1. ファイトフォービジョン ― 白内障患者を失明から救う!アジアの途上国で眼科国際医療協力に尽力 ― ~前編~

社会貢献ジャーナル

ファイトフォービジョン ― 白内障患者を失明から救う!
アジアの途上国で眼科国際医療協力に尽力 ― ~前編~

>>後編はこちら

学生時代に垣間見た、途上国における医療の現状

特定非営利活動法人ファイトフォービジョンの藤島浩理事長。鶴見大学歯学部眼科教室教授も務める特定非営利活動法人ファイトフォービジョンの藤島浩理事長。鶴見大学歯学部眼科教室教授も務める

特定非営利活動法人ファイトフォービジョンは、医療が行き届いていないアジアの途上国において、白内障手術を中心とした眼科国際医療活動をおこなう目的で2007年に設立されたNPOだ。

ファイトフォービジョンを立ち上げ、理事長を務める藤島浩さんは、医学部生時代に、旅行が好きでアジア各地を旅していたという。「医者の卵だったこともあり、旅先で医療機関をのぞいてみたりしていたんです。日本の医療と比べて遅れているのが明確で、“たいへんだな”と実感しました」と当時を振り返る。

そうした旅の途中、インドネシアのジャカルタの病院で一人の日本人医師に出会う。「外科の先生で、見学をお願いしたら快く受け入れてくれ、病院を案内してくれました。その先生はJICAの医療援助でインドネシアに来ていたのです。『君も将来医者になったら、海外で医療援助をしてみたらどうだ』とアドバイスされたのを覚えています」と藤島理事長。

ただ、藤島理事長はここから一直線に国際医療援助活動に入っていったわけではない。
「実際に医者になったら、途上国のこともすっかり忘れて時がすぎていきました。研究的にはやはり先進国志向だったし、留学先もアメリカでした」

人の縁でつながったスリランカでの眼科国際医療協力

医師としてのキャリアを積んでいた2006年ごろ、同じ勤務先で後輩だった眼科医が、スリランカで紅茶製造を営む企業家の御曹司から、「スリランカの医療はひどく遅れている。眼科医だったら何か手伝ってくれないか」と相談を受けたという。その後輩は、英国の小中学校で学んだ帰国子女で、その英国の学校には、アジア各国の富裕層の子弟が多く留学しており、そのスリランカ人もそうした中の一人だった。

「スリランカは臓器提供が盛んな国で、ちょうどわれわれも角膜移植を専門に研究していた時期でした。スリランカからも角膜提供も受けていたことから、医療協力とアイバンクの普及が一緒にできれば、われわれにとっても現地の人にとっても、双方にメリットがあることだと思い、NPO設立に動いたのです」

そのような経緯から、藤島理事長や後輩をはじめ、眼科医らを中心に賛同者が集まり、ファイトフォービジョンが設立されたのだ。

実際にスリランカを訪れたところ、後輩の友人は「会社の負担で診療所を建てたい」という意欲を持っていた。友人の企業が所有する紅茶畑は、首都コロンボから南東へ50㎞ほど離れたラトナプラ県ペルマデュラという地区にあり、道路事情が悪いため車で5時間程度かかるところだった。標高の高い山の中の傾斜地に紅茶畑が広がっており、栽培に従事する人びとが住む麓の村には、白内障で失明状態となっている人が多数いた。

そこで、ファイトフォービジョンでは、現地に眼科の診療所を建て、白内障の人びとを救おうと建設準備に取りかかる。一方、アイバンク普及の面では、首都コロンボのスリランカ臓器移植センターがあったものの、医療機器が不足していることが明らかだった。日本眼科医療機器協会の協力により、日本では利用されなくなった中古医療機器を寄付してもらい、現地に輸送して届ける援助も併せて進めていった。

藤島理事長らは診療所建設予定地に3年間に5~6回は足を運んだという。日本から技術者に同行してもらい、水回りや滅菌設備はどうするかなど、現地の事情に即した具体的な設計図を作成した。また、実際に白内障を患っている現地の人びとに集まってもらい、症状や進行具合などを調べるなど、着々と準備が進んでいったのだ。

診療所建設の結末と活動の理念

着工寸前までいった眼科診療所の設計図着工寸前までいった眼科診療所の設計図

いよいよ診療所建設に着工、設置する医療機器選定を始めようという段階までたどり着いたとき、スリランカ政府から、診療所建設については「VISION 2020」という視力回復、失明予防を目的としたスリランカの国家プロジェクトに集約して、自国で進めるという通達を受ける。

「紅茶会社が利益の数パーセントを出資しての事業だったのですが、国家プロジェクトに吸収されることになったのです。われわれは退かざるを得なくなり、計画した診療所建設は頓挫してしまいました。今は国の主導による診療所建設が進んでいることを期待しています」と藤島理事長は悔しがる。

スリランカ日本人会や日本領事館の協力もあり、順調に進んでいた診療所建設計画だったが、ファイトフォービジョンのスリランカでの活動は2010年をもって不本意ながら終了してしまう。

「日本では白内障が原因で失明するということはなくなったのに、途上国では貧困や医療不足のために白内障で失明している人びとが山ほどいるのが現状です。進行性のがんとは違って、的確な処置や手術をおこなえば、白内障に罹患しても目が見えるようになるんです。それがわかっているのに、何もせずに手をこまねいているのは医師として心が痛みます」

ファイトフォービジョンでは、活動の理念や目的として3つの項目を掲げている。「まずは、われわれが途上国に出向いて医療を届けること。次に、眼科の場合は治療・手術は素手ではできないので、日本から中古の医療機器を提供して、サポートすること。最後は、途上国の医療従事者を日本に招き、最新の医療技術を修得してもらい、現地の医療水準を将来にわたって引き上げること」と藤島理事長は力強く訴える。

後編では、活動の拠点をベトナム、カンボジアに移したファイトフォービジョンの活動をご紹介する。

社会貢献ジャーナル 記事一覧

JA長野厚生連 佐久総合病院長野から世界へ! 先駆的な地域医療をモデルに国際保健医療に貢献
記事ページ
特定非営利活動法人Malaria No More Japan現地支援、政策提言、啓発活動を通じて世界からマラリアの撲滅をめざす
記事ページ
アジアパシフィックアライアンスNGO、企業、政府が組織の壁を越えて連携し、迅速かつ効率的な支援をめざす
記事ページ
特定非営利活動法人・歯科医学教育国際支援機構途上国におけるサステナブルな医療貢献をめざして、歯学教育を支援
記事ページ
聖路加国際大学大学院生がタンザニアで母子保健を支援! JICAとの連携によるボランティア事業
記事ページ
足利赤十字病院IFHE国際医療福祉建築賞で最優秀賞受賞
記事ページ
特定非営利活動法人 ファイトフォービジョン白内障患者を失明から救う! アジアの途上国で眼科国際医療協力に尽力
記事ページ
特定非営利活動法人TMAT母体の医療グループと連携して、海外、国内の災害時に緊急医療支援を実施
記事ページ
特定非営利活動法人「HANDS」黒子に徹して保健の仕組みづくりを進め、いのちの格差をなくす活動
記事ページ
「施しではない現地に根付く医療の提供」 日本医療開発機構(JMDO)カンボジアで医療教育を行い現地の自立を促す支援
記事ページ
ワールド・ビジョン・ジャパン 「この子を救う。未来を救う。」チャイルド・スポンサーシップを核とした支援活動
記事ページ
子どもを取り巻く環境改善のための支援活動 グッドネーバーズ・ジャパン8カ国における子どもの教育支援、災害時の緊急支援などを行う認定NPO法人
記事ページ
ネパールで展開する口唇口蓋裂医療チーム派遣事業ADRA Japan人間としての尊厳の回復と維持を目指して活動する国際NGO
記事ページ
AAR Japan [難民を助ける会]政治・宗教・思想に偏らない、日本生まれの国際NGO
記事ページ
フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPANの願い「子どもたちの笑顔を守りたい」を実現するための長期的な支援
記事ページ
原発事故被災者へ医療支援活動を行うチェルノブイリ医療支援ネットワークチェルノブイリ原発事故で被災した人々に対して支援を行うNPO法人
記事ページ
エイズ孤児を支え、問題に立ち向かう人々を支援する「PLAS」「与える支援」ではなく「つくる支援」を実践するPLASの活動。
記事ページ
いのちをまもる活動を続ける「JOCS 」日本で最も古いNGOの一つである日本キリスト教海外医療協力会の活動
記事ページ
NCGM国際医療協力局の国際協力・支援活動守れる命を守るために“笑顔が続く未来のために、健康に生きられる明日を”
記事ページ
国際保健民間団体シェアの国際協力活動すべての人に健康を! いのちを守る人を育てるシェアの国際協力活動
記事ページ
「JICA」の国際緊急援助ネパール地震における医療チームの活動
記事ページ
「日本赤十字社」の国際活動「日本赤十字社」が進める世界中の災害、戦争・紛争から人々を守る国際活動
記事ページ
「国境なき医師団」が途上国で展開する医療・人道援助活動約70の国・地域で活躍している医師や看護師の活動
記事ページ
アジアの母と子を健康面で支える国際保健医療支援活動「ピープルズ・ホープ・ジャパン」の国際保健医療支援活動
記事ページ
「世界の医療団」が進める被災地支援「福島そうそうプロジェクト」国際NGO「世界の医療団」の被災地支援プロジェクトに迫る
記事ページ
「ジャパンハート」がアジアの無医村地帯で進める医療ボランティア活動国際医療ボランティア団体「ジャパンハート」の活動
記事ページ