在宅医療を始めたいドクター必読 多職種連携図鑑

【第5回】 薬剤師

>>一覧はこちら

医師の治療効果を高める適切な服薬提案・支援を担う

連携成功のために知っておきたいポイント
(1) 薬剤師と連携することで得られる効果とは…
(2) よい薬剤師の見分け方とは…
(3) 医師が、薬剤師と他職種の間で果たせる役割とは…

医師が発行した処方せんに基づいて調剤し、服薬指導・支援などを行う薬剤師。その役割は、院外処方やジェネリック医薬品の増加によって重要度が増しています。加えて、在宅医療の推進に伴い、薬剤師の訪問服薬指導も注目されつつあります。

神奈川県川崎市にあるA薬局は数年前から訪問服薬指導を行っており、代表のB氏は患家を訪問した際にたびたび、処方された薬がビニール袋に入ったまま放置されているのを目にしたと語ります。その原因として「症状が改善したから飲むのをやめてもいいだろう」といった患者さんの自己判断や、薬の種類・量が多すぎて患者さんが自己管理しきれないことなどがあります。

患者さんが指導どおりに服薬していると判断している医師と、服薬していなくてもそれを医師には決して伝えない患者さんとの間にある大きな隔たり。その結果、症状が改善しないことを、医師は「薬が効かなかったため」と捉えがちです。そこで薬剤師は、薬の効果や副作用を患者さんにわかりやすく説明したうえで残薬を管理し、服薬しやすいように処方設計して、この隔たりの解消に努めています。具体的には、嚥下困難な場合にはゼリー状のものや貼り薬に代えたり、薬の数が多くて管理できない場合は服用回数が少ないものに代えるといった工夫を施します。特に多いのは薬の一包化です。
「一包化して、曜日ごとに朝・昼・晩・就寝前に分けて整理し、ポケット付きのカレンダーに収納すれば、飲み忘れたり間違えて飲むことが減ります」(B氏)
こうした工夫により治療の効果がきちんと出るだけではなく、患者さんの服薬の手間も削減され、QOLの向上にもつながります。さらに、残薬状況を処方した医師に報告し、処方をいったん止めて、患者さんには整理した薬を服用してもらえば、処方の無駄もなくせます。つまり、医療費の削減にも一役買うのです。

連携先となる薬剤師を探すにはどうしたらよいのでしょうか。まずは、自院の外来患者の薬歴管理をしている薬局に、訪問服薬指導を手がける意向があるかを確認してみましょう。普段から薬歴管理などをやり取りしている薬局なら気心も知れている分、在宅医療においても情報共有をしやすいはずです。 
各地域の薬剤師会のなかには、訪問服薬指導を行っている薬局の一覧表を作成しているところもあります。もし近隣の薬局が訪問服薬指導をおこなっていないのであれば、相談をしてみてもよいでしょう。

よい薬剤師の見分け方について、B氏はこう語ります。
「薬局で調剤をする際にきちんと服薬指導を行っている薬剤師を選ぶとよいでしょう。そうした薬剤師であれば、患者さんの家に行っても十分に話を聞き、適切な服薬指導ができるはずです。また、在宅患者さんを取り巻く状況や症状は一人ひとり異なっています。患者さんが抱える課題をしっかりと把握して個別に対応できる薬剤師と連携するとよいでしょう」

よりよい連携体制の構築に向けて医師は、薬剤師と他職種との橋渡しという大きな役割を果たせます。患者の病状や体質などによって、薬の効き方は異なります。薬剤師は訪問時に、その薬が本当に患者に合っているのかなどを確認します。ただ、薬剤師は毎日訪問できるわけではないので、他職種との連携が重要になるのです。
患家への訪問回数の多い訪問看護師、ケアマネジャーやホームヘルパーが、睡眠時間や食欲など患者さんに普段と違う様子を見つけた場合、薬剤師にそれを伝えれば、薬の影響かどうかを見極めることができます。

B氏は次のような例を挙げます。
「たとえば、患者さんに落ち着きがなく、ホームヘルパーさんが目薬をさしにくいといった問題がある場合、薬剤師が持っている補助具を使えば解決します。薬に関する疑問や問題については気軽に相談してもらいたいと思っています」
一部の薬剤師は訪問看護師やケアマネジャーなどに向けた勉強会などで講師を務めるなど、積極的に交流を図っています。さらに、薬剤師の役割を医師からも訪問看護師や介護職に説明し理解を促せば、薬剤師と他職種との良好な連携、より良い在宅医療の実現につながるでしょう。

今後は、独居高齢者や認知症患者の増加により、薬剤師の重要性はさらに高まってくるはず。まだ連携先がない在宅医は、信頼できる近隣の薬剤師を探すなど対策を講じておくべきでしょう。

薬剤師とは

主な業務は調剤や服薬指導、薬剤管理などで、2010年末時点の届出薬剤師数は27万6,517人に上ります。そのうち52.7%が薬局、次いで19.4%が病院・診療所の従事者。薬剤師のなかには、製薬企業での研究・開発や行政機関における許認可・監視指導などに携わっている人もいます。薬剤師になるには、毎年3月に行われる薬剤師国家試験に合格しなければなりません。2014年3月に行われた同試験の合格率は60.84%でした。

記事提供

株式会社日本医療企画

株式会社日本医療企画
〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町4-14 神田平成ビル
【トピックス】
・開業医や開業志向勤務医をサポートする最新クリニック総合情報誌
CLINIC BAMBOOばんぶう
・Amazon.co.jp書籍介護部門ランキング1位(2014/11/14調べ)
2015年度まるわかり!『介護保険制度改正のすべて』