1. 七夕は「そうめんの日」?正しく食べて、おいしく涼しく、夏バテ予防に

おもしろ医療関連トピックス

七夕は「そうめんの日」?正しく食べて、おいしく涼しく、夏バテ予防に

>>一覧はこちら

7月7日は「そうめんの日」

7月7日は七夕。皆さんご存じの牛飼いの牽牛(けんぎゅう:彦星)と織姫が1年に1度、7月7日の夜だけ会うことを許されるという中国の伝説にちなんだ年中行事です。
そんな七夕の今日、実は「そうめんの日」だということをご存じでしょうか。

古代中国では7月7日に裁縫の上達を願って神にお供えをする「乞巧奠(きっこうでん)」という風習がありました。この乞巧奠が奈良時代に日本に入り、機織りの女性たちが人里離れた水辺の機屋にこもり穢れを水に流す「棚機津女(たなばたつめ)」という風習と結びつき、七夕の行事になったといわれます。

七夕の行事は当初、宮中のみでおこなわれ、病よけのために索餅(さくべい)をお供えしていました。これは、古代中国の「亡くなった王子の命日に索餅を供えて祀った」という伝説から来ています。索餅は小麦と米の粉を練って縄のようにねじった食べ物で、これが室町時代にそうめんに変化したと考えられています。七夕のお供え品は索餅からそうめんへと変わり、行事そのものも公家から武家へ、さらには町民へと広がっていったのです。

夏にそうめんを食べると夏バテ予防に!

暑くて食欲が衰えたときに格好の食べ物であるそうめん。
そうめんの主原料は小麦粉です。薬膳では小麦は、体の熱を冷ます性質「涼性」で、五味分類では消化器に作用する「甘」とされています。つまり、暑い夏にそうめんを食べることで「体の余分な熱が取れ、消化器系が刺激され、食欲不振の解消が期待できる」といわれています。さらに、そうめんに添えられるショウガやワサビ、アサツキなどの薬味も食欲を促してくれます。

そうしたことを知っていたのでしょうか。実は、昔の人も現代人同様、夏にそうめんを好んで食したようです。室町時代には、すでに冷やしそうめんが食べられていましたが、この頃はまだ宮中のおもてなし料理だったそうです。味噌仕立ての冷たい汁椀、“青味”とよばれる野菜の皿、“辛味”というからし類を入れた皿、おかずとして食べる酢の物などの小皿、紙にくるんだコショウ、それに冷やしそうめんの皿が並んだ膳が宴会の席で供されたといいます。

栄養が偏らないよう、調理に一工夫!

ただし、いくらそうめんが「夏の食べ物として最適」といっても、そうめんばかりを食べていては栄養が偏ってしまいます。小麦を主原料とするそうめんの栄養素のほとんどは炭水化物ですから、たんぱく質やビタミン類の不足が気になります。そこで、たとえば冷やし中華風にして錦糸卵や蒸した鶏肉、キュウリの千切り、白髪ネギ、大葉などをそうめんにのせれば、たんぱく質やビタミン類を一緒にとることができます。冷やし中華のようにタレにお酢を加えれば、疲労回復の効果が見込めます。

あるいは、豚肉や干ししいたけ、ニンジンなどを炒めて、そうめんと水気を切った豆腐を加えてそうめんチャンプルーにしても栄養バランスがぐっとよくなります。ビタミンB1を含む豚肉にも疲労回復効果がありますから、暑さで疲れがたまりやすい夏にこそ食べたい食材です。

患者さんの食生活へのアドバイスにも

この時期、夏バテや食欲不振を訴える患者さんもいらっしゃることでしょう。適切な治療と投薬はもちろんのこと、食生活のアドバイスをしてみませんか。食欲がないときにこそ、そうめんを扱った料理が効果的。つるりとした喉ごしと涼しげな見た目で食が進み、夏バテが軽減できるかもしれません。

今、若い女性たちの間で、そうめんだけを食べる「そうめんダイエット」が流行っているとか。しかし、それでは栄養が不足して、貧血や肌荒れなどさまざまなトラブルが起こりやすくなり、美しく痩せることはできません。
病気から回復させることと同時に、正しい食生活のアドバイスを通じて、すべての患者さんが健康になるよう促すこともまた、医師の喜びではないでしょうか。

おもしろ医療関連トピックス 記事一覧