DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔4時限〕知っておきたい東洋医学の基礎知識(前編)

【第16回】東西融合医療で、最善の医療を目指す!

スマートDr.養成講座一覧はこちら

近年、「なんとなくだるい」「体が重い」というような、西洋医学では病名のつけられない身体的な不調を訴える患者さんが増加し、医師の間でも東洋医学に対する関心が高まっています。しかし、「東洋医学に興味はあっても何から学んでいいか分からない」という研修医の方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、日本東洋医学会から漢方専門医育成の指導施設として委託を受けている「つるかめ漢方センター」の所長を務めている私が、東洋医学と西洋医学を融合させた診療についてお話しいたします。

頼 建守

頼 建守(らい・けんしゅ)
婦人科医師・漢方科医師。
つるかめ漢方センター所長。新宿海上ビル診療所副院長。
東京医科歯科大学老年病内科非常勤講師・臨床准教授。2013年3月末まで北里大学東洋医学総合研究所漢方科客員医師。台湾生まれ。平成元年慶應義塾大学医学部卒業。
慶應義塾大学付属病院産婦人科、東京歯科大学市川総合病院産婦人科、国立埼玉病院産婦人科、北里大学東洋医学総合研究所漢方科を経て、現在に至る。
慶應大学病院およびその関連病院で勤めていたとき、婦人科医としてずっとガンの手術に取り組んでいたが、椎間板ヘルニアを患い、腰痛と足のしびれに悩まされた。整形外科で1年以上の治療を受けても好転せず、辛さのあまり台湾に一時帰国。現地で漢方と鍼灸の治療によりわずか2ヵ月で完治した経験から東洋医学に魅了され研鑚を始める。

〔4時限〕 知っておきたい東洋医学の基礎知識(前編)

現代の東洋医学では、人体の基本的な構成要素を一般に『気・血・水(=津液・しんえき)』の3つに分類しています。また、人体の基本的機能単位として『五臓・六腑・奇恒の腑(きこうのふ)』の概念や、諸臓腑あるいは組織・器官を協調的に機能させる連絡経路として『経絡・三焦』の概念が用いられています。また、人体の協調・平衡関係の説明には『陰陽・五行説』が引用されています。

■ 『陰陽』の概念
中国古代哲学の基盤のひとつに『陰陽(いんよう)』という認識法があります。
人体も含め、森羅万象、宇宙のあらゆるものを『陰(-)』と『陽(+)』の相対的な2つの性質に分けるものの見方、考え方です。
『陰』とは、非活動的で、消極性、寒性のものです。一方、『陽』とは、活動的で、積極性、熱性のものをいいます。
私たちの日常生活でも、「陽気な性格」などというように、この陰陽という概念が用いられています。

『陰陽』の概念

ただし、陰陽は絶対的なものではなく、相対的なものであり、状況によっても変化します。

この陰陽は東洋医学の病態においても基本となっており、非活動性、沈降性、寒性の反応を示す状態を『陰証』、活動性、発揚性、熱性の反応を示す状態を『陽証』といいます。

陰証
顔面蒼白
体温が低い
寒がりで厚着を好む
脈が遅い
低張尿が頻回に多量に出る
便臭が弱い
陽証
顔面紅潮、目の充血
体温が高い
暑がりで薄着を好む
脈が速い
排尿に伴う尿道の灼熱感、高張尿
便臭が強い

■ 『気・血・水』の概念
現代の東洋医学において人の健康(恒常性の維持)は、『気・血・水』の三要素が体内を正常に循環することによって保たれていると考えられています。
逆をいえば、体内の各機能単位である五臓・六腑が正常に機能するためにはこの三要素のバランスが大切で、どれかひとつでも過剰や不足があると病気を招いてしまうのです。
この『気・血・水』は、診断や漢方薬の処方の際にも重要です。
概念として、元・千葉大学大学院医学研究院和漢診療学教授で、千葉中央メディカルセンター・和漢診療科部長の寺澤捷年先生の言葉が分かりやすく述べています。

生体を維持する三要素

■ 『気』とは?
『気』の概念を言葉で説明するのはとても難しいことですが、「気力」「元気」という言葉があるように、目には見えない生命活動を営む根源的なエネルギーです。
つまり、呼吸や心臓の働き、血液の流れ、体温や汗の調節など、身体の機能活動や精神活動はすべて『気』によって行われていると考えられています。

また『気』の構成に関して簡単に表現すると次のようになります。

『気』とは?

『気』の異常としては、「気の不足」と「気の過剰より生じた流れの問題」に分けられます。

『気』とは?

■ 『血』とは?
生体を物質的に支える赤色の液体。
水穀の気が転化したものであり、水穀の気の一部が『肺』で赤色化したものが『血』となります。
『血』の異常としては、「血の不足」と「血の過剰から生じた流れの問題」に分けられます。

『血』とは?

■ 『水』とは?
生体を物質的に支える無色の液体。水穀の気が赤色化せず無色のまま液化したものが『水』です。
『水』の異常としては、「水の不足」と「水の過剰から生じた流れの問題」に分けられます。

『水』とは?

気血水の生成と循環
気血水の生成と循環
出典:寺澤捷年『症例から学ぶ和漢診療学』(医学書院)

気・血・水の病態症状

5時限では、五臓六腑の概念などについてお話しいたします。