DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

 > 

 > 

 > 〔1時限〕【貯金の基本】お金と上手につきあっていますか?

【第11回】研修医時代から始める貯金生活宣言

スマートDr.養成講座一覧はこちら

貯金はしたいけれど、なかなか思うように貯まらないとお悩みの方は、世の不況を反映して増えるばかりのようです。貯えを作るということが難しいのは、所得の大小を問わず誰でも同じです。周囲からは高収入の職業と見られるドクターであっても、貯金が得意な方ばかりではないでしょう。
そこで今回は、5,000件以上の「お金の問題児さん」のさまざまなケースに一緒に向かい合ってきた、ファイナンシャルプランナーで「家計再生コンサルタント」の私が、研修医のみなさんに向けて、貯金を作るためのコツとテクニック、そしてお金と向き合う時に気に留めていて欲しいアドバイスをさせていただきます。

横山 光昭

横山 光昭(よこやま・みつあき)
家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー、株式会社マイエフピー代表。
家計の借金・ローンを中心に盲点を探り、抜本的解決・確実な再生をめざす。お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、これまで5,800人以上の赤字家計を再生。書籍・雑誌への執筆、講演も多数。『年収200万円からの貯金生活宣言』シリーズは累計45万部を突破。近著に『「これ」で、貯めてもらいます。-5500人超の家計を再生させた横山式貯金術100本ノック』(徳間書店)など。

〔1時限〕 【貯金の基本】お金と上手につきあっていますか?

私の仕事は、資産運用や金融商品の提案を行うファイナンシャルプランナー(以下、FP)ですが、一般的なFPではなく、お金の面で苦しい状況にある方の家計を再生する「家計再生コンサルタント」という肩書きで仕事をしています。
依頼者は「お金とうまくつきあえない」という方々ですが、そのご職業は幅広く、ドクターと言えど例外ではありません。「お金が貯まらない=収入が低い」ということではなく、むしろ、医師や弁護士など、収入そのものは高い方から「貯金がまったくできない」というご相談を受けることも少なくないのです。
専門性の高い職業の方ほどお金の面には疎かったり、お立場上さまざまなお誘いが多くて使いすぎたりしがちです。お金ときちんと向き合わないことには、いくら高収入でも貯金はできないのです。

将来の医療の世界を担う研修医のみなさんには、若い今のうちにこそ、お金との有意義なつきあい方を身に付けていただきたいと思います。

■ あなたはどれ? 性格タイプ別、貯金ができない理由
貯めたいと思っているだけでは貯金はなかなかできません。実は、貯金ができないことの原因は大きく分けて、「物理的な要因」と「心理的な要因」の2つに分けられます。
物理的な要因 心理的な要因
「物理的な要因」が原因の場合は、収入を上げる対策や、現状の固定費支出をさらに下げるための工夫が必要になります。
「心理的な要因」には4つのタイプがあると私は考えています。では、そのタイプと対策について見てみましょう。
「心理的な要因」4つのタイプ

■ お金は、使いながら&楽しんで貯めよう!
さて、今の時代は経済不安という背景からも「貯金をしなくては!」と焦る人が増えてきました。でも私は、こうした「不安」そのものはお金を貯めるための原動力にはならないと思っています。もし貯まったとしてもその生活は味気なく、つまらないものになってしまいます。
心豊かに楽しく貯金を続けていくために、何らかの目的や目標、夢などを掲げて貯金することを私は提案しています。今まで貯金をしてこなかった人が貯金を始めれば、少なからず生活を変えなければいけません。それがストレスにもなるでしょう。ですから、楽しく貯金をするという行動目標が必要なのです。

例えば、貯金が目標額に達したら、「小旅行に行ってリフレッシュする」と決めておけば、貯金をすることに楽しみを感じることができるため、ストレスは溜まりにくいものです。お忙しい研修医のみなさんは、旅行に行ける機会も少ないと思いますが、旅行が無理なら「以前から欲しかったモノを買う」でもいいです。夢や目標があるのとないのでは、大違いなのです。

家計相談の依頼者の中でも、貯金が上手にできるようになった人は、「お金を使うのが好き」という方が多いのです。お金を使うのが好きな人ほど、目標を立てて、好きなことに使おう」とすんなり発想できます。まずはこうした小さな成功を積み重ねて、大きな額を貯めていくことがステップなのです。
さあ、夢や目標を貯金の原動力にすべく、貯金体質を身に付けてみましょう!