DtoDレジデントは、総合メディカルが運営する、医学生・研修医向けの総合キャリア情報サイトです

DtoDレジデントロゴ

医療機関の方へ

無料登録 会員登録

会員登録の4のメリット

会員登録の4つのメリット

詳しくはこちら

  • 医師のための転職・開業支援サイト
  • 日系メディカル×DtoD総合メディカル
  • 島根県の医学生・研修医向け情報
  • 都道府県別 研修医・医学生向け支援情報
  • 総合メディカル株式会社では、最も安全性の高い256ビット版SSLを使用しております
  • 総合メディカル株式会社はプライバシーマークを取得しております

研修医相談室 【第2回】

研修医相談室一覧はこちら

初期研修を他の病院でやり直すのは可能でしょうか。
また、後期研修先を選択する際に不利になりますか。

研修医イメージイラスト

地方の市中病院で初期研修1年目の者です。現在、私一人が研修をしており、2年目の初期研修医、後期研修医の先輩方もいません。実家から近いという理由から指名した病院ですが、現在の臨床研修制度になってからほとんど研修医が来ず、病院自体が研修制度をよく理解していないような印象があります。研修中、人間関係でストレスを感じる事はありませんが、他の病院で研修をする友人の話を聞くと研修内容に差を感じています。きちんと見学しなかった自分にも非がありますが、できれば違う病院で初期研修をやり直したいのですが、そのようなことは可能でしょうか。また他の病院でやり直した場合、後期研修先を選択する際に不利になるのでしょうか。よろしくお願いします。

内藤先生の回答

途中で研修先を変えるのはめずらしいことではありません。ただ、その前にいまの病院でできることを探して取り組んでみることをおすすめします。

新たな研修制度に変わり、研修病院の選択が自由になってからは、途中から研修先を変えることはめずらしいことではなくなってきました。
ただ、ある程度、研修を続けてみないと自分にとって何が足りないのかもわからないのではないでしょうか。自分自身、中途半端に病院を変わってしまったという気持ちを残さないためにも、まず初期研修の2年間は続けて、3年目から別の施設に行くことを考えても遅くはないと思います。 他に研修医がいないということで不安を感じているようですが、それはむしろメリットとも考えられます。あまり研修医の数が多いと、例えば点滴をするにしても、なかなか順番が回ってこなくて経験が積めないという問題があります。人数が少なければ、それだけ自分のやりたいことができる可能性も増えてきます。

また、現行制度のもとでは研修医の活動が制限されているため、時間外や夜間の1人での当直もありません。そこで、研修の時間が終わったあと、何をするかで大きな差がついてきます。今の時代、ネットやDVDの教材でいくらでも学ぶことができますし、大学の有名な先生の講義を聴きにいくのも自由です。別の病院のカンファレンスにも、どんどん参加して構いません。つまり、どこで研修を受けていても、同じフィールドにたって学ぶことが可能です。研修施設で得られないことを、土日・祝日、夜間に自分で補うこともできるのです。いろいろな施設に出かけていくなかで、後期研修を受けたい施設が見つかるかもしれません。

内藤俊夫先生
順天堂大学順天堂医院 総合診療科
教授 内藤俊夫先生

それでも、どうしても研修先を変わりたい場合、「最初の病院が嫌だったから変わりました」ではなく、「一般病院では学べない専門的な経験を積むために専門病院に移動しました。そのおかげでこのことが学べました」などと、きちんと説明できるようにしておいたほうがいいでしょう。

最後に、完璧な研修施設はないということも伝えておきたいですね。そんな中で自分にできることをやっていく姿勢も大切です。たとえばめずらしい症例が少ない施設であれば、ひとつの症例を掘り下げていくとか、自分なりに足りないところを補っていく努力も忘れずに頑張ってほしいと思います。

研修先としての総合診療科の魅力はどんなところにありますか?

診断から治療まで一貫して患者さんを診ることは、医師として大きな魅力です。
また、専門医の資格取得も可能です。

当院の総合診療科では、目標をもって研修に参加してもらえるよう、卒後6年間で「内科学会の総合専門医、日本プライマリ・ケア連合学会の家庭医療専門医の2つの専門医資格」「腹部エコー、上部消化管内視鏡検査の技術」「博士号」の取得を目指しています。

総合診療科と聞いても、漠然としていて何をしているのかわからない人も多いと思います。たんなる振り分け外来という見方をされる場合がありますが、当院ではここ10~15年の間に院内での位置づけが明確になってきました。診断から入院治療までを一貫して担当することも多く、初診の患者さんの80%以上を当科で診断・治療しているという実績があります。白血病やリンパ腫ですら、組織診まで行って確定診断をした上で血液内科に紹介しています。感染症に関しては診断だけでなく、入院治療から外来に至るまですべての診療を担っています。感染対策を行うにとどまらず、発熱の患者さんを感染症と診断して治療する力をつけることが大切です。手術後に熱が出てしまい、他の診療科から我々が相談を受けることもあります。整形外科を受診した患者さんが訴える痛みの原因がわからないといって、総合診療科に紹介される場合もあります。このように、各科との連携もスムーズになり、病院内でも役に立つ科だという認識が定着してきています。

他院では、総合診療科には末期のがん患者が紹介されて困る、という声も聞かれます。でも、私はどんな患者さんでも診ればいい、と思っています。末期のがん患者さんが来たら、モルヒネの使い方、終末期の看取り方を学べばいいのです。どの科へ行って良いのかわからない患者さんはすべて診るという姿勢で取り組んでいくうちに、病院内でも認められる存在になっていくのです。

内藤俊夫先生

当科では、初期研修医に1カ月間、外来を担当してもらいます。救急外来の隣で、歩いて来院した患者さんの外来を、問診から検査のオーダーまですべて任せます。指導医は診察室には同席せずに、隣の部屋で聞き耳を立てていて、患者さんに対する言葉づかい、接し方など基本的なことを指導します。もちろん、見落としや間違いがないかどうか、指導医がすべてのカルテを見直してフォローします。じかに患者さんに接する機会をもつことは、研修医にとって貴重な勉強になります。この取り組みは研修医へのアンケートでも高い満足度が得られています。

当科の研修を受けたあと、往診医になった人、企業の産業医になった人、開業した人などさまざまな分野に先輩がいます。ですから、研修先もあらゆる道に可能性が開けています。開業するにしても、いきなりひとつの診療科から独立するよりも、総合診療科であらゆる病気を診る訓練をしてからのほうがいいと言って、1年だけ研修を受けにくるという人もいます。逆に、総合診療科で研修したけれど、やはり専門医を目指すという人もいます。どんな道に進むかは、その人次第。私たちは、どの道を選ぶ医師も喜んで応援します。