DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔6時限〕高年期の栄養アドバイス(後編)

【第15回】食は生命なり!栄養学を知る

スマートDr.養成講座一覧はこちら

研修医のみなさんは、栄養学についてどのくらいご存知でしょうか?医学部では疾患について学ぶ際に食事療法などの観点から栄養についても学びますが、栄養学をじっくりと学ぶ機会はないのが現状です。研修医となり食事の指示を出す段になって、栄養学を学ぶ必要性をひしひしと感じているドクターも多いことでしょう。
今回は、自治医科大学で41年間、医学生のために栄養学指導を行っている私が、医師のみなさんにこれだけは知っておいていただきたい栄養学についてアドバイスいたします。

香川 靖雄

香川 靖雄(かがわ・やすお)
自治医科大学名誉教授。女子栄養大学副学長。
1932年東京都生まれ。東京大学医学部医学科卒業。聖路加国際病院、東京大学医学部助手、信州大学医学部教授、米国コーネル大学客員教授、自治医科大学教授、女子栄養大学大学院教授を歴任。専門は生化学・分子生物学・人体栄養学。1985年に日本医師会医学賞を、1996年に生化学研究に対し紫綬褒章、2006年には生化学研究・教育に対し瑞宝中綬章を受賞している。
著書に『ゲノムビタミン学』(建帛社)、『生活習慣病を防ぐ』(岩波書店)、『時間栄養学』『香川靖雄教授のやさしい栄養学』(女子栄養大学出版部)などがある。

〔6時限〕 高年期の栄養アドバイス(後編)

■ 早期予防による「レガシー効果」とは?

通常療法群に比し強化療法群では複合心血管イベント発症率が59%(P<0.001)まで低下
画像をクリックして拡大

現代の医療では、医者が治療できるのは病気が進行してからです。診断名がつかなければ、医師は薬を処方することができないのです。
本来、早い段階から病気を抑えるために血圧や体重、血糖、脂質などの異常値を、薬や栄養指導によって正常値に戻すことはそれほど難しいことではありません。
高年期になってから正常値に戻しても、生活習慣の悪い人は早い時期から改善した人に比べて、脳卒中の発症率が5倍、心筋梗塞は4倍も高いのです。
このように早期から予防する努力が遺産となって将来における合併症の発症率が低くなることを、「レガシー効果」といいます。

■ 「牛乳は夕食に飲む」と効果的に骨粗鬆症を予防!

「牛乳は夕食に飲む」と効果的に骨粗鬆症を予防!
画像をクリックして拡大

骨折を機に、寝たきりになるというケースも多くみられますが、女性高齢者の骨折は男性の9倍、転倒は2倍多いということをご存知でしょうか?
骨折の主な原因は、骨量が減少して骨組織の構造が変化することで骨がもろくなる「骨粗鬆症」です。日本人女性では65歳を過ぎると約半数が、男性では75歳を過ぎると約20%が骨粗鬆症に罹るといわれています。
骨粗鬆症の予防には、カルシウムの積極的な摂取が大切です。カルシウムは成長ホルモンが出る就寝後1.5時間の間に吸収率が高まるため、時間栄養学の視点からも、夕食時に牛乳を飲むことをおすすめするとよいでしょう。

■ 認知症の予防
「自分の年齢がわからない」「知人の区別ができない」といった認知症患者は現在、推計で約305万人。2025年には約470万人にまで増加すると予測されています。日本人は平均寿命が長いとはいえ、65歳以上の男性の55%、女性の66%はいずれ認知症になると考えられます。特に女性の生涯における認知症期間は、平均4.8年にも渡るのです。

(1) 認知症予防には葉酸とDHAの積極的な摂取を!
認知症のおもな原因は、「脳血管型」と「アルツハイマー型」の2つです。アルツハイマー型はアミロイドというタンパク質が脳に老人斑として蓄積し、記憶の中心である海馬の神経細胞を破壊していきます。アミロイドの蓄積は50代から始まりますが、老人斑を形成し神経原繊維の変化を起こすのは70歳以降です。
一方、脳血管型の場合、最近では、小さな脳梗塞をくり返すことで脳が破壊されるケースが多く、葉酸の欠乏で血清ホモシステインが上昇すると危険なことがわかっています。
このことから、葉酸の摂取は認知症予防に有効であり、1日400μg以上摂ることを指導しています。
また、DHA(ドコサヘキサエン酸)を摂取することで血栓を防ぎ、血流がよくなれば血管の老化防止にもつながります。

(2) 糖尿病やメタボを防ぐ食事が大切
糖尿病やメタボリックシンドローム(以下、「メタボ」)の人は5~6倍も認知症に罹りやすいことから、認知症の予防には糖尿病やメタボを防ぐ食事が基本となります(詳しくは7時限目に説明します)。 さらに、1日に3食品程度しか摂取しない人は、5~10食品を摂る人に比べて3倍も認知症に罹りやすいというデータがあるため、栄養バランスも大切です。

  • 認知症の欠乏リスク(DHA,葉酸等)と過剰リスク(糖尿病等)
    画像をクリックして拡大
  • 耐糖能異常と高血圧の有無別にみた認知症発症の相対危険メタボリックシンドローム、糖尿病の予防・治療は認知症予防の基本
    画像をクリックして拡大

7時限・8時限では、栄養学による病気予防についてお話しします。