DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔2時限〕使途を見直す】お金をコントロールして貯金力をつける

【第11回】研修医時代から始める貯金生活宣言

スマートDr.養成講座一覧はこちら

貯金はしたいけれど、なかなか思うように貯まらないとお悩みの方は、世の不況を反映して増えるばかりのようです。貯えを作るということが難しいのは、所得の大小を問わず誰でも同じです。周囲からは高収入の職業と見られるドクターであっても、貯金が得意な方ばかりではないでしょう。
そこで今回は、5,000件以上の「お金の問題児さん」のさまざまなケースに一緒に向かい合ってきた、ファイナンシャルプランナーで「家計再生コンサルタント」の私が、研修医のみなさんに向けて、貯金を作るためのコツとテクニック、そしてお金と向き合う時に気に留めていて欲しいアドバイスをさせていただきます。

横山 光昭

横山 光昭(よこやま・みつあき)
家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー、株式会社マイエフピー代表。
家計の借金・ローンを中心に盲点を探り、抜本的解決・確実な再生をめざす。お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、これまで5,800人以上の赤字家計を再生。書籍・雑誌への執筆、講演も多数。『年収200万円からの貯金生活宣言』シリーズは累計45万部を突破。近著に『「これ」で、貯めてもらいます。-5500人超の家計を再生させた横山式貯金術100本ノック』(徳間書店)など。

スマートDr.養成講座 第11回 研修医時代から始める貯金生活宣言

〔2時限〕 【使途を見直す】お金をコントロールして貯金力をつける

■ 「消(ショウ)」「浪(ロウ)」「投(トウ)」をいつもイメージしよう!
お金を貯めるためにいちばん大切なのが、「お金を管理」することです。この取り掛かりとして、あなたが使うお金を「消費」「浪費」「投資」の3つに分けてみましょう。
消費、浪費、投資の分類 お財布からお金を出すときには、今から支払うお金がこの3つのどれに当たるかを考えてみましょう。
貯金をするために減らしていきたいのは、「浪費」に当たるお金。次に、少し考えれば使わずにすむ「消費」の一部です。「消費を1円でも減らそう」とか、「無駄かもしれない投資は絶対ダメ」とは言いません。貯蓄を継続的に成功させていくには、お金と無理なく、バランスよくつきあっていくことが大切です。そして将来「こんなドクターになりたい」というビジョンを現実のものにしていくために、みなさんには、そうした自分への投資はむしろ積極的にしていただきたいと思います。

■ 理想のバランスは、消費70%、浪費5%、投資25%!
「これは消費? 浪費? 投資?」お金を使う時に自問自答してみてください。
はじめはすぐに判断できなくても、だんだん反射的にわかるようになります。
そして、「消費だと思っていたけど、もしかして浪費?」といったことにも気がつくようになります。その「気づき」の事例をご紹介します。
「気づき」の事例
自分にとって「消費」なのか?「浪費」なのか?「投資」なのか? という判断をより適切に行いながら、支出を100としたときの割合を確かめてみましょう。

支出を100としたときの割合

日が経つにつれて「消」「浪」「投」の割合に変化が出てきます。消費や浪費が減って、投資が増えてくるのです。
研修医のみなさんの場合、専門書の購入や勉強会、学会の費用など、投資が多いとは思いますが、それを無理に減らす必要はありません。 ただし、「消」「浪」「投」を判断していくうちに、「これは投資ではないのでは?」というものも出てくるでしょう。これは、人に指摘されて減らすのではなく、まず自分で気づくことが大切。自分で判断したほうが圧倒的に「浪費を減らす効果」が高いのです。 私は、最終的な理想のバランスとして、消費70%、浪費5%、投資25%という目安を提案しています。本来、浪費はゼロにすべきかもしれませんが、ギスギスしないで時にはムダも許容することが、貯金の成功につながります。逆に、投資が20%だった人は、もっと増やして25%にすることで、よりよい未来の自分を作ることにつなげていってもよいでしょう。

■ 自分が気になる支出だけをつける「家計簿」
貯金やお金の管理についての話の際には、必ずといっていいほど家計簿をつけることの重要性が説かれると思います。「消」「浪」「投」を正確に把握する意味でも、家計簿をつけるにこしたことはありません。お金の管理は「家計簿をつける」ことで大半がクリアできるとも言えます。
とは言うものの…、家計簿をつけることが負担となって、いきなり貯金生活を挫折する方が多いのも事実です。
なぜそうなってしまうのでしょうか。その理由の多くは、食費や光熱費や雑費など、すべてをきっちり記録しようとするからです。完璧を求めて、家計簿をつけるのを挫折してしまう…。そのせいで貯金する気まで失せるのは非常にもったいないことです。
目標は、「家計簿をつける」ことではなく、「貯金をする」ことなのですから、無理せず、まずは「自分の気になる出費(よく使うもの)」だけをつけていくようにすればいいのです。
例えば、こんな出費を記録してみましょう
気になる出費は人それぞれです。「食費だけ」「ファッションや美容にかかるお金だけ」など、一点集中でいいので、自分のお金の使い方を少しでも把握して、家計簿をつけることに慣れましょう。これを続けるだけでも「こんなに使っているんだな」ということが見えてきます。

また、先ほどの「消」「浪」「投」で言えば、「投資」だと思うものだけを家計簿につけてみるのもよいでしょう。これによって「自分はこれだけを投資しているんだ」ということが、将来を築くためのモチベーションを強くします。
さらに、「投資は削れないので、携帯電話の料金プランを見直して毎月の支出を少しでも減らそう」など、お金の使い方にメリハリをつけるきっかけにもなるのです。こうしてお金をコントロールできるようになると、徐々に貯金力がついてくるのです。