DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔4時限〕少年期から中年期の栄養アドバイス

【第15回】食は生命なり!栄養学を知る

スマートDr.養成講座一覧はこちら

研修医のみなさんは、栄養学についてどのくらいご存知でしょうか?医学部では疾患について学ぶ際に食事療法などの観点から栄養についても学びますが、栄養学をじっくりと学ぶ機会はないのが現状です。研修医となり食事の指示を出す段になって、栄養学を学ぶ必要性をひしひしと感じているドクターも多いことでしょう。
今回は、自治医科大学で41年間、医学生のために栄養学指導を行っている私が、医師のみなさんにこれだけは知っておいていただきたい栄養学についてアドバイスいたします。

香川 靖雄

香川 靖雄(かがわ・やすお)
自治医科大学名誉教授。女子栄養大学副学長。
1932年東京都生まれ。東京大学医学部医学科卒業。聖路加国際病院、東京大学医学部助手、信州大学医学部教授、米国コーネル大学客員教授、自治医科大学教授、女子栄養大学大学院教授を歴任。専門は生化学・分子生物学・人体栄養学。1985年に日本医師会医学賞を、1996年に生化学研究に対し紫綬褒章、2006年には生化学研究・教育に対し瑞宝中綬章を受賞している。
著書に『ゲノムビタミン学』(建帛社)、『生活習慣病を防ぐ』(岩波書店)、『時間栄養学』『香川靖雄教授のやさしい栄養学』(女子栄養大学出版部)などがある。

〔4時限〕 少年期から中年期の栄養アドバイス

■ 少年期の栄養アドバイス
少年期はからだや精神の発達が目覚ましく、正しい生活習慣を身につける上でも重要な時期です。最近、22時以降に寝る子どもが非常に増え、精神障害や母子関係をうまく築けないといったさまざまな問題が生じています。

(1) 朝食を食べると、成績・体力がUP!

朝食摂取と成績の相関
画像をクリックして拡大

2003年に発表された文部科学省の調査により、朝食と体調の関係が明確となりました。
精神的に不安定だったり、暴力を振るったりといった問題を抱える子どもの「キレる」行為にも、実は朝食が大きく関係していたのです。

朝食を抜くと血糖が低下するため、肝臓内に蓄えているグリコーゲンがブドウ糖に分解され血糖を補います。このとき、闘争ホルモンである「アドレナリン」が副腎から分泌されるのですが、それがおもな原因ではないかと考えられています。
さらには、朝食を食べると成績が2割上がり、並行して体力も上がるという調査結果もあります。

(2) 時間栄養学で小児メタボを改善!

子どものメタボリック症候群の診断基準
画像をクリックして拡大

近年問題となっているのが、小児の肥満にともなう高脂血症、高血圧、高血糖などの、「小児メタボリックシンドローム(以下、「小児メタボ」)です。子どもの肥満は、放置すると大人の肥満へと移行してしまい、さまざまな病気を合併しやすくなります。

おもな原因は、肉やバターなどの動物性脂肪の多い食事や、朝食を食べないなど不規則な食事、運動不足、いつでも買い食いのできる環境などが考えられます。これらの原因を改善することで、育ち盛りである少年期は大人の肥満よりも改善効果が持続しやすい傾向にあります。
また、小児メタボの栄養指導にぜひ取り入れて頂きたいのが、「時間栄養学」です。これは生態リズムの視点から考えられた栄養学で、食べる時間帯や、朝昼晩の食事の比率が健康面やダイエットに影響を与えることが研究により解ってきました。

人間のからだには見えない体内時計が備わっています。
1日は24時間ですが、人間の生態リズムは約25時間周期で活動を行っています。この体内時計のズレをリセットして24時間周期に合わせる働きをするのが、「太陽の光」と「朝食」です。
夜ふかしを改めて朝早起きして太陽の光を浴び、朝食を食べることで内臓の働きを調整する「末端時計遺伝子」が働き始めます。内臓が目覚めることで1日のエネルギー代謝が活発になり、肥満の予防につながるのです。

■ 青年期の栄養アドバイス
少年期から青年期に移行する時期は思春期と呼ばれ、一生のなかで最も変化が激しく、急進的に成長し、二次性徴が現れます。

(1) 栄養バランスに注意し、女子は鉄分補給を!
学校給食がなくなるこの時期には、栄養バランスが乱れやすい傾向にあります。
筋肉や血液をつくり、内臓が発育する時期でもあるので、エネルギーやタンパク質をはじめ、カルシウム、鉄、ビタミンDなどを多く摂る必要があります。特にタンパク質は充分に摂り、毎日牛乳を飲むなどカルシウムの摂取にも注意が必要です。女子には鉄欠乏性貧血が多くみられるため、鉄分をしっかりとりましょう。
思春期は脂肪がつきやすい時期ですので、過食は避け、運動を増やし、生活リズムを整えるよう、指導しましょう。

■ 壮年期と中年期の栄養アドバイス
身体的な成長は20歳前後でほぼ完成します。壮年期から中年期は仕事を通じた社会的活動と家庭生活という面で、心身を維持し、健康を増進させるために、生活に応じたエネルギーを過不足なく摂れるバランスのよい食事が大切です。

(1) 適切な食事と運動で生活習慣病の予防を
この時期に大切なのは、生活習慣病の予防です。2004年の国民健康・栄養調査の結果によると、60歳代では日本人の60%が高血圧と高コレステロール血症、高脂肪血症で、30%が肥満と高血糖です。良質なタンパク質やビタミン、ミネラル、とくに緑黄色野菜を積極的に摂り、適正なエネルギー量の食事と適度な運動で、生活習慣病を未然に防ぎましょう。

(2) うつ病も不足栄養素を補うことで改善!
中高年のうつ病による自殺者が大きな問題となっています。私の患者さんにも、「なんだかだるい」「能率が上がらない」といった原因の定まらない不定愁訴を訴える方が多くいらっしゃいます。
実は、食事とうつ病には深い関係があり、全身の栄養障害が神経症状の原因となっているケースがあるのです。

たとえば、ダイエットによる潜在的な鉄分不足を始め、亜鉛不足、ビタミンB群不足、タンパク質不足、低コレステロール血症などがあります。
血液検査の結果をもとに、これらの栄養素を補給すると多くの症状が改善することもあります。うつ状態を抑える薬もありますが、再発も多いうつ病には栄養面での改善も大切です。