科目別/医院開業動向情報

整形外科の医院開業・医師開業・クリニック開業動向情報

患者さんの通いやすさ重視で、交通の便が良さも大切。

整形外科

整形外科は比較的診療所数も医師数も多いので、競合相手が近くにいる場合も多いでしょう。そのため、開業の際にはエリアマーケティングやターゲティングが必要となります。
また、開業するにあたって重要なポイントとも言えるのが、設備についてです。整形外科を開業する際に大切なのは、最初から低周波治療器や牽引機、干渉波治療器などといったリハビリ用医療機器をいろいろと購入しすぎないということです。設備が充実している方が患者さんを多く取り込むことができ、高い収益にもつなげることができると考えて、最初から多くの医療機器をそろえてしまいたくなりますが、それではリスクが高すぎます。
リハビリテーションは、腕のいい理学療法士がいて施術台があれば、それだけでも高い収益に結びつく可能性が高いといえます。患者さんがまだそれほど多くない時期からさまざまな機器をそろえても、稼働率が低くては効率が悪いだけです。初めのうちは必要最小限のものだけにとどめておき、だんだんと患者さんが増えて必要になってきたら、徐々に買い足すようにした方が効率的でおすすめだといえます。そんな整形外科の開業に必要な資金は、設備費だけで約1,900万円~2,500万円程度が目安です。

競合相手との差別化をはかるためには、エリアマーケティングも大切なポイントですが、開業する立地としておすすめなのは、駅から近い場所か、診療圏が広くなる郊外です。駅から近ければ、足を骨折した人でも来院しやすいでしょうし、幹線道路沿いの車でアクセスしやすい郊外などでの開業ならば、広く駐車場の面積を取れるため、より広範囲からの患者さんを呼び込むことにもつながります。いずれの場合でも、患者さんの負担にならないよう1階の物件を選ぶことも大切です。

一覧ページへ戻る

会員登録(登録無料)
セミナー・相談会
DtoDの開業支援サービス
医院開業事例
医院開業コンサルタント紹介
オススメ開業コンテンツ
DtoDの医療モール
医院開業ガイドライン
科目別/医院開業動向情報
エリア別/医院開業動向情報
オススメ継承開業コンテンツ
医師のための継承開業ガイドライン
医業継承とは?
初の第三者継承 医療をつなぐ物語