DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔3時限〕知っておきたい東洋医学の活躍

【第16回】東西融合医療で、最善の医療を目指す!

スマートDr.養成講座一覧はこちら

近年、「なんとなくだるい」「体が重い」というような、西洋医学では病名のつけられない身体的な不調を訴える患者さんが増加し、医師の間でも東洋医学に対する関心が高まっています。しかし、「東洋医学に興味はあっても何から学んでいいか分からない」という研修医の方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、日本東洋医学会から漢方専門医育成の指導施設として委託を受けている「つるかめ漢方センター」の所長を務めている私が、東洋医学と西洋医学を融合させた診療についてお話しいたします。

頼 建守

頼 建守(らい・けんしゅ)
婦人科医師・漢方科医師。
つるかめ漢方センター所長。新宿海上ビル診療所副院長。
東京医科歯科大学老年病内科非常勤講師・臨床准教授。2013年3月末まで北里大学東洋医学総合研究所漢方科客員医師。台湾生まれ。平成元年慶應義塾大学医学部卒業。
慶應義塾大学付属病院産婦人科、東京歯科大学市川総合病院産婦人科、国立埼玉病院産婦人科、北里大学東洋医学総合研究所漢方科を経て、現在に至る。
慶應大学病院およびその関連病院で勤めていたとき、婦人科医としてずっとガンの手術に取り組んでいたが、椎間板ヘルニアを患い、腰痛と足のしびれに悩まされた。整形外科で1年以上の治療を受けても好転せず、辛さのあまり台湾に一時帰国。現地で漢方と鍼灸の治療によりわずか2ヵ月で完治した経験から東洋医学に魅了され研鑚を始める。

〔3時限〕 知っておきたい東洋医学の活躍

日本では、1895年国会第八議会第8回帝国議会で「漢方医提出の『医師免許規則改正法案』が27票差で否決」されて以来、西洋医学に重きがおかれ、さまざまな病気を治療するのに、まず西洋医学が用いられるようになりました。

もちろん西洋医学の治療も日々すさまじく進歩しています。しかしその一方で、「なんとなくだるい」「体が重い」というような原因のはっきりしない『現代病』ともいわれる病を抱える患者さんも増え、東洋医学の治療に大きな期待が寄せられています。
そこで今回は、東洋医学における「心身一如」の考え方、また漢方薬の特性およびその活躍についてお話ししたいと思います。

■ 『心身一如』の考え方とは?
東洋医学では、一人ひとりの患者さんの体質や自覚症状を重視します。これにはQOL(Quality of Life=生活の質)の向上を目指した、心と身体をひとつのものとする『心身一如(しんしんいちにょ)』という考え方が根底にあります。早い段階で病気の悪化を食い止めるべく漢方治療を行い、その結果患者さんのQOLが上がれば、さらに病気の進行を食い止めることができます。

心身一如の治療

このように東洋医学では、「病気の原因には心(こころ)の問題が大きく関与しており、感情のバランスが崩れると各臓器の働きに悪影響を及ぼす」と考えられています。
たとえば胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発率は約70%といわれていますが、その原因の多くはストレスによるもの。ストレスが減らない限り潰瘍は完治せず、再発をくり返してしまうのです。
東洋医学は、「病を診、さらに人を診る」医療であり、心身に優しい治療であるとも言えます。

■ 『東洋医学=漢方薬』なのか?
東洋医学は中国を起源としつつも、日本で独自に発達を遂げた伝統医学です。東洋医学というと、漢方薬を用いると考える方が多いようですが、実はそうとは限りません。漢方薬は東洋医学で使われる主要な治療法のひとつですが、その他の治療法には『鍼灸』『養生』『気功』『推拿(すいな=按摩治療)』などもあります。
しかし、医療保険の薬価に収載されている漢方方剤は147種類ありますので、最近では西洋医学を学んだ医師の間でも、「病名」だけで漢方薬を選択するケースが増えています。

■ 漢方薬の特性

  • (1) 生薬を組み合わせた複合薬
    西洋医学では身体を臓器ごとに細かく分けて捉えるため、西洋薬の多くは特定の症状に有効的に働くよう、基本的には定められた標的に効かせるために、単一の成分に精製されています。そのため、「解熱鎮痛剤:熱や痛みをとる」「抗生物質:感染症の原因菌を殺す」「降圧剤:血圧を下げる」といった一つの症状や原因のはっきりとした病気に対する直接的な治療に適しており、即効性を示すものが多いのです。

    一方、漢方薬の「方剤(ほうざい)」のほとんどは、植物や動物、鉱物など天然物である、2種類以上の生薬(しょうやく)を組み合わせて作られています。複合成分が含まれているため作用の仕組みが解明しづらいことが難点でしたが、解析方法が進歩してきた現在では少しずつ明らかになってきています。
    漢方薬は複数の生薬から構成された複合薬であるため、多臓器から構成された複合体である人間の慢性的・全身的な病気を治療する時に、複雑で多彩な症状に対してしばしば効果を発揮します。しかし、急性の病気に効かないというわけではなく、たとえば急性疾患のカゼ症候群に効く漢方薬はたくさんあります。

    保険医療の現場で一般的に使用される漢方薬のほとんどは、煎じ薬を濃縮、乾燥加工させてアルミパックに入れたエキス顆粒剤(医療用漢方製剤)です。この医療用漢方製剤は、小さく刻んだ生薬を煎じて飲む、日本の伝統的な『煎剤』に比べて「品質のバラつき」や「変質」といった問題がなく、携帯・保存しやすいというメリットもあります。
  • (2) オーダーメイドの処方が可能
    「病を診、さらに人を診る」医療である東洋医学は、患者さん一人ひとりの体質や病気の状態を見極めながら、最適な漢方薬を選ぶ「オーダーメイド」の治療と言えます。
    そのため、同じ病気でも患者さんの状態によって処方される「方剤」が違います(同病異治・どうびょういち)。たとえば下痢の症状ひとつとっても、冷えによって引き起こされたものか(寒痢:『人参湯』や『真武湯(しんぶとう)』の適応)、熱によって引き起こされたものか(熱痢;『大承気湯(だいじょうきとう)』や『調胃承気湯(ちょういじょうきとう)』の適応)、患者さんの病態によって選ぶ「方剤」が違います。

    また、ひとつの「方剤」がいろいろな病気に応用されることもあります(異病同治(いびょうどうち))。たとえば『葛根湯』は乳腺炎にも、頭痛にも、頸肩腕症候群の肩痛にも用いられます。
    西洋医学では病名の特定が難しく、症候群とされた多愁訴のものでも、東洋医学なら症状などから総合的に分析し、病態の診断がつけば漢方薬を処方できます。
  • (3) 漢方薬でQOLを向上
    漢方薬は西洋医学では対処しにくい「病名のつけられない病気」や「半健康状態でひきおこされた症状」に対処できるだけではなく、術後の諸症状の緩和、早期退院や西洋薬の副作用の軽減などの報告があり、患者さんのQOLを向上させる目的で使用されるケースも増えてきました。
    • ・ 術後の諸症状の緩和、早期退院の例
      『大建中湯(だいけんちゅうとう)』について、国際医療福祉大学学長・北島政樹先生のチームは2009年から、国内64の医療施設で数千人規模の大規模臨床試験を続けていて、「大腸がんの手術後など、腸閉塞症状を起こす人が多いが、大建中湯は腸閉塞を早期に回復させ、予防にも効果がある」と発表しました。
    • ・ 西洋薬の副作用の軽減の例
      『牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)』について、九州大学大学院消化器・総合外科(当時)掛地吉弘先生のチームによる「GENIUS Study」は、タキサン系抗癌剤で引き起こされた末梢神経毒性発症率を軽減させる効果を報告しています。
    • ・ その他
      『抑肝散(よくかんさん)』について、認知症患者における行動と心理症状(BPSD)と日常生活動作(ADL)改善に関する報告も話題になっています。また、『六君子湯(りっくんしとう)』について、非びらん性胃食道逆流症(NERD)に対する改善効果も多数の施設から報告されています。
  • (4) メタボ・肥満の進行を食い止める
    「病気ではないけれど完全な健康体とはいいがたい状態」を東洋医学の概念では、『未病』といいます。西洋医学では病名のつけられない段階でも、生活習慣の改善と漢方薬の服用により、じっくりと体質改善を行うことで病気の進行を食い止めることができます。

    東海大学医学部・日置智津子先生のチームの調査によると、肥満症の患者さんに食事療法、運動療法と併行して『防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)』を長期服用した場合、服用していない人に比べて基礎代謝量が高値で安定し、時間の経過とともに体重が減少し続けたという結果があります。
    肥満を改善することは、ひいては糖尿病や高血圧、脂質異常症、さらにはメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防・改善にもつながります。
  • (5) 医療費の削減に有効
    日本は高齢化社会を迎え、医療費の急増問題は避けて通れないものとなっています。いくつもの症状を抱え、1日に何種類もの西洋薬を服用しているお年寄りも多いようです。
    しかし、漢方薬は1つの薬でさまざまな症状に対応することが可能なため、服用する負担の軽減につながり、高齢化社会に適した薬と言えます。
    また、漢方薬を治療に取り入れることで、国の負担も含めた医療費全体を削減することも期待できます。

    その裏付けとして、日本経済大学大学院の赤瀬朋秀先生のチームがが行ったカゼの患者さんを対象にした次のような調査結果があります。「西洋薬のみ」「西洋薬と漢方薬の併用」「漢方薬のみ」の3つのグループに分け、医療費の調査を見てみると、「薬剤数」や「治療期間」、それに対する「平均薬剤費」、「平均総薬剤費」を比較したところ、すべてにおいて漢方薬のみを服用したグループが優れていたのです。

4・5時限目では、東洋医学の基礎知識についてお話します。