DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔3時限〕【昼の習慣】なんとなく過ごす休日はNO!

【第14回】人生を豊かにする!研修医のための休日習慣アドバイス

スマートDr.養成講座一覧はこちら

研修医のみなさんは、休日をどのように過ごしていますか?
日頃の忙しさから、一日中ダラダラとしてしまう人が多いのではないでしょうか。脳外科医の私の父を見ていると、そもそも休みはほとんどなく、あっても半日程度。そんな貴重な休日をどう過ごすか、悩んでいる研修医の方も少なくないと思います。
今回は医師にもコンサルティングを行う「習慣の専門家」である私が、「習慣」の視点から休日活用術をレクチャーします。

佐藤 伝

佐藤 伝(さとう・でん)
習慣の専門家 行動習慣ナビゲーター。
明治大学文学部卒。創造学習研究所を30年にわたって主宰。チベットのダライ・ラマ13世から現地で直接、密教の奥義を伝授され最高位の称号を授かった祖父から、その秘伝を受け継ぐ。また、脳外科医だった父の影響で科学的アプローチ法を学び、幸せに成功するための習慣を研究・指導している。企業や教育機関での「行動習慣」についての講演は、具体的ですぐに実践できると評判が高い。『「感謝の習慣」で人生はすべてうまくいく!』(PHP研究所)、『幸運を引き寄せる 朝の習慣』『いい明日がくる 夜の習慣』(中経出版)など著書多数。習慣に関する著書は国内外で累計100万部を突破している。

スマートDr.養成講座 第14回 人生を豊かにする!研修医のための休日習慣アドバイス

〔3時限〕 【昼の習慣】なんとなく過ごす休日はNO!

■ 「なんとなく」休日を過ごしていませんか?
少ない休日の時間を使ってリフレッシュするために、みなさんはどのように休日の昼間の時間を過ごしていますか? なんとなくゲームをする、なんとなくテレビを見る、なんとなく散歩する…。こんな風に、ただ「なんとなく」休日の昼を過ごしている人がとても多いのです。

仕事に追われてなんとなく日々を過ごしていたら、ふと気がついたときには人生の終盤を迎えていた…。というのでは、もう取り返しがつきません。「なんとなく人生」にサヨナラして、主体的に休日の昼を過ごすための習慣を身につけましょう。

■ 人生を豊かにする休日の昼習慣10ヵ条

  • (1) 8つのリフレッシュ法を見つける
    貴重な休日を充実させるためには、リフレッシュするための手札をどれだけもっているかがカギとなります。
    リフレッシュ法を見つけるには、9マスメモ(ナイン・マトリックス)を活用しましょう。不思議なことに人は枠があると埋めようとする心理が働きます。コツは1度に埋まらなければ放っておくこと。電車に乗っているときなどにふと思いついたら、マスを埋めていきましょう。
    9マスメモ(ナイン・マトリックス) できましたか? ここに書かれているのがあなたのリフレッシュ法です。
  • (2) 大切な誰かに時間のプレゼント
    研修医のみなさんの中には「普段忙しいので、休みの日くらい自分の時間を」と、大切な人との約束を諦めてしまう人もいるのではないでしょうか? しかし、休日こそ誰かのために使う時間を優先さてほしいのです。 人のために使った時間があなたの心の座標軸となり、心の豊かさとなります。
    たとえば、電話したり、絵ハガキなどを出すこともおすすめです。
    今はメールがコミュニケーションの主流ですが、心を届けるにはやはり肉声、肉筆をおろそかにしないことです。
  • (3) 片付けをする
    ドイツのある研究によると、「床の見える面積と貯蓄額は比例する」というおもしろい調査結果があります。人は不安要素があると、心の隙間をついモノで埋めようとするのです。
    あなたの部屋の床は散らかっていませんか?
    いい気分で過ごすためにも、整理整頓はとても大切です。まずは3分と時間を決めて、床に積み上がった本や書類を片付けてみましょう。
  • (4) 散歩する
    散歩は気軽にできる有酸素運動であると同時に、心身のリフレッシュにもつながるのでおすすめです。
    外を散歩すると景色が変わるため、脳はさまざまな情報をキャッチし、アイデアやひらめきも増すのです。
    万歩計をつけて1日の運動量をチェックする、散歩の途中に出会った美しい花や青空をカメラで撮影するなど、プラスアルファの楽しみ方を見つけてみてください。
  • (5) 裸足で歩く
    最近、裸足で外を歩いたことはありますか?
    近くの公園でも、海辺でもかまいません。土のぬくもり、小石のザラザラ感、芝生のチクチクとした感触を足の裏で感じてみましょう。そして、大地に根を生やすようなイメージで立ち、深呼吸してください。
    辛さや悲しみ、怒り、不安、嫉妬…。地球はあなたのあらゆる感情を丸ごと受け止めてくれるということを、ただ静かに感じましょう。
  • (6) 体を使って遊ぶ
    プロのアスリートにとっては常識ですが、彼らは心を安定させ、最大のパフォーマンスを発揮するために、いつも体を柔らかくするように気を配っています。
    実は、緊張で体が固まるのではなく、固まった筋肉の記憶が緊張を招くのです。
    体と心は連動しています。ストレッチをしたり、体の動くままにダンスしたり。無心になって体を動かして遊んでいるとき、酷使していた心や頭が解放されて元気や勇気がみなぎってくるのです。
  • (7) 非日常体験をする
    「オン」の時間に白衣を着ている研修医のみなさんですが、休日にはいつもは着ない和服や、レインボーカラーの服を着るなど、別の自分になることを楽しんでみてください。
    また、日頃は忙しくてなかなかできないことにチャレンジするのもおすすめです。
    たとえば、抹茶を立てたり、お香を炊いたり。和の文化はシンプルでも奥が深く、一つひとつの動作を丁寧に行うことで、日常の慌ただしさを忘れ、ゆったりとした心地いい時間を過ごせます。
  • (8) 「いい人仮面」を脱ぐ
    普段は「先生」という仮面をつけて働く研修医にとって、その時間はとても長く、ほんとうの自分はどんな人間だったのかさえ、わからなくなることもあるでしょう。
    いい先生でいようとすると、ストレスが積もり疲れてしまいます。休日こそそんな仮面を脱いで、素の自分に戻ってください。まずは、「素の自分」と声に出して言うことから、本能的な解放感を味わいましょう。
  • (9) お墓参りをする
    休日の習慣にお墓参りを取り入れましょう。「はかない」人生の語源は、「墓がない」。つまり「墓なし」という意味だそうです。墓があってもほったらかしなら、墓ない人生と同じこと。お墓参りは亡くなった方の供養だけではなく、今、自分が生きていることに感謝するという意味もあるのです。
    お墓が遠方で出向くのが難しい場合は、亡くなった方のことを思い出して、心の中でお墓参りをしてみてください。
  • (10) 妄想する
    「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる」
    これは有名なフランスのSF作家、ジュール・ヴェルヌの言葉です。彼の書いた『月世界旅行』は非現実的な小説ですが、アポロ計画にも影響を与えたと示唆されるほど影響力が強かったようです。
    夢の始まりは、すべて妄想です。たくさん妄想できる人は、多くの夢をもつことができます。子供の頃は誰もが妄想の名人だったはず。休日こそ、常識の枠を飛び越えてワクワクと妄想を楽しみましょう。