DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔5時限〕知っておきたい東洋医学の基礎知識(後編)

【第16回】東西融合医療で、最善の医療を目指す!

スマートDr.養成講座一覧はこちら

近年、「なんとなくだるい」「体が重い」というような、西洋医学では病名のつけられない身体的な不調を訴える患者さんが増加し、医師の間でも東洋医学に対する関心が高まっています。しかし、「東洋医学に興味はあっても何から学んでいいか分からない」という研修医の方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、日本東洋医学会から漢方専門医育成の指導施設として委託を受けている「つるかめ漢方センター」の所長を務めている私が、東洋医学と西洋医学を融合させた診療についてお話しいたします。

頼 建守

頼 建守(らい・けんしゅ)
婦人科医師・漢方科医師。
つるかめ漢方センター所長。新宿海上ビル診療所副院長。
東京医科歯科大学老年病内科非常勤講師・臨床准教授。2013年3月末まで北里大学東洋医学総合研究所漢方科客員医師。台湾生まれ。平成元年慶應義塾大学医学部卒業。
慶應義塾大学付属病院産婦人科、東京歯科大学市川総合病院産婦人科、国立埼玉病院産婦人科、北里大学東洋医学総合研究所漢方科を経て、現在に至る。
慶應大学病院およびその関連病院で勤めていたとき、婦人科医としてずっとガンの手術に取り組んでいたが、椎間板ヘルニアを患い、腰痛と足のしびれに悩まされた。整形外科で1年以上の治療を受けても好転せず、辛さのあまり台湾に一時帰国。現地で漢方と鍼灸の治療によりわずか2ヵ月で完治した経験から東洋医学に魅了され研鑚を始める。

〔5時限〕 知っておきたい東洋医学の基礎知識(後編)

■ 『五臓六腑』の概念
『五臓六腑』とは東洋医学における基本的機能単位の名称で、その性質と機能から、五臓は「肝・心・脾・肺・腎」、六腑は「胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦」に分けられます。名称は同じでも西洋医学では内臓を物質と捉えるため、同一の扱いはできません。
『五臓六腑』の生理的な原理は『五行説(=自然界は「木・火・土・金・水」の5つの要素でなり立っている思想)』からなり、相生(そうせい)・相克(そうこく)などの関係によってお互いに支配したり、支配されたりしており、一つの「臓腑」だけで単独に異常が現れることは少ないのです。
診療においては、各臓腑に病があると特徴的なサインが現れます。

『五臓六腑』の概念

人体という実体のあるものを五行という実体のない概念を用いて説明するのですから、現実に即さない面も生じてきます。
また、基本的な古典である『傷寒論』には五行説は採用されておらず、歴史的に、確かに東洋医学は陰陽・五行説を骨子として発展してきたものではありますが、人体の生理・病態生理を語る際に、『五行説・五行相関』の概念が必要不可欠なものなのかどうか、再評価を行うことが今後の課題になるかもしれません。

五臓の主な働き
五臓の主な働き
『漢方の基礎と臨床(三考塾)』高山宏世著、2003年泰晋堂出版より改訂

五臓の病態症状
五臓の病態症状

■ 『虚実』の概念
『虚実』の概念において、その定義上かなり多くの議論があります。
「一般に昭和漢方で言われる『虚証・実証』は体力や抵抗力の有無といった、本来その人が持ち合わせている体質的な意味合いで用いられます。実証には主に『瀉法』を、虚証には主に『補法』を用いると説明されています。
たしかに「虚するものはこれを補い、実するものはこれを瀉す」のですが、がっしりとした『実証体質』の人でも、正気が虚した『虚証』の病態では正気を補う必要があり、虚弱な『虚証体質』の人でも病邪の存在が病態の主体である場合には、邪を瀉する必要が生じます。体力・抵抗力の多寡は病態に大きな影響を与えるものではありますが、治療は本来患者の病態に応じてなされるべきものであろう」という意見があります。

『虚実(きょじつ)』の『虚』とは「ものが足りない:不足」という意味で、『実』とは「ものが余っている:有餘」という意味で理解した方が臨床に運用しやすいと思われます。
諏訪中央病院・東洋医学センターの長坂和彦先生が『漢方の臨床』;1905~1912,54(12),2007に発表した論文は『虚実』を理解するためにとても参考になります。

内容の一部を抜粋

(1)
古典の記載から「不足」を虚、「有餘(ゆうよ)」を実と定義することができます。不足と有餘はあらゆるものを対象としているので、「邪気」と「精気」を持ち出す必要はないし、「邪気」と「精気」の二つで定義すべきでもありません。
(2)
しかし、多くの人は虚実の定義に『素問』「通評虚実論篇」の「邪気盛則実、精気奪則虚」を用いています。であるならば、虚実を定義する場合には「邪気」と「精気」あるいはこれに代わる用語を使うべきであります。
(3)
「邪気」は弱くてもそれ以上に「精気」が弱ければ病は発症します。同じ「邪気」に罹患していても「精気」の強弱によって生体の反応は異なります。
逆に「精気」は一定でも「邪気」の強弱によっても生体の反応は異なります。
この臨床的事実に矛盾しない形で虚実を定義したいです。
「邪気」と「精気」という二つの言葉を使って虚実を定義するならば、

実とは…
「邪気」と「精気」で引き起こされる生体の闘病反応が強い状態、
虚とは…
「邪気」と「精気」で引き起こされる生体の闘病反応が弱い状態


とするのが妥当と考えます。
この定義は従来問題とされた、虚実という一つのものさしが実の方向では「邪気」を測定し、虚の方向では「精気」を測定するという学問上の問題点を解決しています。
(4)
虚実を定義する闘病反応は局所の反応を含みます。
癰(よう)や?(せつ)が赤く盛り上がった局所の病態も実であります。
しかし、この局所の反応が腹力に及ぼす影響は軽微であろう。
よって、腹力を虚実の定義に含めるのは反対であり、腹力はあくまで虚実を判断するための一つの手段であって虚実の定義に用いない方がよいです。

『虚実』の定義として臨床上とても大事なポイントに言及してあり、私は賛同しています。

■ 『寒熱』の概念
前出の寺澤捷年先生の著書では「寒熱の認識は陰陽の認識の一部を構成する要素であるが、もっぱら局所的な病状の認識法として用いられる言葉である」と言われており、身体のある一部や患部が熱っぽく感じられるもの、炎症のあるものを『熱』、寒気や冷感のあるものを『寒』といいます。
しかし、『熱』といっても、外部からの邪による熱(傷寒)と内部の五臓のアンバランスによる熱(内傷)があります。『内傷発熱』というものは、今日の慢性疲労症候群や自己免疫疾患による熱が含まれています。また『冷え』に関しては、西洋生理学にもありますが、治療方法には欠けております。
臨床上『寒熱』の見分けが難しいものが多々あり、正確な診断は、治療薬剤の選択にとても大事です。

■ 『表裏』の概念
身体の体表部付近を『表』、身体の深部、特に消化管の付近を『裏』といいます。表と裏は対立概念でありますが、実際臨床の場では『表・裏』のいずれにも属さないものを『半表半裏』といいます。(幕末・明治初期における考証医学の第一人者である森立之は、しばしばこの『半表半裏』の言葉を「不表不裏/非表非裏」として表現しました。)

■ 『六病位』の概念
西洋医学と東洋医学における最も大きな相違点は、病態の進行状況を六段階に分類している『六病位』です。
病気の時間的経過を表し、たとえばカゼでも初期段階と時間が経過したものとでは、異なる処方が用いられます。
伝統中国医学の古典である【宋板傷寒論】では、陽の病態を「太陽病(たいようびょう)」「陽明病(ようめいびょう)」「少陽病(しょうようびょう)」、陰の病態を「太陰病(たいいんびょう)」「少陰病(しょういんびょう)」「厥陰病(けっちんびょう)」のそれぞれ3ステージに分けて『三陰三陽(さんいんさんよう)』といいます。

六病位の概括
六病位の概括
『症例から学ぶ和漢診療学』;寺澤捷年著、2012年医学書院出版より改訂