DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔2時限〕西洋医学と東洋医学はどう違う?(後編)

【第16回】東西融合医療で、最善の医療を目指す!

スマートDr.養成講座一覧はこちら

近年、「なんとなくだるい」「体が重い」というような、西洋医学では病名のつけられない身体的な不調を訴える患者さんが増加し、医師の間でも東洋医学に対する関心が高まっています。しかし、「東洋医学に興味はあっても何から学んでいいか分からない」という研修医の方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、日本東洋医学会から漢方専門医育成の指導施設として委託を受けている「つるかめ漢方センター」の所長を務めている私が、東洋医学と西洋医学を融合させた診療についてお話しいたします。

頼 建守

頼 建守(らい・けんしゅ)
婦人科医師・漢方科医師。
つるかめ漢方センター所長。新宿海上ビル診療所副院長。
東京医科歯科大学老年病内科非常勤講師・臨床准教授。2013年3月末まで北里大学東洋医学総合研究所漢方科客員医師。台湾生まれ。平成元年慶應義塾大学医学部卒業。
慶應義塾大学付属病院産婦人科、東京歯科大学市川総合病院産婦人科、国立埼玉病院産婦人科、北里大学東洋医学総合研究所漢方科を経て、現在に至る。
慶應大学病院およびその関連病院で勤めていたとき、婦人科医としてずっとガンの手術に取り組んでいたが、椎間板ヘルニアを患い、腰痛と足のしびれに悩まされた。整形外科で1年以上の治療を受けても好転せず、辛さのあまり台湾に一時帰国。現地で漢方と鍼灸の治療によりわずか2ヵ月で完治した経験から東洋医学に魅了され研鑚を始める。

〔2時限〕 西洋医学と東洋医学はどう違う?(後編)

西洋医学と東洋医学では、考え方や治療へのアプローチに違いがあります。
この違いはどちらが良い・悪いというものではなく、得手・不得手のようなものです。まずは両者の考え方と治療へのアプローチについて見ていきましょう。

■西洋医学の考え方と治療へのアプローチ
西洋医学は解剖学や生理学を中心に発達した医学で、血液検査や尿検査などの科学的検査によって細胞・遺伝子レベルから病因を分析します。
現在では、必要に応じてCTやMRIなどの画像検査を行い、病気の原因を解明して「病名をつける」ところから治療がスタート。その病名に応じて投薬や手術によって治療を行う、「エビデンスに基づいた医療(Evidence Based Medicine =「EBM」)」といえます。逆をいえば、「病名のつかない病気を治療することは苦手」なのです。
具体的な治療法としては、検査により病原菌を特定し、その病原菌を排除する投薬を行うことで、病気を治します。ただし、ガンなどのように手術によって病巣を切除する場合には、身体のバランスが崩れて術後の生活に困難をもたらすケースもあります。

■東洋医学の考え方と治療へのアプローチ
東洋医学は患者さんの自覚症状や症候を重視して、病態に着眼し、治療を行います。そのため西洋医学ではあまり着目されていない概念である、「冷え」や、「お血:古血が滞る病態」なども症候のひとつと考え、病態を取り除くことで、患者さんを悩ます症状の改善に至ります。
一般に東洋医学が効果を発揮するのは、自律神経、免疫機構、内分泌系が関与しているもののいずれかであることが多いといえます。弱点としては、手術を要するガンなどの疾患、肺炎などの細菌感染症などが挙げられます。このような病気の疑いがある場合は、東洋医学だけにこだわる必要はなく、西洋医学的アプローチも大切だと考えます。

西洋医学
病因論から立脚する医学
病因がはっきりした病気に優れる
■細菌感染・ガンなど
東洋医学
病態論から立脚する医学
病因のはっきりしない病気にも対応できる
■自律神経系・免疫機構・内分泌系の疾患など

■日本の医師免許はスーパーライセンス!
近隣の台湾や中国、韓国とは異なり、日本では医師免許さえあれば西洋医学の治療はもちろんのこと、漢方治療、鍼灸治療も同時に行うことができます。まさに日本の医師免許は、「スーパーライセンス」といえるでしょう。
また、日本では漢方薬の保険適応が認められているため、同じ医師が西洋医学の薬(この講座では、以下「西洋薬」と呼びます)と漢方薬を同時に処方することができます。このようなことができる国は世界広しといえども日本だけなのです。

つまり日本において漢方の知識を習得した医師は、西洋医学と東洋医学の両面から、それぞれの特長を生かした治療を施すことができ、より広い治療の選択肢から、より良い治療行為を行うことができます。
このように恵まれた環境であるということを理解した上で、研修医のみなさんには病気のなかには東洋医学が効果を発揮する病態がある、ということをぜひ知っていただきたいと思います。

3時限目では、東洋医学についてさらに詳しくレクチャーしたいと思います。