DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

【第16回】東西融合医療で、最善の医療を目指す!

スマートDr.養成講座一覧はこちら

近年、「なんとなくだるい」「体が重い」というような、西洋医学では病名のつけられない身体的な不調を訴える患者さんが増加し、医師の間でも東洋医学に対する関心が高まっています。しかし、「東洋医学に興味はあっても何から学んでいいか分からない」という研修医の方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、日本東洋医学会から漢方専門医育成の指導施設として委託を受けている「つるかめ漢方センター」の所長を務めている私が、東洋医学と西洋医学を融合させた診療についてお話しいたします。

頼 建守

頼 建守(らい・けんしゅ)
婦人科医師・漢方科医師。
つるかめ漢方センター所長。新宿海上ビル診療所副院長。
東京医科歯科大学老年病内科非常勤講師・臨床准教授。2013年3月末まで北里大学東洋医学総合研究所漢方科客員医師。台湾生まれ。平成元年慶應義塾大学医学部卒業。
慶應義塾大学付属病院産婦人科、東京歯科大学市川総合病院産婦人科、国立埼玉病院産婦人科、北里大学東洋医学総合研究所漢方科を経て、現在に至る。
慶應大学病院およびその関連病院で勤めていたとき、婦人科医としてずっとガンの手術に取り組んでいたが、椎間板ヘルニアを患い、腰痛と足のしびれに悩まされた。整形外科で1年以上の治療を受けても好転せず、辛さのあまり台湾に一時帰国。現地で漢方と鍼灸の治療によりわずか2ヵ月で完治した経験から東洋医学に魅了され研鑚を始める。

〔6時限〕 東洋医学の診療

東洋医学の診療において、医師の役割はその患者さんの、その時に最適な処方を探し出すことにあります。これを『証(しょう)』といいます。
『証』の定義は、元・千葉大学大学院医学研究院和漢診療学教授で、千葉中央メディカルセンター・和漢診療科部長の寺澤捷年先生の言葉を借りれば、「証とは、患者が現時点で現している症状を気血水・陰陽・虚実・寒熱・表裏・五臓・六病位などの基本概念を通して認識し、さらに病態の特異性を示す症候を捉えた結果を総合して得られる診断であり、治療の指示である」とされています。
「現時点で」とは、東洋医学において疾病は流動的なものであり、刻々と変化するものという認識だからです。つまり、『証』は固定したものではなく、患者さんの症状の経過とともに変化するものです。

上図の如く、『証』を決定するために「学:学問」の部分がどうしても必要になります。
その「学」の中に、「八綱弁証」「六経理論」「気血水理論」「臓腑経絡理論」「口訣漢方」など色々なアプローチがありますが、一番入りやすい理論を選んで少しずつ勉強して、そのうち興味が生じたら、もっと手を広げればよいでしょう。
「学」の部分が増えれば増えるほど選択肢も多くなりますし、もちろん症状を分析する力もついてきます。

■ 四診
東洋医学では、患者さんにその時点での最適な処方を行うための『証』を決定する際に必要な「望診(ぼうしん)」「聞診(ぶんしん)」「問診(もんしん)」「切診(せっしん)」という診察方法があります。これを『四診』といいます。
『四診』は、器具を使わず医師の五感を駆使して診察する方法で、古来より病気が現われる前の『未病』段階で、身体のバランスが乱れた状況を知るための診断方法として重要視されてきました。

患者さんが診察室に入ったら、まずは視覚によって情報を得る「望診」を行います。そして、聴覚と嗅覚を使って情報を収集する「聞診」、患者さんから病状を聞く「問診」、手で患者さんの身体に触れて情報を集める「切診(脈診・腹診・触診:胸、背中、手足など)」を行います。
これらの四診を駆使して病態がわかれば、『証』の決定もできます。『証』を決定すれば『方剤』の選択は自然にできます。

望診
患者さんの動作、顔色、眼光、舌の観察などをあらゆる角度から詳細に診る。
聞診
患者さんの話す声、声のハリ、問いかけに対する応答を詳細に検討する。
また、体臭や息、排泄物のにおいも重要な診断材料に。
問診
問診で得た情報は『証』の決定にとても重要。
患者さんの辛い症状をなるべく「生の言葉」のまま聴取し「二便」「汗」「生活習慣」についても必ず聞く。
切診
手足を中心とした「触診」、手首橈骨動脈の「脈診」、腹部全体をみる「腹診」など、患者さんの身体に手を触れることで情報を集める。

『四診』は「術;技術、わざ」の部分となります。教わらず自分だけで考えながらできるものではありません。そのため必ず経験のある専門医について「術」を習得しなければなりません。
後は症例をどんどん増やし、一例一例大事にして吟味しながら扱っていくしかありません。「学」「術」とも備われば、そのうち臨床のよい「感」も生まれてきます。

■ 随証治療
「『証』に従って治療する」という意味で、"逐次修正理論"によって患者さんの苦しんでいる症状に一番よく効く処方を見つけてあげることです。
『四診』で患者さんの『証』を決めれば、必ずある「処方」を出せます。患者さんは服薬して良くなってくれれば、「処方」は『証』とぴったり合います。これを「方証相対」といいます。しかし効果がなければ再び『証』を決め、新しい「処方」を出します。
一回の診療でドンピシャの場合もありますし、何回か繰り返しているうちにやっと患者さんの『証』を見つけ出す場合もあります。臨床上もちろんその施術者の経験、腕に深く関わってきます。

■ 方証相対
「出した「処方」が患者さんの『証』とぴったり合う」ということです。ぴったり合えば病気も治癒します。
よく方証相対は「鍵・鍵穴関係;一対一関係」といわれます。
しかし、同じ病態でも、違う先生にかかったら、必ずしも同じ方剤で治すとは限りません。
私はこれを「厳密な鍵・鍵穴関係ではなく、昔の南京錠みたいに、ガチャガチャいじると開けられるもの」と考えています。

7時限目では、東西融合医療についてお話しします。