方薬を数ヵ月服用しても心下の痞(つか)え、お腹の張りと痛みは改善せず、時々立っていられないほどの眠気に襲われました。
処方した先生は、温めながら腹満痛・便秘を改善させようと考えたようです。しかし、このような治療はかえって冷えを悪化させ、またみぞおちの痞えも強まりました。おまけに便通も2~3日に1回となり、残便感を感じるようになりました。

私が「積」を取り除く『五積散(ごしゃくさん)』と大黄を含む『麻子仁丸(ましにがん)』を処方したところ、冷えと腹満痛は改善しました。しかしみぞおちの痞え・残便感はさほど改善されませんでした。
そこで、カウフマン療法を止めてもらい、『大承気湯(だいじょうきとう)』『半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)』加大黄末に転方してから、冷えと残便感もすっかりなくなりました。
その後、腹診上自覚的な胸脇苦満(きょうきょうくまん)が強度なため、『大柴胡湯(だいさいことう)』との兼用をしたところ、すべての症状が消えました。
『大承気湯合大柴胡湯』加大黄末の治療により「湿熱」がとれてから、少量の出血がみられるようになり、その後排卵誘発剤の『クロミッド』を投与したところ、月経の止まっていた彼女も、自然妊娠に至ることができました。

■ 結語
多飲過食で、すでに「湿熱」を形成した患者さんに黄体ホルモンを含むホルモン治療を行うと、かえって全体の病態を悪化させ、ひどいむくみ、冷え、便秘、腹痛を起こす可能性があります。
この場合は、生活習慣の是正と「湿熱」を取り除く治療が不可欠となります。こうした「湿熱」を取り除く薬の概念は、西洋薬にはまずありません。よって『東西融合医療』の必要性が示唆されます。

8時限では、さらに多くの診療事例をご紹介します。