DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔1時限〕【休日の意義】人生における休日とは?

【第14回】人生を豊かにする!研修医のための休日習慣アドバイス

スマートDr.養成講座一覧はこちら

研修医のみなさんは、休日をどのように過ごしていますか?
日頃の忙しさから、一日中ダラダラとしてしまう人が多いのではないでしょうか。脳外科医の私の父を見ていると、そもそも休みはほとんどなく、あっても半日程度。そんな貴重な休日をどう過ごすか、悩んでいる研修医の方も少なくないと思います。
今回は医師にもコンサルティングを行う「習慣の専門家」である私が、「習慣」の視点から休日活用術をレクチャーします。

佐藤 伝

佐藤 伝(さとう・でん)
習慣の専門家 行動習慣ナビゲーター。
明治大学文学部卒。創造学習研究所を30年にわたって主宰。チベットのダライ・ラマ13世から現地で直接、密教の奥義を伝授され最高位の称号を授かった祖父から、その秘伝を受け継ぐ。また、脳外科医だった父の影響で科学的アプローチ法を学び、幸せに成功するための習慣を研究・指導している。企業や教育機関での「行動習慣」についての講演は、具体的ですぐに実践できると評判が高い。『「感謝の習慣」で人生はすべてうまくいく!』(PHP研究所)、『幸運を引き寄せる 朝の習慣』『いい明日がくる 夜の習慣』(中経出版)など著書多数。習慣に関する著書は国内外で累計100万部を突破している。

スマートDr.養成講座 第14回 人生を豊かにする!研修医のための休日習慣アドバイス

〔1時限〕 【休日の意義】人生における休日とは?

■ あなたにとって休日とは?
突然ですが、まずは質問です。あなたは「休日の午後6時半」にどのような気分になりますか?

休日の午後6時半

この質問の「休日の午後6時半」の気分とは、あなたの仕事(オン)と休日(オフ)の過ごし方を如実に現す、心のリトマス試験紙のようなものです。
この質問に「ワクワクする」と答えた人は、趣味に熱中したり、旅行したり、充実した休日を過ごしている方です。きっと仕事もイキイキ取り組んでいらっしゃることでしょう。
一方、「憂鬱になる」と答えた人は、日頃の疲れを癒すために休日は一日中寝ていたり、ボーッとテレビを見ているうちにあっという間に夕方になってしまったり…。ダラダラと休日を終えて後悔することが多いのではないでしょうか。また、仕事へのモチベーションも下がっているのかもしれません。

このように「休日の夕方になると翌日からの学校や仕事のことを考えて憂鬱になり、場合によっては体の不調を招く」といった症状は、一般的に日曜日の夕方に放映されているテレビアニメ『サザエさん』を見た後に起こりがちなことから「サザエさん症候群」と呼ばれています。
私がコンサルティングを行っている医師にも同じようにこの質問をすると、残念なことに多くの方々が、「憂鬱になる」と答えます。なかには仕事が忙しすぎるあまり、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)が破綻して家庭が崩壊していたり、幸せを休日にばかり求めて、平日=地獄、休日=天国と思っていたりする傾向がみられます。

■ オンとオフの時間をリンクさせる
休日をどう捉えるかで、平日の過ごし方も変わってきます。
ほとんどの人は、時間の流れを「オン」と「オフ」というように区切って考えがちです。やるべき仕事がたくさんある「平日=オン」に重きをおき「休日=オフ=充電の時間」と捉えてしまうと、休日には何もせずダラダラと過ごすといった結果につながります。

このように「オフ」が「オン」のための充電、つまりは犠牲となってしまっているから、休日の午後6時半に憂鬱になるのです。
そうならないためにも、仕事と休日を「オン」と「オフ」で分断せず、「それぞれの役割を持ちながらリンクしている」という考え方を持てることが理想的です。

研修医のみなさんの平日は、診療や当直、カンファレンス、研究会などで忙しく、生活を見直したり、人生の目的について考えたりすることはなかなか難しいでしょう。だからこそ、少しでも時間に余裕のある休日に、研修医としての自分の生き方を見直して、充実した休日を過ごしていただきたいのです。
イキイキとした人生を送るか、不満だらけの人生を送るかはあなた次第。人生とは、毎日の生活の積み重ねです。この毎日の生活とは、その人の「習慣」なのです。休日にこれまでの悪習慣をリセットし、自分の人生をデザインすることが大切です。

■ 習慣を変えれば人生が変わる!
そもそも習慣とは、「心と頭と体」のクセのようなものです。私はこれを「習慣のトライアングル」と名付けました。

習慣のトライアングル

私たちは何かが起こったとき、2つの感じ方をします。
たとえば、ある女性が出かけようとして、玄関でヒールのかかとが折れてしまったとします。Aさんは、「いやだわ、不吉な予感。もっと悪いことが起こりそうだから出かけるのはやめようかしら」と「不快」に感じます。
反対にBさんは、「よかった!歩いているときに折れていたら転んでケガをしていたかもしれない。今日はツイてるから、いいことがありそう」と「快」に感じます。

そう、出来事があなたの人生を分けるのではありません。まったく同じ出来事が起こっているのに、「快・不快」という2つの感じ方があるだけなのです。
「快」と感じるか、「不快」と感じるかは、その人の「習慣的な感情」次第です。実は、この「快・不快」の「感じ方」が、あなたの人生を大きく左右します。
これをドライブにたとえるなら、ハンドルを制御しているのはあなたの心です。Bさんのように「快」の感情を抱けば、アクセルを踏んでワクワクとした幸せな人生を進みます。しかし、Aさんのように「不快」と感じればブレーキを踏んで前進することをストップしてしまいます。

人生で幸せに成功するハッピー・サクセス(成幸)の秘訣は、いつでも「快」の感情でいること。つまり「いい気分でいる」ことなのです。

2時限目からは、いつでもいい気分で、休日を充実させるための朝・昼・夜の習慣についてお話しします。