在宅医療を始めたいドクター必読 多職種連携図鑑

【第2回】 訪問歯科医

>>一覧はこちら

口腔内のスペシャリストとの連携でQOL向上を実現

連携成功のために知っておきたいポイント
(1) よい連携先を見つけるには…
(2) 医師が在宅医療に意欲的な歯科医師に教えるべきこととは…
(3) 在宅医療に移行する前から取り組んでおくべきことは…

在宅患者さんは歯科診療所に通院ができないため、虫歯や歯周病などを治療できずに悪化させてしまったり、合わない義歯をそのまま放置してしまうケースもあります。この問題を解決するのが、訪問歯科医です。
しかし厚生労働省「患者調査の概況」によると2011年時点で、歯科診療所で在宅医療を手がけているのは全施設数のうち20.6%で、訪問診療(居宅)に限ると13.8%と、多くありません。
40年以上にわたって訪問歯科に取り組み、歯科医への指導も積極的におこなっている加藤歯科医院の加藤武彦院長は、こう説明します。
「高齢で歯茎がやせたり、顔面などにマヒが生じたりして通常の義歯が合わなくなってしまう在宅患者さんは多くいますが、大学のカリキュラムではこのような難症例総義歯のつくり方を教えなくなってきたため、うまくつくれない歯科医が増えています」

義歯の修整ニーズに歯科医側がこたえられず、二の足を踏んでいるのが実情。また、在宅患者のなかには認知症の人も増えていますが、外来医療を中心に手がけてきた歯科医だと、どう接すればよいのかがわからないといいます。実際、加藤院長も訪問歯科を始めた当初は接し方がわからず、グループホームに行き学んだそうです。
とはいえ訪問歯科医に期待される役割は大きく、加藤院長はこう語ります。
「口腔リハビリや義歯の修整などによってかめるようになると、唾液が出て口腔内の衛生状態がよくなりますし、老化防止にもつながります」
食べたいものが食べられるようになれば、患者さんのQOLは向上し、栄養状態もよくなります。より硬いものを食べたいとリハビリへの意欲も増すうえ、-介護食を用意する家族の負担の軽減も図れます。
「食べることは生きることにつながるので、在宅医の先生にはぜひその重要性を知ってもらいたい」と、加藤院長は強調します。

「生きがいを支える国民歯科会議」(座長:大島伸一・独立行政法人国立長寿医療研究センター総長)でも、10年11月に「生きがいを支える歯科医療に期待し、提言する」で「日本歯科医師会が、歯科治療の目的を"歯の治療"から"食べる幸せ"へと拡げ、その活躍の場を診察室のみならず地域社会へと展開」とうたっています。歯科医の役割としてこれまでの外来歯科医療に加え在宅歯科医療を推進する必要性を訴えています。

在宅医の中には、自分の患者さんを訪問歯科医にも診てもらいたいと考えている人もいるはず。もし周囲に在宅歯科診療を手がけている歯科診療所が見つからない場合は、地域の医師会や歯科医師会などの集まりに積極的に参加し、そこから連携先の情報を得るとよいでしょう。
歯科医の中には訪問歯科に対して意欲的ですが、認知症患者さんとの接し方がわからない人もいるので、在宅医が接し方を教えることで、在宅医療に取り組めるようになります。こうして連携先の歯科医に勉強してもらうのも一つの方法でしょう。

加藤院長はよい訪問歯科医の見分け方として、「患者さんを治療したり、義歯を修整したりした後、患者さんがきちんと食べているかどうかまでを確認していること」を挙げます。
義歯を直しても、実際に食べてみなければ、本当にそれが患者さんの口に合っているかはわかりません。また、口腔リハビリテーションをしてもすぐに咀嚼や嚥下ができるようになるわけではなく、継続したリハビリを家族や介護職に指導する場合もあります。そのため、処置後に患者さんにテストフードを食べてもらい、様子を確認する必要があります。食べたところ、「まだ義歯が合わなくて痛い」と訴える患者さんもおり、何回も調整をくり返すこともあるそうです。

「退院して在宅医療に移行する前に、在宅医と訪問歯科医の間で患者情報を共有し、どのタイミングで口腔リハビリテーションを開始するかなどを決めて計画を立てておけば、スムーズに訪問歯科がおこなえるはずです」と、加藤院長はよりよい連携のコツを教示します。
在宅医にとって、患者さんの口腔内は体のなかで唯一診ることができない場所であり、そこを専門とする訪問歯科医と連携できれば、在宅患者さんの全身状態の改善やQOLを高めることができるはずです。

訪問歯科医とは

通院困難な患者の自宅を訪問し、虫歯や歯周病などの治療、入れ歯の作製、口腔ケア、口腔機能のリハビリテーションなどをおこないます。厚生労働省「医療施設(動態・静態)調査」(2011年)によると、在宅医療サービスを提供している歯科診療所は1万3,830施設で、全施設数に占める割合は20.6%。居宅への訪問診療をしている歯科診療所はわずか9,286軒で、同13.8%でした。

記事提供

株式会社日本医療企画

株式会社日本医療企画
〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町4-14 神田平成ビル
【トピックス】
・開業医や開業志向勤務医をサポートする最新クリニック総合情報誌
CLINIC BAMBOOばんぶう
・Amazon.co.jp書籍介護部門ランキング1位(2014/11/14調べ)
2015年度まるわかり!『介護保険制度改正のすべて』