1. 医師に役立つビジネススキル ~活用しよう!QC手法~

おもしろ医療関連トピックス

医師に役立つビジネススキル ~活用しよう!QC手法~

>>一覧はこちら

PDCAサイクルとは

PDCAサイクルといえば、PLAN(計画)DO(実行)CHECK(点検・評価)ACTION(改善)の略語で、業務を効率的に運営し、さらに継続的に循環させていくことを目的とした、いわばビジネス社会の基本的な形です。これはISOにも応用されています。
ACTIONを「実行」や「行動」と誤解している人がまれにいますが、このACTIONは次のPLANへとつなげるための「改善」を意味します。

つまりDOによる「効果」や「問題点」、また「課題」をCHECKによって浮き彫りにすることで、業務効率を良化させている要素に磨きをかけ、逆に悪化させている要素を減衰して、効率化を「循環」させていくのです。

医療現場でも活用されているQC手法

このPDCAサイクルによく似たもので、ひと昔前に大流行したQCサークル(小集団)活動というものがあります。これは製造業から生まれた、生産性の向上を狙いとした業務改善手法のことを言います。
ちなみにQCとはQUALITY・CONTROLの略で、品質管理を意味します。つまり本来は「品質の向上」を目的としたものなのです。実は、QCを徹底することによりPDCAサイクルが整うということがわかったため、その結果として生産性の向上につながるということもわかり、企業が生み出す粗付加価値、利益の増大を図ろうという運動へつながることになりました。

このQCは医療現場でも使われています。例えば、紙カルテの収納方法を50音順から患者番号の下2桁で区分するターミナルデジット方式というものに変更することで、再診時におけるカルテ出しの時間が大幅に短縮され、「待ち時間の短縮」・「診療に当てられる時間の増加」「診療の質的向上」「受診者数の増加」などの効果をもたらしました。このように、QC手法は医療や福祉の現場にも導入され、一時期大変もてはやされたものなのです。

PDCAサイクルとQC手法の工程

PDCAが大きく4つの工程であるのに対し、QCの場合「テーマ選定」「現状把握」「目標設定」「要因分析」「実行」「効果確認」「歯止め標準化」と、活動の工程は細分化されます。
活動の端緒は「これはどうにかならないのか!」という不満から生まれるものです。
例えば電子カルテなどがあります。

『文字入力はキーボード、リストからの選択入力はマウスによるクリック。いちいち持ち替える時間がもったいない!』という、これが「テーマ選定」と「現状把握」、更に時間短縮を「目標設定」とし、どうすれば時間短縮を実現できるのかということが「要因分析」にあたります。次に、患者さん一人当たりの入力時間やマウスとの持ち替えに要する時間を測定し、すべてをキーボード入力に変えてみるという「実行計画」へと遷移していきます。ここで大切なことは「効果の確認」です。取組みがすべて功を奏するとは限りません。思うような成果が得られない場合、更にそこから「要因を分析」をしたりと新しい対策・施策を思慮したりすることになります。
このようにして試行錯誤しながら業務効率を向上させていくのです。

PDCAサイクルを掘り下げたいと思ったらQC手法

PDCAサイクルとQC活動、両方に共通して言えるのは「手順の改善」が狙いの本質だということです。つまり「増員する」「仕事を減らす」という提案は、はじめから考慮に入れることではありません。あくまでも仕事の方法論を見直すということなのです。

例えば手術室を思い浮かべてみてください。使用する器具や医療材料などは手術の進行手順に合わせ、「いつも同じ位置」に「いつも同じ並び」で配置するものですし、執刀医の利き腕が右か左かによって配置を変えたりするものです。ただ、もしもこれが新しいルールによって配置することで、よりスムーズに、より手術がしやすくなると考えられるのであれば、改善を行うべきでしょう。また改善を行わず、慣習通りで配置した場合にミスが起こってしまうことを防ぐ、という視点もQCには不可欠なのです。特にQC活動においては、心理的要因なども検討材料に加えることがあります。従って「人の組み合わせ」なども、円滑な業務運営に大切な要素と考えられます。

業務効率やスタッフ間のコミュニケーションに問題を感じている方や、PDCAサイクルをもっと掘り下げてみたいと思っていた方は、QC手法の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

おもしろ医療関連トピックス 記事一覧