DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔1時限〕栄養学を知れば、医療が変わる!(前編)

【第15回】食は生命なり!栄養学を知る

スマートDr.養成講座一覧はこちら

研修医のみなさんは、栄養学についてどのくらいご存知でしょうか?医学部では疾患について学ぶ際に食事療法などの観点から栄養についても学びますが、栄養学をじっくりと学ぶ機会はないのが現状です。研修医となり食事の指示を出す段になって、栄養学を学ぶ必要性をひしひしと感じているドクターも多いことでしょう。
今回は、自治医科大学で41年間、医学生のために栄養学指導を行っている私が、医師のみなさんにこれだけは知っておいていただきたい栄養学についてアドバイスいたします。

香川 靖雄

香川 靖雄(かがわ・やすお)
自治医科大学名誉教授。女子栄養大学副学長。
1932年東京都生まれ。東京大学医学部医学科卒業。聖路加国際病院、東京大学医学部助手、信州大学医学部教授、米国コーネル大学客員教授、自治医科大学教授、女子栄養大学大学院教授を歴任。専門は生化学・分子生物学・人体栄養学。1985年に日本医師会医学賞を、1996年に生化学研究に対し紫綬褒章、2006年には生化学研究・教育に対し瑞宝中綬章を受賞している。
著書に『ゲノムビタミン学』(建帛社)、『生活習慣病を防ぐ』(岩波書店)、『時間栄養学』『香川靖雄教授のやさしい栄養学』(女子栄養大学出版部)などがある。

〔1時限〕 栄養学を知れば、医療が変わる!(前編)

「食は生命なり」

これは女子栄養大学の創立者であり、医師であった私の母、香川綾の遺した言葉です。「食事を通して栄養学を日々の暮らしに根付かせることが、人々の健康な生活につながる」という考えを表しています。
近年、食生活と深く関係するガンや心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、高脂血症、腎臓病、肥満、骨粗鬆症、認知症などといった「生活習慣病」の増加から、改めて食事の大切さが注目されています。

2000年には「健康日本21(21世紀における国民健康づくり運動)」がスタートし、2002年には「健康増進法」が成立、2005年には「食育基本法」が成立するなど、国を挙げての取り組みがなされています。
そのような中、さまざまな病気において栄養状態の改善が、患者のQOL(Quality of Life=生活の質)や予後に大きく関与することが明らかになってきました。まさに、「食は生命なり」ということの重要性が再認識されたといえるでしょう。

■ 医師は患者さんの食事を管理する責任者です

栄養素と臨床栄養基準 人体代謝の出発点
画像をクリックして拡大

医療現場において、患者さんの入院から退院後における栄養管理は、医師や管理栄養士、看護師、薬剤師、検査技師など各分野の専門家が栄養サポートチーム「NST(Nutritional Support Team)」を結成し、相談しながら行います。
医師はすべての入院患者さんに対し、病状に応じた適切な栄養素の摂取量などの指示を「食事箋」(食事指示票)に書く、唯一の責任者なのです。管理栄養士はこの食事箋をもとに食事を作ります。
このように、医師にとって栄養学を学ぶことは、入院患者さんの栄養管理に必要というだけではなく、通院されている患者さんへの食事アドバイスのためにも、大切です。
研修医のみなさんは、「栄養摂取量の指示や栄養指導は医師の責任である」ということを、まずはしっかりと認識しましょう。

■ バランスのよい食事とは?

栄養バランスガイドと4群点数法
画像をクリックして拡大

「バランスのよい食事が大切」とよくいわれますが、いったいそれはどのようなものでしょうか?
私たちは健康なからだを維持し活動するために、食事から栄養素を摂ります。
栄養のバランスが悪くなると、生活の質が下がり、からだや心に不調を招いてしまいます。たとえば、ダイエットのために食事を抜くなどして栄養が低下すると、エネルギーが不足し、からだがだるくなるなどの症状をひきおこします。また、タンパク質が不足すると、からだの臓器や爪、髪の毛などの形成がうまくいきません。さらに、ビタミンB群が不足すると物忘れや認知症の傾向も現れます。反対に、過剰な栄養摂取は肥満や糖尿病などの原因になります。

このようにからだや心の働きを整え病気を防ぐためには、栄養をただ摂ればいいというわけではなく、バランスも大切なのです。
バランスのよい食事を摂る指針となるのが、「四群点数法」です。
これはあらゆる食品を栄養的な特徴が似たもので第1~4群の4つのグループに分け、「食品で何をどれだけ摂るか」の目安としたものです。
それぞれの食品群からバランスよく食品を摂取することで、栄養が偏ることなく、変化のある食事を楽しむことができます。また、最近では外食や調理済み食品を食べる機会が増えたため、「料理で何をどれだけ摂るか」を目安にした、「食事バランスガイド」が発表されています。
下のコマのイラストに描かれているように、毎日の食事を「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」の5つのグループに分類し、コマが倒れないよう各グループからバランスよく摂るように指導しましょう。

■ 「1円あたり約1kcal」を目安に
近頃ではカロリーを表示した食品が増えたとはいえ、それぞれの食材や料理が何kcalかを覚えることは難しいものです。
私は患者さんにアドバイスする際、「1円あたり約1kcal」をひとつの目安にしてくださいと指導しています。1個150円のおにぎりなら、約150kcal、500円のお弁当なら500kcalです。
このように判りやすい目安をもつことで、患者さんはカロリーを意識することができるのです。

後編では、「医療における栄養管理」についてお話しします。