1. 医院開業(新規・継承)
  2. 開業への道
  3. 【第1回】開業医・開業について

開業への道

【第1回】開業医・開業について

>>一覧はこちら

開業という選択

医師の働き方を選ぶ際の一つの選択肢として、開業があります。開業するとそれまでのように勤務先での規則やルール、運営の方針に縛られることなく、自分の裁量で行える医療行為の幅が広がります。
また、自分の医院を持つことが長年の夢という方もいるように、開業は医師にとって大きな達成感も感じることができるのです。もちろん医師免許をとっていきなり開業するわけにはいきませんが、将来開業を目標にしているのであれば、まずはそれを実現するために最も適した環境を選択していく必要があるでしょう。

開業医のおもしろさ

開業医の醍醐味は、診療以外に経営を行えるということです。同じ経営者としては、総合病院の院長職を目指す、というのもあるかもしれませんが、開業医には比較的若いうちに挑戦できます。だんだんと規模を大きくしていく楽しみもありますし、上手に経営できれば勤務医時代をはるかにしのぐほどの報酬を得ることもできます。
経営がうまくいかずに破綻する医師もいますが、病院勤務では得られないような経験をできるのが、開業医のやりがいといえます。「町のお医者さん」と言われるように、在宅診療なども行いながら地域密着の医療を提供したり、バリバリと経営手腕を発揮して、カリスマ経営者を目指すのもいいでしょう。

開業の傾向

開業の傾向としては、「有床診療所の減少」「無床診療所の増加」がいえます。有床診療所の入院基本料は、在宅患者訪問診療料や介護施設と比べても低く設定されており、既存の診療所でも病床を廃止するところが多くなっています。他にも、地方では特に夜勤のできる看護職員の採用が困難である、過重労働のため後継者が不在である、といった理由もあるようです。また、地域によって科目毎に病床数の上限が設けられているため、有床診療所を新規に開設できない場合もあります。
高齢者に対する医療の需要が急激に高まっていることから、病床をもたず、住診や訪問診療を中心に行う無床診療所が今後も増え続けると予想されます。

開業をサポートしてくれる企業について

具体的に開業を考えるにあたって、開業をサポートしてくれる企業についても考えていきましょう。まずどのようなサポート企業を探せばいいのかですが、医院を開業するのであれば、「医業コンサルティング会社」「医薬品卸会社」「ハウスメーカー」「会計事務所」「社労士事務所」「税理士事務所」「医療機器リース会社」「医療機器メーカー」「設計・施工業者」などさまざまな企業が関わってきます。それぞれの注目すべき点を紹介しますので、開業に役立ててください。

医業コンサルティング会社について

医業コンサルティング会社は、医療機関の経営支援を基盤として、開業支援自体をビジネススキームとしています。そのため、開業に向けて必要な土地、建物、医療機器、医薬品、融資、税理士、保険など、全体をコーディネートできる立場にあります。特定の企業にしばられることなく、客観的なアドバイスをしてくれる点も魅力です。医療機関の経営コンサルティングを本業としていますので、開業後も親身になってサポートしてくれます。医業コンサルティング会社を選定する際は、開業実績(件数、年数)に注目するとよいでしょう。

医薬品卸会社について

医薬品卸会社には、医薬品・医療機器販売組織のほかに、開業支援のサポート部隊があります。比較的少額な費用でバイアスのない情報提供と、地域情報に精通している強みを持っています。サポート内容としては、物件情報の提供、事業計画書作成、採用医薬品や導入医療機器のアドバイスのほかにも、届出書類の作成など幅広く行ってくれます。

ハウスメーカーについて

ハウスメーカーは、自宅と診療所の併設型のほかに、建て貸しクリニックの集合体である医療ビレッジ形式が中心となっています。医療ビレッジとは、戸建での開業を望む場合も、初期投資を抑えられる形態を指します。魅力としては全国に営業・情報ネットワークを持っていることです。そのため、開業事例や紹介可能物件が多いと言われています。

会計事務所について

会計事務所は、開業後の収支を推測して作成する事業計画書や、開業資金の算出と融資に関する的確なアドバイスを行ってくれます。また、職員の雇用条件や労務管理上の悩みなども、専門家としてアドバイスしてくれます。開業後も経営パートナーとして付き合っていくため、選定する際は医療機関に特化した経験豊富な事務所かどうかというところにも着目しましょう。

医療機器リース会社

医療機器リース会社は、開業に伴う医療機器の導入の際に、初期コストを安くできる強みを思っています。機器リースの提案が支援の中心となります。また会社によっては、開業資金の融資制度を備えている会社や事業計画書の作成、広告制作など、一連のフォローも行ってくれます。

医療機器メーカーについて

医療機器メーカーは、ネットワークを生かした物件情報の提供や事業計画書の制作、各種届出などを行ってくれます。しかしながら数は極めて少なく、自社製品の導入を前提としているところが多いので、サポート内容や条件などをしっかりと把握しておきましょう。機器環境や院内の動線を最適にするうえで、医療機器メーカーのアドバイスはとても重要になってきます。設計の際は、メーカー各社を加えて検討することをおすすめします。

設計・施工会社について

多くの医院開業実績がある設計・施工会社は、医療施設を作るうえで必要となる専門知識とノウハウを生かし、医師や患者さんの満足を得られるクリニックを作り上げてくれます。選定のポイントとしては、医療機器や院内の動線に精通している、経験豊富な会社に着目しましょう。費用は使用する材料によって異なりますが、開業資金に大きく影響する追加費用が発生しないよう、念入りな打ち合わせが必要となります。

サポート企業を把握する

以上のように、開業をサポートしてくれる企業は数多くあります。企業によって、どのような特長があるのかしっかり把握しておきましょう。企業を比較する際は、いろいろなサイトを見るとともに、開業セミナーに参加したり、実際に会って話を聞いたり質問してみるのも効果的です。また、第三者医業継承・新規開業問わず、適切な企業をしぼることも必要となってきます。

会員登録(登録無料)
DtoDの開業支援
医院開業事例
医院開業コンサルタント紹介
開業支援協力企業
オススメ開業コンテンツ
DtoDの医療モール
失敗しない医院開業手順
科目別/医院開業動向情報
エリア別/医院開業動向情報
オススメ継承開業コンテンツ
失敗しない医院開業手順
医業継承とは?
初の第三者継承 医療をつなぐ物語