DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

スマートDr.養成講座一覧

【第16回】 東西融合医療で、最善の医療を目指す!

頼 建守
頼 建守(らい・けんしゅ)

近年、「なんとなくだるい」「体が重い」というような、西洋医学では病名のつけられない身体的な不調を訴える患者さんが増加し、医師の間でも東洋医学に対する関心が高まっています。しかし、「東洋医学に興味はあっても何から学んでいいか分からない」という研修医の方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、日本東洋医学会から漢方専門医育成の指導施設として委託を受けている「つるかめ漢方センター」の所長を務めている私が、東洋医学と西洋医学を融合させた診療についてお話しいたします。

【第15回】 食は生命なり!栄養学を知る

香川 靖雄
香川 靖雄(かがわ・やすお)

研修医のみなさんは、栄養学についてどのくらいご存知でしょうか?医学部では疾患について学ぶ際に食事療法などの観点から栄養についても学びますが、栄養学をじっくりと学ぶ機会はないのが現状です。研修医となり食事の指示を出す段になって、栄養学を学ぶ必要性をひしひしと感じているドクターも多いことでしょう。
今回は、自治医科大学で41年間、医学生のために栄養学指導を行っている私が、医師のみなさんにこれだけは知っておいていただきたい栄養学についてアドバイスいたします。

【第14回】 人生を豊かにする!研修医のための休日習慣アドバイス

佐藤 伝
佐藤 伝(さとう・でん)

研修医のみなさんは、休日をどのように過ごしていますか?
日頃の忙しさから、一日中ダラダラとしてしまう人が多いのではないでしょうか。脳外科医の私の父を見ていると、そもそも休みはほとんどなく、あっても半日程度。そんな貴重な休日をどう過ごすか、悩んでいる研修医の方も少なくないと思います。
今回は医師にもコンサルティングを行う「習慣の専門家」である私が、「習慣」の視点から休日活用術をレクチャーします。

【第13回】 最善の医療判断のために大切なこと

寺下 謙三
寺下 謙三(てらした・けんぞう)

医療現場では、医師は状況に応じてさまざまな判断を迫られます。治る見込みが高い場合などの軽度な判断もあれば、生命に関わる重大な判断を下さなければならないこともあります。「判断すること」は、医師にとって避けては通れない重責といえるでしょう。昨今は、その重責を患者さんが担うインフォームド・チョイスの時代ですが、だからこそ、重責を担う患者さんを積極的にサポートし、よりよい判断を下せる状況に導いてあげることこそ、これからの医師に求められるスキルではないでしょうか。今回は、医療判断支援の活動を行っている私が、「最善の医療判断のために大切なこと」についてお話しします。

【第12回】 アサーションで人間関係を円滑に

石井 隆之
石井 隆之(いしい・たかゆき)

みなさんの周りには、患者さんをはじめ、看護師や技師、指導医や同僚など多くの人との人間関係が存在します。それらすべての人間関係が良好であることが理想ですが、うまくいかないこともあるのではないでしょうか?言いたいことが言えなかったり、攻撃的になってしまったり…。そんなときに大切なのは、しっかりと自分の気持ちを把握しながら相手と関わること、そして、その場にふさわしい自己表現をすること。こうした人との関わり方を「アサーション」と言います。今回は、アサーション・トレーニングの講師として講演やセミナーを行なっている私が、この「アサーション」についてお話しさせていただきます。

【第11回】 研修医時代から始める貯金生活宣言

横山 光昭
横山 光昭(よこやま・みつあき)

貯金はしたいけれど、なかなか思うように貯まらないとお悩みの方は、世の不況を反映して増えるばかりのようです。貯えを作るということが難しいのは、所得の大小を問わず誰でも同じです。周囲からは高収入の職業と見られるドクターであっても、貯金が得意な方ばかりではないでしょう。
そこで今回は、5,000件以上の「お金の問題児さん」のさまざまなケースに一緒に向かい合ってきた、ファイナンシャルプランナーで「家計再生コンサルタント」の私が、研修医のみなさんに向けて、貯金を作るためのコツとテクニック、そしてお金と向き合う時に気に留めていて欲しいアドバイスをさせていただきます。

【第10回】 スマートにモテるドクターの恋愛術

牛窪 恵
牛窪 恵(うしくぼ・めぐみ)

常にお忙しい日々をお過ごしのドクターのみなさん。もしかしたら、恋愛をする時間もないし、出会いもないとお嘆きではないですか?たとえ恋人がいたとしても、忙しい中でのお付き合いは、なかなかムズカシイと感じている方も多いのではないでしょうか。一言で恋愛と言っても、その時代によって傾向や形は大きく異なります。仕事と恋愛を両立しながら人生を楽しむためには、まず、イマドキ恋愛の実態を知ることが大切。そして、それに合わせた恋愛術を身に付けましょう。
第10回のスマートDr.養成講座は、マーケティングライターの私がこれまでに多数調査・取材した「イマドキ恋愛の実態」を踏まえながら、そこから導き出せる恋愛術をアドバイスさせていただきます。

【第9回】 同じ3分でも差が出る!効率的なコミュニケーションとは!?

神尾 えいじ
神尾 えいじ(かみお・えいじ)

患者さんや院内スタッフとのコミュニケーションは十分にとれていますか?
「とにかく忙しくてゆっくり会話をしている時間はない…」。みなさんからは、そんな声が聞こえてきそうですが、良好な人間関係を築くために「時間」というものが、必要絶対条件ではないと私は考えています。
今回は、たとえ短い時間の中でも、相手に自分の気持ちや真意が伝わる「効率的なコミュニケーション」について、私が専門とする「営業」の視点を交えながら、一緒に考えてみましょう。

【第8回】 医師の未来設計書

赤根 琢哉
赤根 琢哉(あかね・たくや)

夢はお医者さん!でもその後は何を目標にしたらいい…?
一人前の医師になるのは一般的に30歳前後。それでも、結婚資金に子どもに家に保険…、日常ではなかなか意識できない「将来の出費」は、医師にも当然降りかかってきます。医師ならではの人生設計やコスト管理についてのポイントを、フィナンシャルプランナーとして活躍する講師に教えていただきます。

【第7回】 忙しいドクターのための、時間管理徹底講義

村中 剛志
村中 剛志(むらなか・たけし)

「時間がない!!」多忙を極める医学生、研修医、それは将来一人前の医師になっても同じです。
時間管理の基本は「先読み力」を身につけることによって、時間に管理されるのではなく、自ら時間を管理することです。
タイムマネジメントの達人が、先読み力を身につける方法や時間管理の極意をご紹介します。

【第6回】 ソーシャルメディア活用術

熊坂 仁美
熊坂 仁美(くまさか・ひとみ)

FacebookにTwitter、新しいテクノロジーとして話題のソーシャルメディア。
旧友との再会やイベントのお誘い、情報収集からコネクション作りまで、便利そうに聞こえますが、いざ活用するとなるとなかなか難しいものです。医師としてこれを使うにはどうすればいいのか。心構えやコツをソーシャルメディアの最前線を知る講師が伝授いたします。
開業や病院経営にも大いに役立つソーシャルメディア。これを使いこなせる次世代ドクターを目指しましょう。

【第5回】 目指せ!国境なきドクター!

押味 貴之
押味 貴之(おしみ・たかゆき)

インターネット、論文、国際学会…、英語が一般共通語となっている今、最先端の情報を得るためには英語の能力が求められています。
スマートDr.たるもの、問診に来た外国人ともペラペラとしゃべりたい!
今回は医療英語のプロであり、医療通訳の普及にも努めている日本大学医学部の押味貴之先生に医療英語学習のワザとコツを伝授していただきます。

【第4回】 医師の婚活「スマート婚活大作戦」

白河 桃子
白河 桃子(しらかわ・とうこ)

一般的に「モテる」と思われがちな医師。
結婚も簡単に出来るかと思いきや、実際は毎日忙しく、家と病院との往復だけで一日が終わるのもよくあること。普通でさえ結婚が難しい時代に、時間のない医師が幸せな結婚をするためには…?
「婚活」という言葉の生みの親、『「婚活」時代』の著者白河桃子氏を講師に迎えた、婚活だってスマートに決めたい医学生・研修医に向けた結婚活動講座。

【第3回】 社会人マナー「スマートDr.のお作法」

西出 ひろ子
西出 ひろ子(にしで・ひろこ)

院内でも、プライベートでも「先生」と呼ばれる存在だからこそ、多くの人々からあなたのマナーはチェックされています。社会人として、そして医師として求められる作法を、メディアや執筆で活躍し、現在も事業を通して多くの医師と接点を持つカリスママナー講師、西出ひろ子氏に指南していただきます。

【第2回】 劇的コミュニケーション before after

前田 京子
前田 京子(まえだ・きょうこ)

患者さんとのコミュニケーションはもちろん、病院も組織の一部である以上、指導医や先輩医師、同僚との人間関係など、多種多様な場面でコミュニケーション能力が必要とされます。心理学的アプローチで数々の企業の研修・講演を手掛ける講師から、院内で使える実践的コミュニケーション術を学びましょう。

【第1回】 プレゼンテーション「アナウンサー直伝 しゃべりのテクニック」

梶原 しげる
梶原 しげる(かじわら・しげる)

学会やカンファレンス、回診に問診など、医師にはさまざまなプレゼンテーションの機会があります。元アナウンサーで数々のテレビ・ラジオ番組に出演経験のある講師から、「伝わるプレゼンテーション」「魅せるプレゼンテーション」について学びましょう。