1. 医師求人のDtoDコンシェルジュ
  2. おもしろ医療関連トピックス
  3. 当直医におススメ!仮眠をサポートするお役立ちアイテム 厳選5

おもしろ医療関連トピックス

当直医におススメ!仮眠をサポートするお役立ちアイテム 厳選5

>>一覧はこちら

日本の医療法制では、入院設備を持つ病院では医師が必ず宿直しなければならないという規定があります。そのため各医療機関では入院患者並びに、外来・救急患者の診察などの業務を行う当直医と呼ばれるドクターを配置しており、彼らによって日本の夜間の医療現場は支えられています。
夜間の勤務とは言っても、当直医にも夜間に十分な睡眠時間が確保されなければならないことが厚生労働省によって通達されていますが、医療施設の環境や勤務条件によって、ドクターの仮眠スタイルもさまざまなのが現状です。

そのため「椅子やデスクで眠らなければならない」「仮眠ベッドが使える」「照明が消せない」「騒音が気になる」「短時間しか仮眠できない」「寝顔を見られたくない」「目立たないように眠りたい」「確実に起きたい」「すっきりと目覚めたい」…。
などなど仮眠にまつわる悩みもドクターそれぞれに抱えていらっしゃるのではないでしょうか。そこで、そんなドクターの「仮眠の悩みやニーズ」に応えられるお役立ちアイテムを探してみました。

オーストリッチピロー

椅子やデスクでしか眠れないドクターに
寝顔を見られず、安心して仮眠できる“安眠枕”オーストリッチピロー
仮眠によって健康効果や生産性を高めるために、創造的な方法を提供したいと欧州の2人のデザイナーが考え出したのが“頭を隠して仮眠するための枕”。オストリッチという名前は、外敵から身を守るために、頭だけ突っ込んで全身を隠したと思い込むダチョウの習性にちなんで名付けられました。

デスクで眠るための究極のカタチで、頭からすっぽりかぶってしまえば、鼻と口だけが露出した状態になり、うつむいて頭を下げると暗さと静けさが簡単に得られ、寝顔を見られることもありません。うつぶせになった時に持てあましてしまう腕を収納するスペースもあり、椅子に座ったまま、簡単に仮眠をとりたいドクターに向いています。

【公式サイト】 http://www.studiobananathings.com/

オーストリッチピロー

オーストリッチピロー

アーチピローファン

短い時間でも、睡眠の質を高めたいドクターに
肩への負担を和らげ、しっかり眠れる“抱かれ枕”アーチピローファン
横になって仮眠はとれるが「なかなか寝付けない」「仮眠後に首や肩がこる」というドクターも多いのでは?そこでおススメしたいのが、頭と首だけでなく、体を両側から包み込む形状で、睡眠中の首や肩、腕への負担を和らげる、“抱かれ枕”です。寝ているときに不安定になりやすい肩から腕を、左右のアームがしっかりと受け止めることで、安心感が得られ、十分な休息が得られます。短い時間でもリラックスして入眠したい、肩や首がこりやすいというドクターに向いています。

■仰向け寝の際、頭だけや首だけで支えるのではなく、両肩まで包み込むように首や肩を支えるので、頭や首、肩や腕に負担をかけません。
■左右のアーム部分に肘を乗せると、ゆったりした気分になり、リラックスできます。
■横向き寝の際、頭の重さが下に通した腕に直接伝わらないように、アームの部分にくびれがあり、腕がしびれることがありません。

【公式サイト】 http://www.plaisir-ltd.co.jp/

アーチピローファン

アーチピローファン

スリープマスク

あまり目立たずに少しだけ眠りたい、休息したいドクターに
顔や耳にも負担をかけない、立体的なスリープマスク
「眠ることはできなくても少しだけ休息したい」「仮眠するときに部屋を暗くすることができない」。そんな条件のドクターにおススメなのが、手軽なスリープマスクです。明るい中でも暗さを得て、周囲を気にせず休息したり、集中して仮眠したりすることができます。

スリープマスクにもいろいろなタイプがありますが、目や鼻の形に合わせた立体的なデザインのスリープマスクならば、軽量でクッション性があるため、圧迫感を感じずに使えます。またストラップは耳に負担がかからないバックストラップになっています。

【公式サイト】 http://jp.tempur.com/

スリープマスク

Alpine Hearing Protection MusicSafe Pro

呼び鈴やアラームの音を聞き逃せないドクターに
騒音を防ぎながら、必要な音は聞こえる“安眠耳栓”
Alpine Hearing Protection MusicSafe Pro
さまざまな音の環境に適応できる柔軟性を持つ耳栓です。ドアをバタンと閉める音や、低くて圧迫感のある車のエンジン音、冷暖房機や冷蔵庫のブーン音などを気にならない程度までボリュームダウンしてくれる効果があります。

音の加減は特殊フィルターを交換するだけで、「高い遮音」「中程度の遮音」「低めの遮音」の3種類の調節が可能です。たとえば、「低めの遮音」性能にすると、ざわざわとした騒音を抑えつつ目覚まし時計などのアラーム音はしっかり聞き取れます。素材の柔らかさ、アタリの軽さ、傘の2枚構造で力を分散するので長時間装着しても耳が疲れにくく、しかも厚みが薄い傘構造によって耳穴が汗でじっとりしにくいというメリットもあります。

【公式サイト】 http://www.alpinehearingprotection.com/

Alpine Hearing Protection MusicSafe Pro

Alpine Hearing Protection MusicSafe Pro

Sleep Cycle alarm clock

絶対に寝過ごせない、すっきり目覚めたいドクターに
睡眠サイクルに合わせて起こしてくれる“仮眠用アラームアプリ”
Sleep Cycle alarm clock
レム睡眠(浅い眠り)、ノンレム睡眠(深い眠り)を解析して、眠りが浅いタイミングで起こしてくれるアプリです。仕組みは、充電した状態で枕元に設置すると、寝返りによる動きを加速度センサーが感知してレム睡眠とノンレム睡眠を判断するというもの。まさに、すっきり目を覚ましたいというドクターにぴったりのアプリです。しかも、眠りが浅いところで確実に起こしてくれるので、「15分のつもりが1時間寝てしまった」というような失敗も防げます。使うほどにデータが蓄積されていき、快眠度や曜日別睡眠時間なども確認できます。

【使い方】
■アラーム時間を設定する
起きる時間を設定します。例えば6時半に設定すると、6時?6時半の幅を持って、その間に一番寝覚めのよいタイミングで起こしてくれます。この幅は設定で変更可能です。
■スワイプで停止
アラームを途中で停止したい場合は、スワイプで停止できます。
■アラームが鳴って起床
6時?6時半のタイミングにアラームが鳴ります。スヌーズ機能を設定しておくと、スワイプして停止するまで一定間隔で繰り返しアラームが鳴ります。浅い眠りの時に起こされるので寝覚めがよくなります。

【公式サイト】 http://www.sleepcycle.com/

Sleep Cycle alarm clock

■ 当直(当直・日当直)求人特集はこちら

おもしろ医療関連トピックス 記事一覧