1. 医院開業(新規・継承)
  2. 開業への道
  3. 【第3回】開業のデメリット

開業への道

【第3回】開業のデメリット

>>一覧はこちら

開業のデメリット

メリットがあるということは、デメリットも存在します。デメリットとしては、まず「コストがかかる」ということです。新規開業の場合、すべて一から始めるため、土地購入や建物建設、機器の導入など、莫大な資金が必要となってきます。また「集患対策」についても、頭を悩ますことになります。医院は口コミや評判によって、集患が大きく左右されます。新規開業とは、良くも悪くも何もない状態ですので、「どのような医師か」という点も厳しくチェックされます。
そして開業するまでに、「時間がかかる」ということもあります。すべてが順調に進んでいたとしても既存の医院を継いで開業する「継承開業」よりも、時間がかかってしまうことは避けられないのかもしれません。 ほかにも経営に直結した課題が多くあります。それらをトータルでサポートしてくれるコンサルティング会社を活用してデメリットを解消していくことが、必要不可欠となっていくと思います。

会員登録(登録無料)
DtoDの開業支援
医院開業事例
医院開業コンサルタント紹介
開業支援協力企業
オススメ開業コンテンツ
DtoDの医療モール
失敗しない医院開業手順
科目別/医院開業動向情報
エリア別/医院開業動向情報
オススメ継承開業コンテンツ
失敗しない医院開業手順
医業継承とは?
初の第三者継承 医療をつなぐ物語